新型クラウンは「セダンだけFR」という可能性が…ある?


 2022年7月15日に世界初公開となった新型クラウン。これまで長いあいだ伝統的に後輪駆動(FR)セダンであったクラウンが、リフトアップされた「クロスオーバー」となり前輪駆動(FF)ベースの4WDとして発表されたことで、大きな話題となった。そのいっぽうでクラウン「クロスオーバー」は新型クラウンシリーズの第一弾であり(今秋発売)、これから1年半かけて「スポーツ(SUV)」、「エステート」、「セダン」と全4車種が用意されることも発表。全方位用意するあたり、いかにもトヨタらしい販売戦略であるが、そのうちセダンだけ駆動方式が違う可能性について紹介したい。

文/ベストカーWeb編集部、写真/TOYOTA、ベストカー編集部、奥隅圭之、三橋仁明/N-RAK PHOTO AGENCY

【画像ギャラリー】新型クラウン「パトカー仕様」もCGで作ってしまいました!! 高級セダンもパトカーもFRがいい…という需要に、トヨタなら応えそうな気が……(21枚)画像ギャラリー

■新型クラウンシリーズを並べてみると…

 きっかけは、本企画担当者が新型クラウンの広報写真をなんの気なしに眺めていた際の、些細な発見だった。新型クラウン4車種の「真横」画像をそれぞれ並べてみると、なんとなく違和感がある。どれも同じアングル(真横)で撮影されているが、どうやら縮尺が微妙に違うようなので(トヨタ公式新型クラウン特設サイトで公開されている開発目標値の)各ボディサイズを正寸に近づけて4車種を揃えてみると…、あれ? 1台だけ雰囲気がだいぶ異なるぞ…と気づいた。

新型クラウン4車種をタイヤでサイズ比率を整えて、ボディ後端で揃えて並べたもの

 上記画像を拡大してみると、新型クラウン「セダン」仕様だけ(ホイールベースがかなり長いだけでなく)、フロントフェンダーアーチからフロントドア前端までの寸法がかなり長いことに気づく。

トヨタ公式「新型クラウン特設サイト」で公開されている、各シリーズのボディサイズ。セダンが一番全長とホイールベースが長い。この時点で違和感がある。ベースやプラットフォームがこれだけ違うのでは?

 文章だけではちょっとわかりづらいので、強調した画像も用意した。平たくいうとクラウンの「セダン」だけ他のモデルと比べてフロントタイヤからドアまでの距離がかなり長い。まるでちょっと前のFR車みたいだ。

マウスで線を引いた雑な画像で申し訳ない。ここの長さが違うって、もちろんデザイン上の理由が最大だろうけど、そもそも駆動方式が違うんじゃないか? という疑問の発端にはなると思う

 上述したとおり、現時点で発表されている新型クラウン「クロスオーバー」は全車前輪駆動(FF)ベースの4WD仕様。ハリアーやレクサスRXと共通のGA-Kプラットフォームを使用している。

 ほかの3車種も同じプラットフォームを使用することになり、従って新型クラウンは4車種すべてFFか4WD車になると思っていたのだが…。よく考えると「そうなる」とは誰も言っていない。「セダン」だけFRになる(たとえばレクサスLSと同じGA-Lプラットフォームを使う)という可能性も、あるということか。

■「セダンだけFR」をやってくる可能性、やらない可能性

 ここまで書いておいてなんだが、「フロントフェンダーアーチからフロントドアの間が長い」ということが、FR車の証明になるわけではない。最近のBMWは(FRなのに)このサイズが短いモデルも用意されている。あくまでデザインの問題であり、駆動方式とボディの制約とまでは言いがたい。

新型クラウン記者発表会の壇上で、笑顔いっぱいで「セダン」を紹介する豊田章男社長。たしかにこれカッコいいんですよ。シリーズのなかでもひときわ重厚感があって

 また、開発コストや車両本体価格、生産や整備コストなどを考えると、同じシリーズ車は同じプラットフォーム、同じ駆動方式で作製したほうが有利な面が多々あるだろう。新型クラウンはかなり戦略的な価格(従来型と比べて性能は大幅にアップしたが価格上昇はかなり抑えめ)だから、「シリーズ4車種のうち1車種だけ別プラットフォーム」というような高コスト体制をとれるのだろうか。

 そのいっぽうで、トヨタのことだから「セダンは従来のクラウンファンの要望にお応えするためにFR仕様で出します」と言ってきそうな気もする。そもそも上述したBMWのたとえば2シリーズは、FFとFRが混在している(クーペとカブリオレはFRだがアクティブツアラー、グランツアラー、グランクーペはFFベース)。できないことはないし、やりそうなメーカーでもある。

 そういえばトヨタはかつて、「マークIIはFRだけどマークIIクオリス(ワゴン)はFF」というなかなか珍しいモデル戦略をやっていた歴史もある(1997~2001年)。

同じ「マークII」という車名を持ちながら、ワゴン仕様の「クオリス」だけFFだった歴史があります。なつかしい

 新型クラウン「セダン」の発売は、公式サイトの「Coming in 2023」という表記を信じるならあと1年半以内。個人的にはぜひFR仕様で登場してほしい。それで、現在「クラウンのクロスオーバー化にがっかりした」と言っているこれまでのクラウンファンに、「待ってました!」と喝采を浴びてほしい。

【画像ギャラリー】新型クラウン「パトカー仕様」もCGで作ってしまいました!! 高級セダンもパトカーもFRがいい…という需要に、トヨタなら応えそうな気が……(21枚)画像ギャラリー

最新号

ベストカー最新号

新型クラウン深掘り&注目4モデルの12連発試乗記!! ベストカー9月10日号

注目が続く新型クラウン。もっと情報を知りたい!という人向けへの「クラウン深掘り」企画。これがベストカー9月10日号の一番の目玉。さらに、その新型クラウンの第5のボディ、クーペの情報や、「SUVにしますか、ほかのタイプにしますか?」という特集も見逃せません!

カタログ