スズキSUV「エスクード」ハイブリッド化でどう変わった?? ベストカー編集部員がよってたかって評価!!

スズキSUV「エスクード」ハイブリッド化でどう変わった?? ベストカー編集部員がよってたかって評価!!

 2022年4月に1.5Lエンジンのハイブリッドシステムを搭載したスズキ エスクードが発売を開始した。

 2015年の4代目登場から7年目にして初のハイブリッド登場、そして2021年9月末以来7ヶ月ぶりの販売再開となる。

 エスクードの初代登場は1988年。長い歴史を持ち、実はその評価も高いクルマなのだが、知名度はそれにまるで反比例でもしているかのように低い。

 ハイブリッドになったことでなにが変わったのか? ベストカー編集部員9名と評論家2名が「よってたかって」評価する。

※本稿は2022年6月のものです
文/鈴木直也、渡辺陽一郎、ベストカー編集部、写真/ベストカー編集部、撮影/平野 学
初出:『ベストカー』2022年7月26日号

【画像ギャラリー】ベストカー名物企画「よってたかって」評価!! ハイブリッドが加わったエスクードをギャラリーでチェック(24枚)画像ギャラリー

■ベストカー編集部員はエスクードをどう見た?

 スズキが送り出す人気のコンパクトSUVがエスクードだ。

 このモデル、当初は2015年にガソリン車として発売されていたが昨年9月に一旦販売を終了。4代目エスクードは終わった……と思われた。

 だが、それから7カ月後になんとハイブリッドを搭載してラインナップに復活した。これは乗るしかない! よってたかって評価しようじゃないか!

■編集長イイジマはこう見た!

昨年9月に日本発売を終了したエスクードがなんと本年4月電動車で復活! 果たしてその走りは!?

 コンパクトSUVということで、ヤリスクロスのようなカジュアルな感じをイメージして乗ると違和感を感じるのではないでしょうか。ハンガリー生産ということもあり、雰囲気はやはり国産車とは異なります。

 ストロングハイブリッドとなって気になるパワー感も、「SPORT」モードを選択すると伸び感のある加速が楽しめます(「AUTO」だとそれなり)。ハイブリッドらしさは若干希薄なので、電気嫌いにもオススメですね。

 ミッションはシングルクラッチ式2ペダルMTということで「ギクシャクするかな」と思ったんですがけっこうスムーズです。タコメーター見てると「今ギアつないでるな」というのがわかりますが、ほぼ体感はできません。

 で、私が一番気に入ったのは直進性ですね。同一車線内でもちょこちょこ修正舵が必要なモデル(国産車)もあるなか、このクルマはビシッとまっすぐ。今回、高速道路には乗りませんでしたが、意外とロングクルーズも得意なんじゃないでしょうか。

 前述のように乗って感じる「ほかと違う感」もあり、気になる人には試乗を強くお薦めします。お値段がチョイと高めなのが、なんとも悩ましいですが……。

●編集長イイジマの評価
・パワー感:★★★☆☆
・乗り心地:★★★☆☆
・お買い得度:★★☆☆☆

■編集部イイボシはこう見た!

 今回の試乗車は強敵だ。何を書けばいいのかわからない。調べたら、この4代目は2015年登場。意外に新しくてまだ7年。もう10年以上経っている気がしていたから、古さを逆手に取ってネタを探そうと思ったがそれもできない。生産国であるハンガリーに思いを馳せてみようとも思うが、行ったことないので何も思い浮かばない。

 試乗してひとつ感じたのは、街中だろうと高速だろうと「SPORTモード」一択だろうということ。そこに放り込んでおけばキビキビ走れて、なかなか楽しい。トヨタのハイブリッドよりもそこはいいが、そんな走り方をしていたら、当然燃費は伸びない。

 つまり「ストロングハイブリッド=低燃費」という常識を捨て「走りを元気にするハイブリッド」と思えばしっくりくるのかもしれない。もしも3ペダルMTでもあればマニア垂涎の1台になれたかもしれないが、そんな空想をしても埒が開かない。

 ひたすら思うのは「これで凄く安ければ……」ということだ。試乗車の車両価格約300万円、オプション込みで約330万円という価格から50万円ほど引いてほしい。それならマニアックな走りの楽しさも加味して競争力はありそうだ。無理だよね。

●編集部イイボシの評価
・パワー感:★★★☆☆
・乗り心地:★★☆☆☆
・お買い得度:★★☆☆☆

次ページは : ■編集部ウメキはこう見た!

最新号

ベストカー最新号

新型セレナ、GT-Rなど! 正常進化する注目車、大々的スクープ!! ベストカー10月26日号

正常進化する注目車、大々的なスクープ特集を目玉に、ベストカー10月26日号は濃い内容となっています。そのスクープは新型セレナをはじめとする日産の5モデルの情報。すでに注目されているホンダZR-Vやスバルクロストレックの新車情報も濃いです! さらに「車格のわりに安いクルマ」特集も読みごたえアリです。

カタログ