デカすぎミニバンに物申す!! 5ナンバーサイズがやっぱりいい!

デカすぎミニバンに物申す!! 5ナンバーサイズのミニバンがやっぱりいい!

 日本の駐車場の1台当たりのスペースは平均的に幅が2.3m~2.5m×長さが5.0~6.0m。日本の道路の車幅は一般国道、高速道路ともに3.5m程度。これは昔から変わらない。にもかかわらず、クルマはどんどんデカくなっている。手に汗握りながら駐車を行っている、トラックが横に走っているとドキドキしながらハンドルを握っているという人も多いはず。

 そんななか、先日フルモデルチェンジを果たしたシエンタは5ナンバーサイズをキープ。クルマが膨張の一途をたどり、ノア/ヴォクシー、ステップワゴンも全車3ナンバーになってしまうなど、5ナンバーサイズボディのクルマが激減するなか、5ナンバーのボディサイズはそのままにフルモデルチェンジを果たしたシエンタの存在感は大きい! 

 ミニバンが肥大化している現状を踏まえ、今回はボディサイズと居住性の両立に焦点を当て、デカいミニバン全盛期にあえて再評価したい5ナンバーサイズミニバンを検証してみたい。

文/藤原鉄二、写真/スズキ、トヨタ、日産、ホンダ

【画像ギャラリー】日本を走るなら5ナンバーサイズがベストマッチ!?(19枚)画像ギャラリー

狭さ感ゼロ! シートアレンジの豊富さは随一!! 「日産 セレナ」

デカすぎミニバンに物申す!! 5ナンバーサイズのミニバンがやっぱりいい!
価格も257万6200円~、e-POWER搭載車でもXなら299万7500円と、消費税込みでも300万円以内でも購入できるグレードも多いところも魅力だ

 セレナは、1991年、バネットコーチのフルモデルチェンジにあわせてデビュー。当時は「バネットセレナ」という名で販売された。それ以来、1BOXタイプのミニバンとして安定した人気を維持し続ける日産の主力車種のひとつ。

 5代目となる現行モデルは2016年に登場。日産の誇る運転支援機能プロパイロットをいち早く搭載するなど、鳴り物入りでの登場となった。基本は5ナンバーボディのラインナップとなるが、エアロパーツを装着したハイウェイスターのみが5ナンバーの規格を超えているため3ナンバーとなっている。

 セレナのウリはなんといっても、全高1.8m以上の1.5~2.0リッタークラス8人乗りミニバンNo.1の広さとシートアレンジの豊富さ。グレードによって仕様は異なるが、1-2-3列ウォークスルーモード、2列+荷物モード、スーパーカーゴモード、カーゴモード、自転車載せモード、3列ゆったりモード、6人旅モード、2列スーパーリラックスモード、ベビーケアモード、2列横スライドウォークインモード、3列目テーブルモード、2-3列フルフラットモードなどなど、とにかくシートアレンジのバリエーションの豊富さはミニバン随一! 

 特にセレナをお薦めしたいのは、アウトドアレジャーなどを楽しむ人。車中泊などが快適に楽しめる装備やモデルが用意されているからだ。なかでも、オーテックが手掛けるXV、e-POWER XVをベースにした車中泊仕様車シリーズの「セレナ マルチベッド」は特にお薦め。大人でもゆったり寝ることができる奥行2150mm、幅1310mmのベッドが装備されているほか、防水シートも標準装備となっている。

 プロパイロットは一部グレードでオプション設定となっているが、360°セーフティアシスト(全方位運転支援システム)が全車標準装備されるなど、安全装備の面も合格点で、お得感は高い。

 唯一の欠点は1865mmと車高が高いため、立体駐車場では難ありのことが多い点か……。

5ナンバーが”ちょうどいい”と納得できる!「ホンダ フリード

デカすぎミニバンに物申す!! 5ナンバーサイズのミニバンがやっぱりいい!
フリードは227万5900円~327万8000円、フリード+は236万9400円~308万4400円。フリードが3列シート、フリードプラスが2列シート仕様となっている。写真はフリードハイブリッドG

 モビリオの後継車として2008年のデビューしたフリード。現行モデルは2016年9月にフルモデルチェンジした2代目となるが、2021年6月末で累計販売台数が100万台を突破するという破竹の勢いで売れ続けている5ナンバーサイズのミニバンのトップランナー。

 「ちょうどいいホンダ」というキャッチフレーズどおり、いろいろな部分がホントにちょうどいいのがホンダ フリードの良さ。コンパクトなボディサイズながら、大人でもゆったり座れる3列目シートを備えるなど、3ナンバーサイズのミニバンに勝るとも劣らない広々とした室内空間はちょうどいい以上! 

 2列目シートが個別にゆったり座りたい人のためのキャプテンシートと、スペースを有効活用できる長椅子スタイルのベンチシートのいずれかを選択できることも嬉しいポイント。また、さらにゆったり座れる2列シート仕様(フリードプラス)もラインナップ。

 おまけに、先進の安全装備「ホンダセンシング」が全車に標準装備! 廉価グレードでも衝突軽減ブレーキ(CMBS)、歩行者事故低減ステアリング、ACC(アダプティブクルーズコントロール)、LKAS(車線維持支援システム)、路外逸脱抑制機能、誤発進抑制機能、先行車発進お知らせ機能、標識認識機能、後方誤発進抑制機能が搭載されているというのは超嬉しい。

 5ナンバーサイズというボディサイズもさることながら、安全装備の充実ぶりもフリードのお得感を高めるポイント。フリードに乗ると「5ナンバーでちょうどいいじゃん」と納得してしまうはず。

次ページは : コスパの良さはダントツ!「スズキ ソリオ」

最新号

ベストカー最新号

新型セレナ、GT-Rなど! 正常進化する注目車、大々的スクープ!! ベストカー10月26日号

正常進化する注目車、大々的なスクープ特集を目玉に、ベストカー10月26日号は濃い内容となっています。そのスクープは新型セレナをはじめとする日産の5モデルの情報。すでに注目されているホンダZR-Vやスバルクロストレックの新車情報も濃いです! さらに「車格のわりに安いクルマ」特集も読みごたえアリです。

カタログ