トリップメーターはなんでAとBが!? どう使えばいいのよ!!

トリップメーターはなんでAとBが!? どう使えばいいのよ!!

 メーターには製造から現在までの走行距離を占めるオドメーター。そして任意の期間で距離を測定するトリップメーターが存在する。

 しかもその中にはAとBの2つの測定が可能で「満タンにしたら……」あるいは「オイル交換をしたら……」なんて使い分けている人など使い方はさまざま。でもなんでトリップメーターは2つあるのか!?

文/小鮒康一、写真/AdobeStock(トップ画像=kucheruk@AdobeStock)

【画像ギャラリー】液晶が当たり前に!? 未だアナログメーターの現行モデルたちをイッキ見(6枚)画像ギャラリー

■デジタル化で改ざんは難化!! オドメーターは想像以上に重要な数値だ

写真のようなアナログ版は姿を消すことに。2000年代頃から大衆車もデジタルのオドメーターが採用され、より改ざんが難しくなったのだ

 そのクルマが生産されてから現在までの積算走行距離を表示する「オドメーター」は、クルマの状態を把握するひとつの指針ともなっており、その数字が示す意味が思いのほか重い。

 そのため、近年の車両においてはその数値を簡単に変更することが難しいデジタルとし、万が一書き換えがなされてしまったとしても、車両側に積算距離を記憶させておくことで、実際の走行距離を知ることができるようになっているのだ。

 この数値が改ざんされた車両は「メーター改ざん車」として、価値が低くなってしまうほどなのだ。

 その一方で、トリップメーターと呼ばれる数値はユーザーが好きなタイミングでリセットすることができるものとなっており、当然ながらここに表示されている数値は一切クルマの評価にはつながらないものとなっている。ではなぜトリップメーターというものが存在しているのだろうか?

■今や当たり前だけど……トリップメーターが存在しない車種が結構あった

メーターがデジタル式になり、トリップAとトリップBのように2種類の数値を表示できるようになってきた。写真の車のメーターは「TRIP A」を表示している(paylessimages@AdobeStock)

 実はこのトリップメーター、アナログ式のメーター時代には商用車や低グレードなど、コストを抑えたい車種については装着されていないことも珍しくなかった。

 というのも、アナログ式のトリップメーターは当然ながらオドメーターとは別にメーターパネル内に収めなければならないため、オドメーターとトリップメーターという2つの計器を装着するとコストが上がってしまうという理由があったためだ。

 しかし1990年代後半から液晶を用いたデジタル式となったことで、ひとつの表示パネルに切り替え式で複数の情報を表示することが容易に。よって高級車から商用車までほぼ全ての車種がトリップメーターを装備するようになったというワケである。

 そしてデジタル式のオド&トリップメーターが装着されるようになったことで、アナログ時代ではほとんどの車種がオドメーターとトリップメーター1つずつだったところ、トリップメーターに関してはトリップAとトリップBというように2種類の数値を表示できるようになってきた。

 では、この2種類のトリップメーター、どのように活用すべきなのだろうか?

■使い方はキホン自由! オススメの使用方はやっぱ燃費計測か

 前述したようにトリップメーターはユーザーが好きなタイミングでリセットできるため、“このように使ってください”というような明確なルールは存在していない。

 そのため、月の初めにリセットして毎月どのくらい走行しているのかをチェックしてもいいし、目的地までの距離を測定し、到着までにかかった時間と照らし合わせて平均移動速度を求めるために使うというのも面白いかもしれない(もっとも最近の車両は平均時速も表示してくれるものも多いが)。

 ただ、やはり最も多いトリップメーターの使い方と言えば、給油時にリセットして、どのくらいの燃費で走行できたかをチェックすることだろう。クルマにはカタログ燃費というものがあるが、これはあくまで目安であり、実際は走行するルートや速度、乗車人数や荷物の有無などで大きく変わってきてしまう。

 そこで、日常的にトリップメーターをリセットして燃費をチェックしておけば、感覚的に自分の愛車が満タンでどのくらいの距離を走れるのかを掴むことができる。

 そうすれば、“給油は明日でいいかな”や、“明日はちょっと遠出するから今日のうちに給油しておくか”といった判断をつけやすくすることができるのだ。

 最近の車両には燃費計もメーター上に表示される車種が増えているが、自分が普段乗っていて走れる距離や燃費を把握しておくことに越したことはないだろう。

 トリップメーターを使用して燃費を計算するという、この使い方はメーカー側でもある程度想定しているようで、車両によっては給油したタイミングで自動的にトリップメーターをリセットする機能を有しているものもあるほどなのである。

次ページは : ■いまならもっと増やせるけど……2つで十分

最新号

ベストカー最新号

新型セレナ、GT-Rなど! 正常進化する注目車、大々的スクープ!! ベストカー10月26日号

正常進化する注目車、大々的なスクープ特集を目玉に、ベストカー10月26日号は濃い内容となっています。そのスクープは新型セレナをはじめとする日産の5モデルの情報。すでに注目されているホンダZR-Vやスバルクロストレックの新車情報も濃いです! さらに「車格のわりに安いクルマ」特集も読みごたえアリです。

カタログ