親切心が仇になる!? トラブルを招く4つの運転マナー

親切心が仇になる!? トラブルを招く4つの運転マナー

 よかれと思ってやったはずなのに相手には不快感を与えてしまった……。そんな経験はしたことはないだろうか? これはクルマを運転しているなかでも起こりがち。マナーを守るつもりで行った行為も相手は不快きわまりない行為と感じてしまう場合もある。その結果、大きなトラブルに発展する恐れも。

 ここでは、トラブルや交通事故の原因になりかねない、4つの運転マナーを検証していきたい。

文/斎藤由紀子、写真/写真AC、イラストAC

【画像ギャラリー】万人が嬉しいとは限らない、危ない運転マナーに気を付けよう(8枚)画像ギャラリー

クラクションの音は不快指数100%の爆音!

親切心が仇になる!? トラブルを招く4つの運転マナー
クラクションの音はなんと、救急車のサイレンよりデカい!! 乱用することは騒音をまき散らす迷惑行為にほかならないのだ

■救急車のサイレンより大音量!?
 クラクションの使い方に関しては耳タコという人も多いかもしれないが、それほどクラクションが原因のトラブルが多いということだ。事実、クラクションが引き金となった殺人事件も数多く発生している。

 保安基準でクラクションの音は112デシベル以下87デシベル以上と定められているが、112デシベルとは電車が通る時のガード下の音くらいの大きさで会話を成立させるのはほぼ不可能とされている大きさ。救急車のサイレンでさえ80デシベルだ。

 クラクション(警音器)はその名のとおり警告音を鳴らすための装備なので大音量であることは仕方がないが、それだけの大音量を発する装備を乱用すればおのずとトラブルの種になることは想像に難くないはずだ。

 たとえお礼のクラクションであっても、周囲の人たちを不快にさせたり驚かせたりする可能性がある。また、周囲に子どもや足腰が弱った高齢者などがいた場合、驚いて転倒させたりする危険もはらんでいることは心しておこう。

■お礼であっても法律違反
 クラクションは基本的には事故を防ぐために鳴らすもので、鳴らしていいシチュエーションは法的にかなり限定されている。

 道路交通法第54条では「車両等の運転者は、法令の規定により警音器を鳴らさなければならないこととされている場合を除き、警音器を鳴らしてはならない。 ただし、危険を防止するためやむを得ないときは、この限りでない」とされている。

 つまり、お礼の意味でクラクションを鳴らすのは法律違反なのだ。警音器使用制限違反とみなされると3000円の反則金が科せられる。

 不要なトラブルを回避するためには、クラクションは使用せず、軽く会釈をする、手をあげるなどの方法でお礼をすることが賢明だ。

親切心パッシングにはメリットよりデメリットが多い

親切心が仇になる!? トラブルを招く4つの運転マナー
たとえ他車に行ったパッシングであっても、他のクルマが挑発されたと勘違いすることも考えられる。パッシングの使用は極力控えることが賢明

■パッシングで道を譲るという親切心が事故を誘発!?
 パッシングもクラクション同様、相手を不快にさせるリスクが高い行為。道を譲るつもりだったり、譲ってもらったお礼にパッシングをしたつもりが挑発行為と勘違いされ、あおり運転の被害者になってしまったという事例は決して少なくないのだ。

 また、パッシングの場合は他にも危険なシチュエーションを生み出す恐れがある。例えば、交差点の右折待ちをしている対向車が「お先にどうぞ」パッシングをされることで、その対向車以外の状況の確認がおろそかになり、事故を誘発することも考えられる。道を譲ってくれている対向車を追い越してバイクや自転車が突っ込んできたりする恐れもあるからだ。それで事故が発生したら、あなたは「余計なお世話」をしてしまったということになってしまう……。

■「お先にどうぞ」は全国共通ではない
 道を譲る際に行うパッシングが「お先にどうぞ」ではなく、「お先に行きますよ」と、自分が止まらず走り続けるつもりであることを知らせるという真逆の意味を持つ地域もある。

 もしあなたがそういった地域を走っていてパッシングをされ、道を譲られたと思い込んで右折をした場合は追突事故が発生する危険もある。逆に、道を譲ったつもりなのに「こっちが優先だろ!!」と激怒されることもあり得るのだ。

 ただしクラクションとは異なり、パッシングを規制する法律は存在しないものの、執拗にパッシングをした場合はあおり運転=妨害運転とみなされる可能性がある。警察のホームページなどでもパッシングがドライバー同士のコミュニケーションツールとして浸透していることは認識したうえで、パッシングの使用にはリスクも伴うため、使い方には注意が必要としている。

 対向車が道を譲ってくれたので感謝の意を示すためのパッシング自体は法的に問題がないとはいえ、パッシングという行為に良いイメージを持っていない人が多いことも事実。そのため、周囲が明るい時は軽く手をあげて謝意を示したり、ジェスチャーで道を譲ることを示すほうがトラブルに巻き込まれるリスクが減らせる。

次ページは : 無灯火走行の危険も…停車中のライトオフ

最新号

ベストカー最新号

新型セレナ、GT-Rなど! 正常進化する注目車、大々的スクープ!! ベストカー10月26日号

正常進化する注目車、大々的なスクープ特集を目玉に、ベストカー10月26日号は濃い内容となっています。そのスクープは新型セレナをはじめとする日産の5モデルの情報。すでに注目されているホンダZR-Vやスバルクロストレックの新車情報も濃いです! さらに「車格のわりに安いクルマ」特集も読みごたえアリです。

カタログ