発表2か月で受注2万2000台超!! なぜ絶好調? 日産サクラが格安の「軽EV」を実現できたワケ

発表2か月で受注2万2000台超!! なぜ絶好調? 日産サクラが格安の「軽EV」を実現できたワケ

 日産初の軽EVとして2022年5月20日に発表・6月16日に発売された「サクラ」の受注台数は、日産自動車広報部によると同年7月19日時点で2万2000台を超えたという。

 日産サクラは、なぜここまで好調なスタートを切ることができたのだろうか。日本の足である「軽自動車」と「電気自動車」という組み合わせだからだろうか? 

 そこで、今回は日産サクラの魅力から、三菱との共同開発に至る経緯など、さまざまな視点で、成功の秘訣を解説。そして、日産サクラが今後、EV入門車としての地位を持つことになるのかについて考察する。

文/御堀直嗣、写真/NISSAN、佐藤正勝、池之平昌信

【画像ギャラリー】売れ行き絶好調!! 軽とは思えぬ日産サクラの内外装を写真で詳しく(18枚)画像ギャラリー

EVの魅力を軽自動車の価格帯で満喫できる日産サクラ

2022年5月20日に発表された日産の新型軽EV「サクラ」。政府補助金込みで約178万円からという手の届きやすい価格で売れ行き好調
2022年5月20日に発表された日産の新型軽EV「サクラ」。政府補助金込みで約178万円からという手の届きやすい価格で売れ行き好調

 日産自動車初となる軽自動車の電気自動車(EV)サクラは、発表から3週間で1万1429台の受注を得た。その後も受注は衰えることなく、6月末には1万7000台に達した。2010年に初代リーフが発売された当初の年間販売台数は1万台ほどであったので、1カ月余りで2倍近い反響があったといえる。

 ここ数年で、国内においても脱二酸化炭素(CO2)への関心が一般的に高まったのに加え、EVの車種が国内外を含め増えたことにより、それほどまれな存在でなくなったこともある。しかしそれでも、輸入車を中心に高価格帯のEVが多く、値段的には待ちの状態であった消費者が多かっただろう。

 しかし、サクラの約233万円からという価格は、EVを一気に身近な存在にしたはずだ。同時に発売された三菱自動車工業のeKクロスEVも同等の価格帯である。これに国の補助金を活用すると、55万円が支給されるので、サクラの廉価車種の値段は178万円相当となる。最上級車種でも、294万円から55万円を引けば239万円だ。

 日産リーフは、約370万円からの価格設定で、補助金は85万円とサクラより多いが、実質285万円からの出費となるので安くはない。装備の充実した上級車種になれば407万円で、補助金を使っても322万円だ。300万円前後という価格帯は、庶民の買えるクルマの値段を超えている。ハイブリッド車だが日産ノートなら約202万円から手に入るのだ。

 サクラは軽自動車とはいえEVであり、そこに意義を感じる消費者が、ノートではなくサクラを選んでいるといえるだろう。

 そのうえで、サクラのEVとしての価値を改めて検証してみる。搭載するモーターの性能は、軽自動車のガソリンターボエンジンと同等の出力であるばかりか、トルクは2倍近い。今回、大人4人乗りで試乗をしたが、発進加速でもたつくことはなく、高速道路での追い越し加速にも不足はない。

 ノートの最新e-Powerもかなり騒音対策が施されているが、サクラの静粛性はEVならではのもので、モーターを車体骨格に吊るして搭載する工夫もあって、振動も抑えられている。20kWh(キロ・ワット・アワー)の容量を持つリチウムイオンバッテリーを床下に搭載することにより、ガソリン軽乗用車のデイズより50mm重心が低く、なおかつ車両重量が重くなることにより、安定した重厚な乗り味を体感できる。

 座席のつくりもよく、後席もゆったり座ることができ、前後の座席位置の調整次第では、ストレッチリムジンのような広い空間を味わえる。基となったデイズがハイトワゴンなので、天井の高さがそうした室内のゆとりを覚えさせ、なおかつ車内の静けさが上級車の趣をもたらすのである。

 日産は、サクラを「ゲームチェンジャーになる」と期待しており、その運転感覚や性能、また同乗しての乗り心地は、もはや軽とは思えない感触をもたらしている。実際に運転し、また同乗して後席に座っても、走りだして間もなく軽自動車に乗っているとの意識は消えた。

 軽自動車の価格帯でいえば、補助金を利用することによりガソリンターボエンジン車と同等の金額で手に入り、登録車のノートと比べても、ハイブリッドではないEVの特徴を満喫できるとなれば、サクラに食指が伸びる人は多いはずだ。

 当初の受注では、日産以外の軽自動車、しかもいま絶大な人気のスーパーハイトワゴンからの乗り換えや、登録車のハイブリッドからの乗り換えが、半数以上であるという。すでに消費者の価値判断が、大きく変化しだしたことを伺わせる。

次ページは : 日産サクラの低価格はどうして実現できたのか?

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

新型MR2の確定情報、入電! ポルシェ911ダカール、クラウン”ランドスケープ”など激アツ車種勢ぞろい【ベストカー8月10日号】

新型MR2の確定情報、入電! ポルシェ911ダカール、クラウン”ランドスケープ”など激アツ車種勢ぞろい【ベストカー8月10日号】

SCOOP班も驚き! MR2とセリカに新情報が続々! SUV選びに悩む人もこの一冊を読めばすべて解決!? 酷暑を吹っ飛ばすほどのニューカー情報盛りだくさんです!