クラウンを買いに来るのは相変わらずおじさんなのか? それとも新しいお客さんが集まっているの?

クラウンを買いに来るのはおじさんなのか? それとも新しいお客さんなのか?

 クロスオーバーモデルとして、華々しくデビューされた新型クラウン。世界市場での販売に向け、デザインやユーティリティーは時代に合わせたブラッシュアップが行われ、様々なユーザー層から注目を集めている。

 これまでのクラウンユーザーは平均年齢が高く、圧倒的に男性人気が高かった。大幅なイメージチェンジにより、クラウンを求めるユーザー層にも変化は起きたのだろうか。販売現場への取材をもとに、クラウン購入層の変化を確認した。

文/佐々木 亘、写真/ベストカー編集部

【画像ギャラリー】若者たちがクラウンの魅力に気付いた!! 16代目新型でトヨタ待望の「クラウン若返り」なるか!?(10枚)画像ギャラリー

■圧倒的! 60代以上のクラウンユーザー

4タイプの中で最初に発売された新型トヨタ クラウンクロスオーバー

 これまで登場してきたクラウンは15世代。今回の新型が16代目となるわけだが、長い間クラウンのメインユーザー層は変わっていない。

 男女比は7:3から8:2の割合で男性が多く、購入ユーザーの年代構成比は60代以上が圧倒的であり、全体の半数以上を占めるのだ。

 初代から高級感を売りに、日本車のトップを守り続けてきたクラウン。威厳や風格が重んじられ、「いつかはクラウン」という羨望の的になったのは言うまでもない。クラウンに乗ることができるのは成功者であり、地道に年功序列の日本企業の中で、長い間勤め上げてきた人に限られるというイメージもついている。

 そうなると必然的に、購入年齢層は高くなるだろう。クラウンは、高度経済成長期に生まれ、バブル経済期を過ごした人たちにとっての、憧れの的だ。同価格帯の高級車は他にもあるが、それでもクラウンを選ぶ理由は、クラウンが若いころからの「憧れ」であったことが、大きな理由となっている。

■幾度も若返りを図ったクラウン! 今回は?

1999年登場のトヨタ クラウンアスリート。8代目の特別仕様車に使用されたアスリートが、単一グレードとして復活した11代目あたりから、クラウンは少しづつ若年ユーザーのほうを向き始めた

 クラウンが少しずつ若年ユーザーの方を向き始めたのは、11代目の17系が誕生したころからだろう。8代目クラウンの特別仕様車に使用されたアスリートが、単一グレードとして復活し、走りの良い、カッコいいクラウンが登場する。

 12代目はゼロクラウンと銘打ち、スタイリングを大幅に刷新した。今の30代前半の人たちが、幼少期に多く見かけた(乗っていた)クラウンであり、近年のクラウンと比較すればコンサバな外観が、若中年層からの支持を集めている。中古車としての人気も高い。

 そして記憶に新しいリボーンを掲げ、人気アニメをオマージュしたCMを流し続けた14代目、そして先代にあたる15代目と、近年のクラウンは若返りを強く意識してきた。しかし、ユーザー層は大きく変化せず、60代以上が半数を占める状態は変わっていない。

 クロスオーバーモデルとなった今回のクラウンは、果たしてどのユーザー層に刺さっているのか、販売現場の様子から紐解いていこう。

■若者に浸透するか? 新型クラウンの今後

JR名古屋駅前のトヨタショールームに展示された新型クラウンクロスオーバー

 クラウンでありクラウンではない、そんな意見も多い今回のクラウン。それでもネームバリューは強く、予約販売の多くは歴代クラウンユーザーだという。

 華々しく発表されたクラウンだが、まだ販売現場に展示車両や試乗車は届いていない。生産日程が後ろ倒しになり、メーカーへの注文も出来ない状況だ。実質的には予約注文となっているクラウンをオーダーしていくのは、「クラウン」という名前に、絶大な信頼を置くユーザーに限られている。

 ワールドプレミア後に東京、そして愛知と、新型クラウンの実車を見ることができる機会は少しずつ増えてきた。ディーラーでは、これまでのクラウンよりも、より実車を見てから購入するという人が増えるのではないかと考えているようだ。

 これまでになく、新しいお客様が多いと語るのは、これまで歴代クラウンを専売してきたトヨタ店の営業マンだった。

 電話やメールでクラウンに対する問い合わせが多く、問い合わせの多くは30代~40代のユーザー層からだという。今のところ、現車を見て、試乗してから決めたいという人が多い。新しいクラウンは、新しいユーザー層にリーチすることに成功しているのではないかと話していた。

 現状はクラウンというネームバリューが強い。しかし、これまでにない4つのボディタイプが揃い、クラウンのイメージが大きく変わりつつある。クラウンに向けられる市場の目が、大きく変わる可能性は高いだろう。

 これまでクラウンを扱ってこなかった販売チャネルでは、他メーカーのユーザーや、自社の若いユーザーがクラウンに興味を示す姿も多いようだ。

 各年齢層に訴求できる商品力は十分に備わったクラウン。若返りを成功させるには、販売側の年齢を意識させない売り方も需要になってくる。実車を見る機会が増える秋口に、販売店が分け隔てなくクラウンを提案し続けられれば、これまでクラウンに興味を示さなかった層が、大きく動きだす可能性は高いだろう。

 散切り頭を叩いてみれば文明開化の音がする。維新となる16代目のクラウンは、クラウン自身はもちろん、ユーザーにも変化を与えてくれる存在になるはずだ。

【画像ギャラリー】若者たちがクラウンの魅力に気付いた!! 16代目新型でトヨタ待望の「クラウン若返り」なるか!?(10枚)画像ギャラリー

最新号

ベストカー最新号

新型セレナ、GT-Rなど! 正常進化する注目車、大々的スクープ!! ベストカー10月26日号

正常進化する注目車、大々的なスクープ特集を目玉に、ベストカー10月26日号は濃い内容となっています。そのスクープは新型セレナをはじめとする日産の5モデルの情報。すでに注目されているホンダZR-Vやスバルクロストレックの新車情報も濃いです! さらに「車格のわりに安いクルマ」特集も読みごたえアリです。

カタログ