サンシェードってマジで効果あんの!? 真夏の車内が危険すぎる問題


■窓全開でエアコンを! 冷却スプレーなどは効果なし

海に行ったときなどは、目的地から多少離れていても屋内駐車場を使うのが吉。ラゲッジには秘密兵器の折り畳み自転車! 駐車場から海まではチャリでゴー!!

 真夏の車内温度をいち早く下げる方法として、まずはウインドーを全開にし、車内の熱気を外に出すことが第一だ。

 そしてJAFの別の試験データによれば、ウインドーを開けたまま(対角線で開けると換気性能がUPする=右フロントサイドウインドーと左リヤサイドウインドーというように)、エアコンONで外気導入にして走り出し、しばらくしてからエアコンを内気循環にする……という方法がベストらしい。

 停車したままエアコンONで車内温度が下がるのを待つより、ウインドーを開けて走り出したほうがよいということである。エアコン+走行によって、55℃だった車内温度が、約5分で28℃まで下がったというデータもあるというから、これは実行しない手はない。

 ちなみに、これまたJAFの試験によると、車体に水をかけたり、冷却スプレーを使う、ドアをパタパタして車内温度を下げる……といった巷のウワサを検証した結果、いずれも車内温度を大きく下げる効果は期待できなかったそうだ。自宅の駐車場はいつも同じ場所だから、止める場所の日射、車内温度の上昇を変え、低減することはできない。

 しかしだ、海に遊びに行ったときなどは、ある程度、駐車場所を選ぶことができる。とはいえ、考えつきそうな大木の下は考えモノだ。たしかに直射日光を和らげることはできるかも知れないが、樹液がポタポタ落ちる可能性があり、ボディ、ウィンドウにダメージをもたらしかねない。

 で、筆者が実践しているのは、日中、建物の陰になるような場所に止める、あるいは海まで距離があっても、屋内駐車場(ホテルの地下駐車場を含む)を見つけられれば、そこに止めるという裏技だ。海まで遠いと歩くのが大変……と思いがちだが、折り畳み自転車を積んでいれば、どうということはない。

【画像ギャラリー】夏場の屋外駐車場でおなじみのサンシェードの効果は!? 効率的にカーエアコンを効かせる方法とは!?(4枚)画像ギャラリー

最新号

ベストカー最新号

新型クラウン深掘り&注目4モデルの12連発試乗記!! ベストカー9月10日号

注目が続く新型クラウン。もっと情報を知りたい!という人向けへの「クラウン深掘り」企画。これがベストカー9月10日号の一番の目玉。さらに、その新型クラウンの第5のボディ、クーペの情報や、「SUVにしますか、ほかのタイプにしますか?」という特集も見逃せません!

カタログ