少年のころに憧れた初代・2代目クラウンも革新的!! 新型モデルへ繋ぐ大きな一歩とは

少年のころに憧れた初代・2代目クラウンも革新的!! 新型モデルへ繋ぐ大きな一歩とは

 1955年、初代クラウンは純国産車として誕生。67年という歳月を経て、トヨタ新型(16代目)クラウンが世界初公開された。

 16代目クラウンは「クロスオーバー」、「スポーツ」、「セダン」、「エステート」と、4つのバリエーションを持つクルマとなった。まず初めに「クロスオーバー」が今秋より発売される。

 そこで、今回は、初代モデルと同じ年に生まれた筆者が少年のころに見た、感じた「クラウン」の思い出とともに、歴史を振り返る。

文/御堀直嗣、写真/TOYOTA

【画像ギャラリー】あなたの思い出のクラウンはどれ!? 歴代モデルを写真で振り返る(32枚)画像ギャラリー

初代から革新的な挑戦し続けたトヨタ「クラウン」

1955年に登場した初代クラウン。観音開き式のドアが特徴的であり、タクシーにも使われた

 67年の歳月を経て、トヨタのクラウンは16代目へモデルチェンジした。初代が誕生したのは1955年で、以来、4ドアセダンの国内最高峰という価値を継承してきたクラウンだったが、新型ではじめてクロスオーバーの価値を加えた。4ドアセダンがなくなるわけではない。

 この先1年半をかけて、4ドアセダン、エステート(ステーションワゴン)、スポーツの3車種を加えていくとのことだ。歴代と違った新型クラウンの取り組みについて、豊田章男社長は「明治維新」と、なぞらえた。歴代クラウンから大きく転換がはかられたということだろう。

 しかし、初代クラウンの誕生においても、国内情勢からすれば革新的な取り組みが行われていた。

 私の生まれは昭和30年で、クラウンと同じ1955年だ。トヨペットクラウン(初代クラウン)誕生の様子は、まだ0歳であった私が知る由もないが、1962年まで7年間売られていたので、物心ついたころの初代クラウンの印象はいまも記憶に残る。

 当時はまだ個人で自家用車を所有することはまれで、小学校の先生がスバル360に乗っていたことさえ珍しかった。クラウンのような登録車の多くは、タクシーやハイヤーなどに使われた。トヨタ以外の国産車では、日野ルノーやいすゞヒルマンといったタクシーが数多く街を走っていた。

 日野ルノーは、フランスのルノー4CVを日野自動車がライセンス生産(他のメーカーが開発した部品を使って組み立てる)していたものだ。いすゞヒルマンは、英国のルーツが生産していたヒルマンミンクスをノックダウン生産(部品を輸入し国内で組み立てる)していたものである。

 そうした時代に、純国産として部品を設計・開発し、乗用車を誕生させたトヨタと、初代クラウンの存在は、クルマ好きな少年にとって日本の誇りだった。また、文金高島田の花嫁が乗降しやすいようにと、前後が観音開きになるドアの開閉も特徴的で、目立つ存在だった。それは開発主査に任じられた中村健也氏の、こだわりの一つだった。

筆者が見た、感じた2代目クラウンの思い出と偉業

2代目クラウンをベースに3ナンバーワイドボディ化し、V型8気筒エンジンを搭載したクラウンエイト

 1962年に、クラウンは2代目へモデルチェンジする。その主査も中村氏である。初代トヨペットクラウンは、外観が第二次世界大戦前の影響を受けた姿だった。

 日野ルノーやいすゞヒルマンも、前後のタイヤを覆うフェンダーが独立したような姿を残し、そこが戦前の設計という印象を与える。この点は、戦後に本格的な生産を開始したドイツのフォルクスワーゲン・タイプ1(通称ビートル)も同様だ。

 2代目クラウンになると、前後フェンダーは客室を含む車体全体を一体化させた造形となり、戦後の新しい時代の乗用車の姿になっていく。そして、クラウンの対抗馬として日産セドリックが1960年に登場する。以来、クラウンとセドリックは永年にわたる競合として切磋琢磨していくことになる。

 2代目のクラウンは、私の叔父が乗っていた。戦後20年が経ち、ようやく個人でも自家用車を持てる時代がはじまろうとしていた。しかしまだ誰もが自家用車を持てたわけではない。親戚のなかでも叔父は無類のクルマ好きで知られ、以後、歴代クラウンを乗り継いでいった。拙宅は、自家用車を持てるほど裕福ではなかったが、叔父が新車を買い替えるたびに自分のことのように勇躍し、恐る恐る叔父に新車を見せてほしいとせがんだことを思い出す。

 2代目クラウンで忘れられないのは、クラウンエイトと呼ばれた3ナンバー車の追加である。2代目発売から約1年半後に、車体を前後左右それぞれ拡大し、V型8気筒エンジンを搭載した上級車種であった。

 当時はまだ、DOHC(ダブル・オーバー・ヘッド・カム)とかターボチャージャーといったエンジンの高性能技術が一般的になる前であり、直列4気筒エンジンがせいぜいであった。そのようなとき、V型8気筒エンジンを搭載し、見るからに大柄なクラウンエイトは、高性能かつ周囲を圧倒する存在感があった。

 これも、拙宅近くの銀行に横付けされていたことがあり、その印象は強烈だった。2代目のクラウンは、そもそも横に平べったく見える外観であり、それがさらに拡幅されることで、一見しただけで威風を覚えさせたのであった。

 直列6気筒エンジンでは、日産と合併する前のプリンスが、グロリアに搭載しグロリア・スーパー6(スーパーシックス)として販売した。その排気量を2.5リッターに拡大したのがグランド・グロリアで、皇室に納入されたという。これに対しクラウンエイトは、当時の佐藤栄作総理大臣の公用車になったとされる。

次ページは : 高度経済成長期、そして日本を代表するセダンへ成長していく「クラウン」の挑戦

最新号

ベストカー最新号

新型クラウン深掘り&注目4モデルの12連発試乗記!! ベストカー9月10日号

注目が続く新型クラウン。もっと情報を知りたい!という人向けへの「クラウン深掘り」企画。これがベストカー9月10日号の一番の目玉。さらに、その新型クラウンの第5のボディ、クーペの情報や、「SUVにしますか、ほかのタイプにしますか?」という特集も見逃せません!

カタログ