値上がる前に買っておくべし!これから消える値上がり必至車5選

 これから遅くとも数年以内に生産終了することがわかっているクルマ、またはフルモデルチェンジによって、駆動方式やエンジンがガラッと変わってしまうクルマがある。

 そうしたクルマの中には、必ずと言っていいほど生産終了やフルモデルチェンジによって中古車市場で価格が上がり、プレミア価格がつくモデルがある。

 そこで、現時点で近い将来、生産終了することがわかっているクルマや生産終了が予想されるクルマのなかから、生産終了後、フルモデルチェンジ後に中古車市場価格が跳ね上がりそうなクルマを編集部が5台ピックアップ。 

 はたして、これらのモデルは生産終了前にすぐ買うべきなのか、あるいはもうしばらく静観してもよいのか? 中古車事情に詳しいモータージャーナリスト、萩原文博氏に見通しを考察してもらった。

文/萩原文博
写真/ベストカーWeb編集部


■絶版車の人気が高くなるケースはいくつかのパターンがある

 中古車に関する話題で注目されているのは、スカイラインGT-Rやスープラといったいわゆる絶版車が値上がりしているというものが多い。 

 絶版車とはすでにケースには生産が終了していて、中古車でしか手に入らないクルマのこと。絶版車はこれまで販売されたクルマの台数がMAXとなっており、オーナーが手放さないかぎり、中古車として流通することがないからだ。

 こういった絶版車で人気が高くなるケースはいくつかのパターンがある。例えばAE86カローラレビン/スプリンタートレノのようにフルモデルチェンジで駆動方式が変わってしまったもの。 

 RB26DETTや2JZ-GTEといったいわゆる名機と呼ばれるエンジンを搭載しているもの。そして、生産台数が少なかった特別仕様車/限定車などだ。 

 一方、新車の時はあまり人気がなかったが、テレビや漫画などの影響で絶版車となってから人気となるもの。そしてレパードとソアラのように新車の時と中古車になってから人気が逆転するといった現象も起きることもある。

 そこで、今回は、フルモデルチェンジや生産終了が予想される、または生産終了が決まったクルマのなかから、今後値が上がりそうなクルマを5台ピックアップし、まだ中古車相場が平穏なうちに買っておくべきなのか、それとも見送るべきなのかを検証してみたい。

■スバルWRX STI/最後のEJ20エンジン!

現行WRX STIは最後のEJ20エンジン搭載車といわれている。次期型STIは2020年頃にデビューするといわれている。ついにEJ20エンジンに代わってFA20が搭載される。現行モデルが生産終了になると、中古車市場での値段が上がると予想される

 1989年に登場した初代レガシィに搭載され、WRCでの栄光を支えたスバルの名機エンジンといえば、EJ20型。まもなく登場から30年が経過しようとしているが、現在でもWRX STIに搭載されている。

 この熟成の進んだEJ20も2020年を予定しているWRX STIのフルモデルチェンジでは、FA20型に変更されるという話になっており、現行型のWRX STIがEJ20型搭載の最後のモデルといわれている。

 現在のところ、2014年8月にデビューした現行VAB型WRX STIの中古車相場は値落ち傾向となっているが、生産終了となり、絶版となれば、間違いなく値上がりするはずだ。

 スバルファンにとってEJ20型は日産でいえばRB26DETT、マツダでいえば13Bターボなどと同じぐらい名機といわれているからだ。

 しかもWRX STIは6速MTしか設定されていないという硬派なモデル。もともと中古車の流通台数が少ないので、確実に値上がりする。

 カタログモデルのWRX STIやWRX STIタイプSはもちろん、STIが手掛けたコンプリートカーのS207、S208などのSシリーズ。そしてSTI30周年記念のコンプリートカーのタイプRA-Rは現在でも高値だが、さらなる高騰も予想される。

 ちなみに現行WRX STIの価格は386万6400〜406万800円。S207は2015年10月に限定400台、599万4000〜637万2000円で販売された。 S208は2017年10月に限定450台、価格は626万4000〜710万6400円。2018年7月に発売されたタイプRA-Rは限定500台、価格は499万8240円。

 タイプRA-Rの中古車はさすがにまだ流通していないが、S208は12台流通し、平均価格も3カ月前は800万円オーバーというプレミアム価格だったが、最近では750万円付近まで下がっており、値落ちそして流通台数が多い今がS208は買い時となっている。

 今後、流通台数が増える可能性も少ないので、買っておくべき最重要車種といえる。また、新型WRX STIのフルモデルチェンジ前には、STIがEJ20型エンジンを搭載したSTI史上最強のコンプリートカーを登場させるといわれている。今から貯金してこのモデルはスバルファンなら必ず手に入れておくべきだろう。

■マークX GR SPORT/最後のFR!

マークXのGRMNは2015年に100台限定で販売、マークXの生産終了前、2019年初頭にも再び販売される可能性が高い。写真のGR SPORTはスポット打点の追加によりボディ剛性を高めた上で、GR専用のフロントサスペンションメンバーブレース、センターブレース、リアブレースなどのブレースを適所に追加。ボディの前後バランス、全体剛性の最適化を図り、高次元で高い応答性を発揮する高剛性ボディに仕上げた。フロント20mm、リア15mmのローダウンにより重心が下がった車両を支えるサスペンション回りは、バネ定数アップやアブソーバー減衰力を徹底的にチューニング。路面の凹凸を気持ち良く吸収しながら、上質でフラットな乗り心地、より楽しめるハンドリングを提供しているという

 アッパーミドルセダンのマークX。マークII時代にラインアップされていたターボエンジンを搭載したツアラーVやIR-Vは後にドリフト用のベース車として人気沸騰となり、中古車相場が上昇した実績がある。そのマークXの次期型はFRではなくFFになるといわれているから、マークXはFRの現行モデルのうちに買っておくべきだ。

 なかでもファクトリーカスタムチューンを施されたマークX  GR SPORTがオススメ。GR SPORTは内外装の専用パーツの装着に加えてボディ補強。そしてブレーキ&サスペンションのチューンが施されている。

 現在、GRシリーズはエンジンや足回り、デザイン変更が行なわれる台数限定のコンプリートモデル、GRMNを頂点に、これまでのG’sの代わりにGR、GR SPORTを設定している。

 GRは量産型のスポーツモデルをベースにドライブトレーン、シャシー、デザインの変更を行なうとともに、将来的にはスポーツエンジンの搭載も視野に入れたシリーズ。

 またGR SPORTは拡販スポーツモデルに位置付けられ、主にシャシーとデザインの変更を行なうシリーズとなっている。

 マークXのGRMNは、2015年にGRMNが100台限定で販売され、2019年初頭にも再びマークX GRMNが発売される可能性が高い。

 マークX GR SPORTの価格は、350RDS GR SPORTが442万8000円、250S GR SPORTSが380万9160円。搭載エンジンは基本的にベースのものと変わらない。350RDSが318ps/38.7kgmの3.5L、V6、250RDSが203ps/24.8kgm。

 GRの中古車はほとんど流通していないため、前身であるG’sの値動きを見てみよう。G’sもGR同様に3.5Lと2.5Lそれぞれに用意されている。

 中古車の流通台数は350S G’sは10台、250G Sパッケージ G’sは約50台とかなり異なっている平均価格の推移は350が横這いなのに対して、250は豊富な流通台数が災いしているのか、値落ち傾向となっている。

 このことからマークX GRが買いか見送りかを判断するとなると、3.5L車は買い。2.5L車は見送りといえる。もともと税金も高い3.5LのG’sは購入するユーザーも少ないため、今後値上がりに転じる可能性は非常に高い。

 一方の2.5LのG’sは流通台数が豊富なうちは横這いから値落ちとなり、少なくなると値上がりとなる可能性は残っている。

 もっとハッキリと値上がりというには、これにエンジンのパワーアップメニューが加わってほしいのだが、これが行われていない点を考えると値上がり幅は小さいものになると考えられる。

※マークXの中古車はこちら!

■ジューク1.6GT、ニスモ、ニスモRS/個性派デザイン+1.6Lターボ

個性的なデザインで人気の高いジューク。次期型は2019年3月頃発売される予定。なかでも値が上がりそうなのは、190ps/24.5kgmを発生する1.6L、直4ターボを搭載するジューク16GT(244万8360円)、同エンジンを搭載するジュークニスモ(297万1080円)、そして214ps/25.5kgmまで高めた1.6L、直4ターボエンジンに加え、ボディ補強や足回り、ブレーキなどトータルでチューニングしたジュークニスモRS(346万8960円)

 国産コンパクトSUVブームの火付け役となったのが、2010年に登場した日産ジューク。その特徴的なスタイリングと運転しやすさにより大ヒットモデルとなった。すでに8年というロングセラーモデルとなったジュークだが、2019年3月頃に初のフルモデルチェンジが予定されている。

 ロングセラーモデルだけあって、現在ジュークの中古車の流通台数は1000台を超えているが、直近3カ月の平均価格の推移は104万円でほぼ横這いで推移している。

 これは中古車となってもジュークの人気の高さを反映している結果といえる。それでは、フルモデルチェンジ後相場が上がるのかというとジューク全てが値上がりするとは考えづらい。

 値上がりする可能性が高いのは1.6Lターボエンジンを搭載した1.6GTやニスモ、ニスモRSと考えられる。なかでもリアサスペンションがマルチリンクとなる1.6GTやニスモRSは中古車の流通台数が少ないこともあり、早くも値上がり傾向となっている。

 加えて、1.6Lターボエンジンはモデルチェンジ後のニューモデルには環境性能などを考えると搭載される可能性はかなり低いと考えられる。

 そういった観点からもジュークは1.6Lターボエンジンを搭載したモデルは買っておくべきだ。まだ、中古車相場が安定しているノーマルのニスモは今後値上がりする可能性が高いので、買っておくべきモデルといえる。

※ジュークの中古車はこちら!

■BMW1シリーズ/クラス唯一のFR。次期型はFFに!

プレミアムコンパクト唯一のFR。FFとなる新型1シリーズの登場は2019年春頃と予想されている。現行1シリーズのラインアップは118i(136ps/22.4kgmの1.5L、直3ターボ)が317万円〜、118d(150ps/32.6kgmの2L、直4ディーゼルターボ)が404万円〜、120i(184ps/27.5kgmの2L、直4ターボ)が450万円〜、M140i(340ps/51.0kgmの3L、直6ターボ)が652万円〜

 VWゴルフやアウディA3、ベンツAクラスなど、欧州Cセグメントのプレミアムコンパクトのなかで、唯一FRの駆動方式を採用しているのがBMW1シリーズ。

 この1シリーズは2019年春頃にフルモデルチェンジを予定しており、ミニや2シリーズアクティブツアラーと同じFFのプラットフォームに変更されるといわれている。

 駆け抜ける歓び、つまり走りの楽しさを追求するためにBMWはコンパクトな1シリーズにFFを採用せず、あえてFRを採用したのだが、小型車用FFプラットフォーム共用化の波に勝てず、FFに踏み切ったのだ。

 やはり、上質な乗り心地と、操る楽しさを味わいたいならFFよりもFR。手頃な価格のFRという面でも1シリーズの存在は貴重だった。

 BMWでは以前、コンパクトSUVのX1でこのようなFRからFFという駆動方式の変更が行われたので、X1の中古車相場をもとにジャッジしてみたい。

 2010年から2015年まで販売された初代BMW X1の直近3カ月の平均相場の推移を見てみると、3カ月前が156万円。そして現在が148万円と順調な推移を見せている。

 一方、流通台数はピーク時の約360台から約310台へと減少傾向なのだ。一見すると順調な値落ちを見せており波乱はないと思うが、実はそうではなかった。

 これを年式別で見てみると、初期モデルの2010~2013年までは値落ち傾向なのだが、2013年以降の年式の新しいモデルは値上がり傾向となっているのだ。

 一般的にモデル末期になるほど流通台数が少なくなるため、部分的に値上がりしていても全体的に値落ちという隠れ値上がり状態となっているのだ。このことから考えると、1シリーズも値上がりとなる可能性は高い。

 特にハイパワーな直列6気筒ターボを搭載したM140iは要チェックだろう。現在のところ、現行型1シリーズの中古車相場はやや値上がりとなっているが、これは高年式の未使用中古車が市場に出回っただけなので、心配しなくていい。

※BMW1シリーズの中古車はこちら!

■VWザ・ビートル/正真正銘、これが最後のビートル

2012年から販売されているVWザ・ビートル。なかでも中古車市場ではカブリオレ人気が高く流通台数が少なく、価格は乱高下しているという。生産終了されれば、値段が上がりそうだ

 すでに2019年7月に生産終了とVW本社からアナウンスされているザ・ビートル。フォルクスワーゲングループジャパンは、2019年に日本での「The Beetle」の販売が終了することに伴い、ファンのユーザーへの謝意を表す「See You! The Beetle キャンペーン」を実施しており、2018年10月23日には第4弾として、特別仕様車「The Beetle Meister(ザ・ ビートル マイスター)」シリーズ(303万〜397万円)を販売している。

 ゴルフベースの水冷のFFビートルは1998年から発売されたニュービートル、そして2012年からザ・ビートルが販売されてきた。

 現在、ザ・ビートルの直近3ヵ月の中古車の平均価格の推移を見てみると、3カ月前が166万円そして現在が167万円とほぼ横這いで推移している 。

 しかし、中古車の流通台数は3カ月前には約530台あったのが、現在は約430台と約2割も減少しているのである。

 現在のところはやや値上がり傾向で収まっているが、平均価格の推移そして流通台数の減少を考えると、生産終了となった時にはさらなる相場の上昇が予想される。

 もっと深刻なのはオープンカーのカブリオレ。現在すでに中古車は8台しか流通しておらず、平均価格は乱高下している。 

 今後さらに減少する可能性が高いので、クーペ以上にカブリオレは今のうちに買っておくべきクルマといえる。

 クーペのなかではデューンなどの限定車やRラインなどの流通台数が少ないモデルが値上がりする可能性は高い。

 結論として、ザ・ビートルは生産終了後に値上がりする可能性が高いので、今のうちに買っておくべき。特にカブリオレは要注意車種といえる。

※VWザ・ビートルの中古車はこちら!

最新号

ベストカー最新号

ジムニー 5ドア計画を暴く|ベストカー 12月10日号

 2018年も残すところあと2ヶ月。今年もさまざまな新車が登場したが、なかでもひと際注目を集めたのが、久々の刷新となった新型ジムニー。  11月10日発売のベストカー最新号では、そのジムニーに待望の5ドアが追加されるというマル秘情報の真相を…

カタログ