カローラクロス XV UXら日本勢に厳しい戦い!? 5名のプロが選ぶ全長4401〜4500mmのSUV&選んだワケ


 輸入車がメインの全長4401〜4500mmのコンパクトSUV。日本車だとカローラクロス、レクサスUX、XVの3台がある。この3台は強敵揃いの輸入車勢に対してどんな評価となるのか?

 自動車評論家5人がそれぞれ選んだトップ5とその理由についてご紹介!!

●日本で買える全長4401mm~4500mmのSUV(国産車&輸入車)
・トヨタ カローラクロス:4490×1825×1620mm
・レクサス UX/UX300e:4495×1840×1540mm
・スバル XV:4485×1800×1550mm
・ジープ コンパス:4420×1810×1640mm
・アウディ Q3:4490×1840×1610mm
・BMW X1:4455×1820×1610mm
・ベンツ EQA:4465×1835×1625mm
・ベンツ GLA:4430×1805×1505mm
・ジャガー Eペイス:4410×1900×1650mm
・プジョー 3008:4450×1840×1630mm
・シトロエン C5エアクロスSUV:4500×1850×1710mm
・DS4:4415×1830×1495mm
・ボルボ XC40:4425×1875×1660mm
・ボルボ C40:4440×1875×1595mm


※本稿は2022年5月のものです
文/片岡英明、国沢光宏、松田秀士、鈴木直也、渡辺陽一郎、ベストカー編集部
写真/ベストカー編集部 ほか
初出:『ベストカー』2022年6月26日号

【画像ギャラリー】自動車評論家オススメを一気見!! TOP3に選ばれ全長4401〜4500mmSUVをギャラリーでチェック(27枚)画像ギャラリー

■自動車評論家5人はどれをTOP5にあげた?

 全長4401〜4500mmのコンパクトSUVのランキングを採点した5人の自動車評論家、それぞれが挙げたトップ5は? その順位付けの評価ポイントとともに紹介していこう。

■片岡英明が選ぶTOP5

片岡英明氏が1位に選んだのはボルボ XC40!! 未来感覚の個性派を高く評価した

 スバルXVは走りの安心感が絶大で、アイサイトも折り紙付きの実力。カローラクロスもコスパの高さが光る。海外勢は未来感覚の個性派を高く評価した。

●片岡英明が選んだ全長4401〜4500mmのSUV TOP5
1位:ボルボ XC40
2位:スバル XV
3位:ベンツ EQA
4位:DS4
5位:トヨタ カローラクロス

■国沢光宏が選ぶTOP5

 このカテゴリーで重要なのはコストパフォーマンスだと考えます。カローラクロスのハイブリッドなど買ったら相当の満足度を得られることだろう。

●国沢光宏が選んだ全長4401〜4500mmのSUV TOP5
1位:トヨタ カローラクロス
2位:スバル XV
3位:ボルボ XC40
4位:ジープ コンパス
5位:BMW X1

■松田秀士が選ぶTOP5

松田秀士氏が1位に選んだのはプジョー 3008!! ハンドリングもスペースユーティリティも優れる

 まずはコストパフォーマンスを重視。プジョー3008はハンドリングもスペースユーティリティも優れる。逆にボルボC40は高価だがすべてにおいて刺激的。

●松田秀士が選んだ全長4401〜4500mmのSUV TOP5
1位:プジョー 3008
2位:スバル XV
3位:アウディ Q3
4位:ボルボ C40
5位:ベンツ GLA

■鈴木直也が選ぶTOP5

 ノミネート車リストを見ると、「エモいクルマ」が多い。そこで、4400mm以下のクラスとは視点を変え、趣味性と個人的な好みにも配慮して決めました。

●鈴木直也が選んだ全長4401〜4500mmのSUV TOP5
1位:BMW X1
2位:トヨタ カローラクロス
3位:ボルボ XC40
4位:スバル XV
5位:シトロエン C5エアクロスSUV

次ページは : ■渡辺陽一郎が選ぶTOP5

最新号

ベストカー最新号

ジムニーシエラ5ドアの詳報来たる!! 注目モデルも試乗ラッシュ! ベストカー8月26日号

発売中の「ベストカー」8月26日号は注目の新車特集号! 公開されたばかりの新型クラウンクロスオーバー、雑誌ならではの切り口で魅力を探ります。さらに、新型フェアレディZと新型エクストレイルの試乗記。新型シビックタイプR、新型ムーヴキャンバスの紹介もあります!

カタログ