エクストレイル参戦で更なる最激戦区へ 戦力図はどうなる!? 国産ミドルクラスSUV5番勝負

エクストレイル参戦で更なる最激戦区へ 戦力図はどうなる!? 国産ミドルクラスSUV5番勝負

 人気モデルの新型日産エクストレイルが待望のデビューを果たした。最激戦区 ミドルクラスSUVの勢力争いが風雲急を告げられるのは必至。どこよりも早くエクストレイルをライバル5台と直接対決させた!

●ラインナップ
・エクストレイルvsハリアー
・エクストレイルvsCX-60
・エクストレイルvsRAV4
・エクストレイルvsフォレスター
・エクストレイルvsアウトランダーPHEV


※本稿は2022年7月のものです
文/松田秀士、写真/ベストカー編集部 ほか
初出:『ベストカー』2022年8月26日号

【画像ギャラリー】どれのモデルも魅力的が過ぎる!! 新型エクストレイルとそのライバル車5台をギャラリーでチェック(25枚)画像ギャラリー

■日産 エクストレイル vs トヨタ ハリアー

ハリアーのハイブリッド4WDはリアをモーターで駆動。高速域でもレスポンスに優れているが……

●プレミアムSUV対決

 エクステリア/インテリアの質感を含めてエクストレイルのほうが都会的で斬新だ。

 こちらは後出しじゃんけんの強みだろう。ただドアの開閉時の音質はハリアーのほうが高級感がある。

 MクラスプレミアムSUVとして、エクストレイルはこのあたりの磨きが足りない。

 VCターボでパワーアップしたe-POWERのパフォーマンスは明らか。アクセルオンでいきなり立ち上がるトルクによる発進加速はエクストレイルが心地いい。

 気になるのはハンドリング。ハリアーはトヨタらしい間口の広い安心感を優先したもの。

 対してエクストレイルは4WDのリアモーターを積極的に使い、同時に4輪個別にブレーキをかけてより曲がりやすくしたり、逆に安定させたりと、ハンドリングにスポーツ性をプラスした乗り味だ。

 特にオーテックバージョンは3列シートを持ち、20インチホイール&タイヤを装着して多用途性とラグジュアリー感を演出。

 20インチは、ただホイール&タイヤを変えただけでサスペンションはベースモデルと共通とのこと。タイヤを変えただけでハンドリングの上質化に驚く。

【結論!】スポーツ性の高さならエクストレイルに軍配!

■日産 エクストレイル vs マツダ CX-60

マツダ CX-60。FRベースの4WDならではの素直なハンドリング

●「定番」対「新興」対決

 CX-60はエンジン縦置きのFR用プラットフォームを新設計。これを4WD化。

 直6ディーゼル&マイルドハイブリッド、直4ガソリン&プラグインハイブリッドをラインナップ。最近のマツダの嗜好性からかなり高級感がある。室内静粛性はエクストレイル以上だろう。

 ただしインテリアのデザイン及び使い勝手はエクストレイルだ。

 9.3インチの大型センターディスプレイ&メーターパネルに対してCX-60のそれは横長でタッチ操作を基本としていない。全体がシックなインテリアデザインだ。

 では走りは? というと、エクストレイルが前後モーターの電気的4WD制御とブレーキベクタリングでアジリティにあふれるハンドリングを目指したのに対して、CX-60はクラッチレスの8速ATとオーソドックスな4WDの組み合わせ。

 ただしサスペンション設計には相当なこだわりを持ち、縦置きの前後荷重配分とサスペンションジオメトリーでコーナリング速度を上げている。

 ジェントルに走りたければCX-60。ドライビングそのものを楽しみたければエクストレイルだね。

【結論!】ジェントルに走るならCX-60だ!

■日産 エクストレイル vs トヨタ RAV4

●タフSUV対決 その1

RAV4はタフさが魅力だが、インテリアは落ち着いた雰囲気を醸し出す。操作性を重視したデザイン

 RAV4はTNGA GA-Kプラットフォームを採用。つまり、モノコック構造でJeepなどの本格SUVの必須とも言えるラダーフレームではない。

 しかしRAV4は高いオフロード性能によって大人気。でも、みんなそんなにオフロード走るの? と揶揄されるかもしれないが、本格的なオフロード性能を持つクルマをオンロードで走らせることで心が満たされるわけで、これらを含めてファッションなのだ。

 このファッション性は重要で、でなきゃ燃費が決してよくないSUVがこれほど売れるはずがない。

 さてRAV4はエンジン横置きのFFベース4WDで、ハイブリッドとPHVはリアモーター駆動。特筆なのがガソリンモデル4WDにダイナミックトルクベクタリングAWDなるシステムがあること。これがなかなか凄くて後輪の左右トルク配分を0~50で連続可変する。コレ、オフロードでかなり効果を発揮する。

 エクストレイルのe-4ORCEでオフロードを走る機会はまだないが、オンロードでのコントロール性のよさから考えてもオフロードでもかなりのポテンシャルがあるのは間違いない。

【結論!】本格オフローダー的なRAV4の壁は高い!?(判断保留)

次ページは : ■日産 エクストレイル vs スバル フォレスター

最新号

ベストカー最新号

新型セレナ、GT-Rなど! 正常進化する注目車、大々的スクープ!! ベストカー10月26日号

正常進化する注目車、大々的なスクープ特集を目玉に、ベストカー10月26日号は濃い内容となっています。そのスクープは新型セレナをはじめとする日産の5モデルの情報。すでに注目されているホンダZR-Vやスバルクロストレックの新車情報も濃いです! さらに「車格のわりに安いクルマ」特集も読みごたえアリです。

カタログ