2021年12月に生産終了したはずなのにオデッセイがまだ買えるという噂は本当か? オデッセイの代わりに海外版エリシオンの日本発売はあるか?

2021年12月に生産終了したはずなのにオデッセイがまだ買えるという噂は本当か? オデッセイの代わりに海外版エリシオンの日本発売はあるか?

 現行の国内版オデッセイは2021年12月に生産終了と発表された。しかし、その後の登録推移を追うと2022年1月1382台と比較的堅調に売れていたのが2月1039台、3月1259台と1000台ラインを維持していた。その後は4月609台、5月482台、6月238台、そして7月130台と着実に減っている。

 つまり、2021年12月の生産終了から、7カ月あまり経っているのにもかかわらず、ディーラーに在庫車として残って販売され続けている、というわけだ。

 では8月末現在、オデッセイはまだ買えるのか? そしてオデッセイの代わりに、中国なので販売されているエリシオンが日本で販売される噂があるが、本当のところどうなのか、流通ジャーナリストの遠藤徹氏が解説する。

文/遠藤 徹
写真/ベストカーweb編集部、ホンダ

【画像ギャラリー】シン・オデッセイ登場か!? 惜しまれつつ生産終了したホンダ オデッセイと中国専売ミニバン・ホンダ エリシオン(15枚)画像ギャラリー

■2021年末生産終了のホンダ オデッセイがまだ買える!?

2021年12月末に生産終了したホンダ オデッセイ。2022年8月下旬現在で首都圏のホンダカーズ店では完売したところがほとんどのようだ

 現行モデルのオデッセイは、2022年12月いっぱいで生産を終了し、それ以降はメーカーのモータープールや販売店が確保して、在庫一掃セールに入っていたので、販売台数が激減状態になっているのは当然といえる。

 この8月下旬現在で首都圏のホンダカーズ店に在庫状況を聞いてみたが、販売店は売りきった店がほとんどで買えない状況にあるが、地方のディーラーなどを中心に根気よく探せば見つかるかもしれない。

 ホンダは、5月下旬にフルモデルチェンジした新型ステップワゴンの最上級グレードである「プレミアムライン」が実質オデッセイの後継車種(グレード)として、日本のオデッセイの歴史に幕を引かせたい、というのが本音だ。

 ところが多くのホンダカーズ店の営業担当者によると「オデッセイの消滅を惜しむ声は多い。ステップワゴンユーザーにとっても、上級ミニバンの登場を待ち望む声が多い。その旨はメーカーのホンダに伝えられており、2~3年後に復活する可能性がある」といった声が囁かれている。

 ホンダのこれまでのミニバンインラインナップでは最上級のラグジュアリーミニバンではオデッセイのほか、ボックス型の「エリシオン」が存在し、両モデルが販売されていた時代もあった。

 その後、エリシオンはアルファード/ヴェルファイア、エルグランドに差を付けられ、生産中止に追い込まれた。オデッセイも然り、モデル廃止に追い込まれた。トヨタはボックス型のアルファード/ヴェルファイアを継続し、背の低い乗用車タイプミニバンのエスティマを廃止した。

 トヨタが乗用タイプミニバンの市場はもうないと判断し、エスティマを延命させたが(13年)、結局は廃止にしてしまった。それに対し、ホンダは、背の低さがウリだったオデッセイを改め、現行モデルで少し背を高くして、エリシオンとオデッセイのいいところ取りという苦肉の策を取ったが、身を結ぶことはなかった。

■中国版エリシオンが日本で「オデッセイ」として販売する可能性

東風本田汽車が販売しているエリシオン

 こうなるとホンダがラグジュアリーミニバンを復活させる場合、オデッセイではなくエリシオンという手もある。現にエリシオンは中国で販売を継続しているので、これをベースにした日本市場向けが登場する可能性もある。

 この中国版エリシオンは、東風汽車とホンダの合弁会社である東風本田汽車が販売しているもので、2021年12月にマイナーチェンジし、日本版オデッセイとよく似た六角形グリルを採用。

 ボディサイズは、日本版オデッセイが全長4855×全幅1820×全高1695mm、ホイールベース2900mm、それに対し、中国版エリシオンは全長4940×全幅1845×全高1710mm、ホイールベースが2900mm。ボディサイズが大きすぎるという懸念があるが、現行アルファードが全長4945~4950×全幅1850×全高1935~1950mm、ホイールベースが3000mmということを考えると、それほどでもない。

 旧知のホンダ幹部によると「復活するとすればエリシオンではなくオデッセイのネーミングのほうが有力だ」と断言する。エリシオンは成功体験がなく、オデッセイは初代モデルのように爆発的なヒットを実現し、ネームバリューが確立しているからである。

 ただ現時点でのマーケットニーズはトヨタのアルファード/ヴェルファイアのように背の高いボックス型のラグジュアリーミニバンのほうが明らかに存在価値はある。

 ホンダにとってはトヨタと同じようにしてボックス型のエリシオンを復活させるとすれば、2023年5月頃に登場予定の新型アルファードとぶつかることになり、成功の確率は低くなってしまう恐れがある。

 そこで構想として浮かび上がってきそうなのが「ボックス型に近い仕立ての中国版エリシオンに、オデッセイのネーミングを付ける」ことだ。

 もう一つの課題はパワーユニットである。オデッセイとステップワゴンはメインが同じ2リッターターボハイブリッドであり、マーケットニーズがダブっている。従来のようにガソリンNAの2リッターと2.4リッターハイブリッドで分けるわけにはいかない。

 いずれガソリンNAは廃止となる運命にあるからだ。理想的にはトヨタのように2.5リッターハイブリッドや2.4ターボハイブリッドでミディアムクラスとのコンセプト分けを明確にすれば定着の確率はぐんと高くなる。

 しかしながらオデッセイはステップワゴンのように2リッターで対応しないと生産や販売コストは合わないことになる。技術的には3.5リッターハイブリッドを持っているがコスト高で売り物にならないということになる。

 今回ホンダ関係者に取材してみてわかったのは、オデッセイの廃止を惜しむ声が多く、ホンダ関係者の間でも次期オデッセイを考えている、ということがわかった。アルファード一強の時代が変わる日が来るかもしれない……。

次ページは : ■証言:首都圏ホンダカーズ店営業関係者

最新号

ベストカー最新号

新型セレナ、GT-Rなど! 正常進化する注目車、大々的スクープ!! ベストカー10月26日号

正常進化する注目車、大々的なスクープ特集を目玉に、ベストカー10月26日号は濃い内容となっています。そのスクープは新型セレナをはじめとする日産の5モデルの情報。すでに注目されているホンダZR-Vやスバルクロストレックの新車情報も濃いです! さらに「車格のわりに安いクルマ」特集も読みごたえアリです。

カタログ