暑さの残る秋に要注意 高温多湿な車内まじヤバい! 意外に忘れてるクルマのダニ対策 やったほうがいい?

■ダニ目視キットを車内に置いたら……

 筆者は仕事柄、クルマで遠方に取材に行くこともあり、また家族でキャンプや車中泊をしてきたが、自宅はもちろん車内でもダニに刺されたという記憶はない。もちろんダニのアレルギーもないので、これまでダニに悩まされた、という経験はない。

 したがって車内にダニがいる、という意識はないのだがまったくいないのか、それともある程度はいても生活に影響がないだけなのかは分からない。そこでダニ目視キットを使って、ダニが車内にいるか検証してみた。

ダニ目視キットの内容。15倍に拡大して見れるルーペやスマホ用のマクロレンズ、写り込みを防ぐ板なども揃っていて、素人でもダニをチェックしやすい 。価格はAmazonで935円
ダニ目視キットの内容。15倍に拡大して見れるルーペやスマホ用のマクロレンズ、写り込みを防ぐ板なども揃っていて、素人でもダニをチェックしやすい 。価格はAmazonで935円

 これはダニを引き寄せる誘引剤が塗られたマットを透明なプラスチックのカバーで覆い、隙間から侵入してくるダニを粘着シートでキャッチして保持、カバーの上からルーペやスマホでダニの有無を確認できる、というもの。

 撮影用にスマホを乗せるための台(紙製)や、写り込みを防止して目視キットのマットを見やすくするための忍者レフ板、スマホカメラに取り付けるマクロレンズもセットされており、ダニの有無をAIが判定してくれるスマホアプリもダウンロードできるなど、

 もちろんこれらはクルマ用ではなく一般家庭用なのだが、クルマ用のダニ退治用品など存在しないし、温度環境が家庭よりも幅広いくらいで、クルマに使えないということはなさそうだ。

 ダニは暗いところを好むというので、目視キットをフロアカーペットの上に置いて、上から黒い不織布を被せて光を遮ってみた。

ダニが潜んでいそうな助手席の足元(食べかすが落ちている可能性大)にダニ目視キットを設置した。1週間置いてもダニは見つからなかったため、その後シート下へと移してさらに2週間置いてみた
ダニが潜んでいそうな助手席の足元(食べかすが落ちている可能性大)にダニ目視キットを設置した。1週間置いてもダニは見つからなかったため、その後シート下へと移してさらに2週間置いてみた

 最初は助手席の足元付近に置いて1週間様子を見たのだが、ダニを発見することができなかった。そこで続いてシートの下に目視キット本体を設置、そのまま2週間置いておいたところ…ようやくダニを発見。スマホアプリによるAI判定でも最大4匹を捕獲していた。

スマホアプリの「ダニAI判定」は、ダニ目視キットを購入すると無料でダウンロードできる。画面を目視キット本体に合わせて撮影すると、4匹のダニがいると判定された
スマホアプリの「ダニAI判定」は、ダニ目視キットを購入すると無料でダウンロードできる。画面を目視キット本体に合わせて撮影すると、4匹のダニがいると判定された
ダニ目視キットで確認できたダニ。形状からツメダニと思われる。ツメダニだけが単独で存在することはないようなので、他のダニもいると思っていい
ダニ目視キットで確認できたダニ。形状からツメダニと思われる。ツメダニだけが単独で存在することはないようなので、他のダニもいると思っていい
ツメダニは0.3~1.0mm。名前の通り、爪をもち、カーペットやクルマのフロアマットなどの繊維に潜んでいるという(Adobe Stock@KPixMining)<br>
ツメダニは0.3~1.0mm。名前の通り、爪をもち、カーペットやクルマのフロアマットなどの繊維に潜んでいるという(Adobe Stock@KPixMining)

 スマホのカメラをズームにしてさらにルーペを使って拡大してみたところ、ダニの種類を判別することまでできた。どうやら筆者のクルマにいるのはツメダニのようだ。

 このツメダニは、さらに小さいコナダニの捕食者なので、もっと時間をかけて探せばコナダニも見つかる可能性は高い。やはり車内で飲食した際にこぼれたカスなどでコナダニが発生し、ツメダニも現れたと考えるのが正しい推察だろう。

 ダニの数が少ないのは、このダニ目視キットを設置した2日後に、クルマで外出し、炎天下の駐車場に半日置いていたことも影響していそうだ。しかしそれは逆に考えれば「炎天下の車内でもダニは生き残る」ということを証明しているとも言える。

 ダニは通常50~60度の気温で死滅すると言われている。布団乾燥機などの温風でダニを死滅させる機能があるのも、こうしたダニの特性を利用したものだ。冒頭の「車内にはダニはいない」という説は、こうした環境から生まれたものだが、正しくはなかった。

次ページは : ■ダニを根絶することは不可能、ならばどうする?

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

新型MR2の確定情報、入電! ポルシェ911ダカール、クラウン”ランドスケープ”など激アツ車種勢ぞろい【ベストカー8月10日号】

新型MR2の確定情報、入電! ポルシェ911ダカール、クラウン”ランドスケープ”など激アツ車種勢ぞろい【ベストカー8月10日号】

SCOOP班も驚き! MR2とセリカに新情報が続々! SUV選びに悩む人もこの一冊を読めばすべて解決!? 酷暑を吹っ飛ばすほどのニューカー情報盛りだくさんです!