「おおむね100万円台の新車」で幸せを感じるべし!! 年収300万円時代のクルマ選び

「おおむね100万円台の新車」で幸せを感じるべし!! 年収300万円時代のクルマ選び

 消費者マインド的な部分で言うと、いまはどちらかというと「クルマなんて買っている場合ではない」のだろうと思う。なにぶん現状に重ねて「今より悪いことが起こったら」的なことを想起させるような出来事が今年は多過ぎる(厳密に言えば、ほんとはそれは今年だけではないのだけれども)。自然と財布のヒモもお堅くなってしまう。企画担当のお財布など、ガッチガチのギッチギチにして、しかも開けたところで何も入っていないという、もはや何が何だか訳のわからないことになっている。

 だが、それでもやはり「今クルマがほしい」という人はいるだろうし、そこにはそれだけの必然があるのだと思う。そんな人のための新車購入オススメ計画。100万円台のクルマでも、“すべて”を求めるのではなく“選択と集中”の精神で臨めば、けっこういい買い物ができるのです!

※本稿は2022年7月のものです
文/伊達軍曹、写真/ベストカー編集部 ほか
初出/ベストカー2022年8月10日号

【画像ギャラリー】手に入れてみたら意外と満足!! 「おおむね100万円台で幸せになれる」新車10選!!(10枚)画像ギャラリー

■100万円台で買う新車 何を求め、何を捨てるべきか??

トヨタ RAV4。まぁSUVを買うなら、こういったやつを買うに越したことはないが……→
→100万円台でイケるスズキ クロスビーでも「SUVの本質」みたいな部分は普通に堪能できるものだ

 最近は長く乗らないうちにクルマを買い換える人も多く、じっくりと探せば中古車の掘り出し物も少なくないが、「それでも……」という人はいるだろう。ここでは、そんな人のための新車購入術を検証する。

 走行性能が高く、運転自体が気持ちよく、居住性も良好で、なおかつデザインに華があって、さらにはブランド力みたいなものも高い─といったニュアンスの「五拍子そろったクルマ」を所有し、それに乗るのは、なんだかんだで素晴らしい経験である。

 だがそういった五拍子系グルマの価格は一般的に安価ではなく(そりゃそうだ)、だいたいは500万円とか、下手をすれば1000万円以上となるのが普通である。

 年収300万円時代を生きる男が無理をして、カップ麺をすすりながら高額車を維持するのもひとつの男道だが、冷静に考えれば、それはやはり無謀な行為。

 何事につけても「身の丈に合った選択」をしたほうが、人間というのは幸せになりやすいものだ。

 年収300万円時代を生きる我々が買うべき新車とは、ズバリ「車両100万円台(くらい)のクルマ」だ。

 それであれば、人によってはキャッシュでサクッと購入できようし、ローンを使う場合でも、左ページにある試算のように「月々3万円くらい」という、さほど無理のない出費で買うことが可能になるのだ。

 だが、そこで問題となるのは「100万円台で買える新車は500万円や1000万円のそれと違って“五拍子”がそろっているわけではない」ということだ。

 多くは5のうち2くらいの資質しか持ち合わせておらず、最悪、「1またはゼロ」なんてこともある。

 この時に重要となるのは、五拍子すなわち「走行性能が高い」「運転が気持ちいい」「居住性がいい」「デザインがいい」「ステイタス性が高い」のうちの“どれ”を、100万円台の新車に求めるかだ。逆に言えば「どれを捨てるか」である。

 考え方は人それぞれだろうが、まぁ「ステイタス性」は真っ先に捨てていいだろう。「居住性」については各位の家庭状況によるだろうし、「デザイン」も、気にする人と無頓着な人がいるため、なんとも言えない。

 だが少なくとも「走行性能が高い」「運転が気持ちいい」という2点だけは“絶対国防圏”として死守すれば、クルマ好きという人種はけっこう幸せになれるもの。

 そしておおむね100万円台のクルマにも、その2点を有しているモデルはけっこう多いのだ。

次ページは : ■たとえばトヨタ ヤリス G 6MT(2WD)をローンで買う場合の支払額は?

最新号

ベストカー最新号

新型セレナ、GT-Rなど! 正常進化する注目車、大々的スクープ!! ベストカー10月26日号

正常進化する注目車、大々的なスクープ特集を目玉に、ベストカー10月26日号は濃い内容となっています。そのスクープは新型セレナをはじめとする日産の5モデルの情報。すでに注目されているホンダZR-Vやスバルクロストレックの新車情報も濃いです! さらに「車格のわりに安いクルマ」特集も読みごたえアリです。

カタログ