CX-60はマツダ車史上最高額の600万円超えも! FRラージ戦略から考えるかつての「アマティの悲劇」

■時代の波に乗り遅れまいと立てた戦略は崩壊

マツダ唯一のEVがMX-30Eとなる。もっと数が出そうなクルマはEVでは果たして用意できていないのか?
マツダ唯一のEVがMX-30Eとなる。もっと数が出そうなクルマはEVでは果たして用意できていないのか?

 しかし、バブル経済の崩壊によって、1992年にアマティ計画は中止。アマティ1000もお蔵入りとなった。

 当時のマツダは、バブル経済による販売台数拡大と高級化の流れに立ち遅れまいと、極端にイケイケな戦略を立てたが、バブル崩壊によって会社の存続すら危ぶまれる状態になった。

 倒産の危機はフォード傘下入りすることで免れたが、以来マツダは背伸びすることなく、ひたすらいいクルマを作ることに努めてきた。

 シャシーやエンジンに関しては、SKYACTIVテクノロジーとして集約され、スタイリングは「魂動デザイン」として花開き、クルマ好きの間では大変評価が高い。

 ただ、これまで30年間、背伸びをせずに頑張ってきただけに、今回のラージ商品群戦略を見ると、つい「大丈夫か?」と心配になってしまう。

 30年前の5チャンネル+アマティの悲劇は、時代の波に乗ろうとして時代そのものが崩壊したことで発生したが、現在は状況が違う。

 景気は世界的に後退しているし、電動化という巨大な課題も立ちはだかっている。いや、ウクライナ紛争が発生するまでは、世界経済は金融緩和による金余り現象でワッショイワッショイだったので、今回もまた、マツダが乗ろうとしていた時代が崩壊し、はしごをはずされつつあるように見えなくもない。

 電動化対策としては、CX-60にはプラグインハイブリッドが用意されているが、最高価格グレードであり、北米でも日本でも量販は望めない。欧州では近い将来、プラグインハイブリッドも禁止される。EVはいまのところMX-30EVだけ。もっと数が出そうなモデルの予定も聞こえてこない。

 マツダよ、本当に大丈夫なのか!?

■マツダ車のラインナップはまるでミネラルウォーターのよう?

原稿ロードスター990Sの走り。筆者はそれ以外に本気で惚れ込むようなクルマがマツダのラインナップにないことを嘆く……
原稿ロードスター990Sの走り。筆者はそれ以外に本気で惚れ込むようなクルマがマツダのラインナップにないことを嘆く……

 私のマツダに対する懸念には、もうひとつ理由がある。近年のマツダ車は、クルマ好きの心を完全に捉えるような、個性バリバリのモデルが少ないことだ。ぶっちゃけ、ロードスターだけ。ロードスター990Sの出来には心底感服したが、それを除くと本気で惚れ込むようなクルマがない。

 マツダのラインナップは、どれもいいクルマではあるが、ロードスターを除くとどれも個性が弱く、クルマ好きを唸らせるような特別な走りの味わいが薄い。

例えれば、ミネラルウォーターに似ている。炭酸飲料のような刺激はなく、健康によさそうだが、積極的に飲みたくなるような魅力もない。

 CX-3とマツダ3、CX-30に関しては、路面からの突き上げでサスが跳ね、マツダのシャシーらしい接地感の高さもない。この問題は徐々に改善されつつあるが、まだ以前のマツダ車(例えばアクセラ)のような、足がしなやかに路面を捉えて離さず、どこまでも走って行きたくなるようなクロウト受けな仕上がりには至っていない。

■CX-5頼みなのがいかんともしがたい

ミッドサイズSUVのCX-5。筆者が指摘するのは、マツダの大黒柱であるこのモデルに頼り切ってしまっていることだ
ミッドサイズSUVのCX-5。筆者が指摘するのは、マツダの大黒柱であるこのモデルに頼り切ってしまっていることだ

 CX-5は総合力の高い、優れたSUVだが、現在のマツダはCX-5に頼り切っている。CX-5以外のモデルは、CX-8も派生形にしか見えず、それもこれも、もう1本の柱にはなれそうにない。

 CX-60に関しては、まだ試乗できていないが、凝ったメカを持っているわりには、どのパワートレーンも、ミネラルウォーター風味であるらしい。アマティ1000はユンケルとかレッドブルだったのでその真逆だが、せっかくの直6までもがミネラルウォーターで大丈夫か!?

きわめて自然な、「流れる水のような走り」が、現在のマツダのクルマ作りの哲学なのだろうが、マツダのようなニッチブランドはもうちょっと個性を際立たせないとマズイのではないか。

 そもそもマツダは、ニッチ戦略で生き残りを図っているはず。ニッチがミネラルウォーターで大丈夫かと、クルマ好きとして心配でならない。

【画像ギャラリー】マツダ車史上最高額の600万円超えも設定したCX-60! ここから考えた「アマティの悲劇」とは?(8枚)画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

あのトヨタスターレットが再び公道に舞い降りる!? 日産×ホンダ協業分析など新社会人も楽しめるゾ「ベストカー5月10日号」

あのトヨタスターレットが再び公道に舞い降りる!? 日産×ホンダ協業分析など新社会人も楽しめるゾ「ベストカー5月10日号」

トヨタの韋駄天が覚醒する! 6代目NEWスターレットのSCOOP情報をはじめ、BC的らしく高級車を大解剖。さらに日産・ホンダの協業分析、そして日向坂46の富田鈴花さんがベストカーに登場! 新社会人もベテランビジネスマンまで、誰もが楽しめるベストカー5月10日号、好評発売中!