絶滅間近!! クルマ好きが愛するFR車が減少して…と思ったら復活の可能性大? なんで???

絶滅間近!! クルマ好きが愛するFR車が減少して…と思ったら復活の可能性大? なんで???

 新型「クラウン」が全車(FFベースの)4WDとなり、代表的なFR車がまたひとつ消えていきました。「フェアレディZ」や「スープラ」、「GR86/BRZ」など一部のスポーツモデルに、まだFR車は生き残っていますが、市場はFF車が主流となっています。

 もはや絶滅が危惧されるFR車。はたしてFR車は消滅してしまうのでしょうか、BEV化によっても、その流れは違ってくるのでしょうか。

文:Mr.ソラン、エムスリープロダクション
写真:TOYOTA、NISSAN、SUBARU、MAZDA

【画像ギャラリー】クラウンも捨てた!! 「FR」は絶滅するのか!?? 貴重な国産FR車たち(38枚)画像ギャラリー

軽快なハンドリングやスポーティな走りが特徴のFR車

 FR(フロントエンジン・リアドライブ)車は、ボンネット内にエンジンとトランスミッションを縦置きして、車室下の中央を縦貫するプロペラシャフトを介してリアのデファレンシャルギアに動力を伝えて、後輪を駆動させるクルマのこと。「前輪は操舵、後輪は駆動」というように、役割が分担されるのが特徴です。

 重いエンジンやトランスミッション、プロペラシャフト、デファレンシャルギアがクルマの前後に分散しているため、FF車に比べると前後の重量バランスは均等に近づきます。

 また前輪は、操舵だけを受け持つので、FF車のように駆動によって起こる振動はハンドルに伝わらず、スムーズなハンドル操作が可能です。また、縦置きパワートレインのおかげで、サイドメンバー(フロント側に伸びる2本の梁)の幅を調整しやすく、エンジンルームのスペースに余裕ができるので大排気量エンジンが搭載しやすいこと、タイヤ切れ角が確保しやすく小回り性能がよいこともあります(※ただし昨今のFR車では、幅の太いタイヤを履かせることが多いため、小回りが苦手なFR車もあります)。

 さらには加速時には後輪が地面に押し付けられるので、トラクション性能にも優れる、といったメリットがあります。

 一方デメリットは、縦置きトランスミッションとプロペラシャフトによって室内空間が犠牲になること、路面状況が悪い悪路や雪路などでは、後輪がスリップして横滑りしやすいことが挙げられます。また、長く重いプロペラシャフトや後軸にデフが必要となるためコストがかかり、さらには重量増加によって、燃費が悪化するという特徴もあります。

代表的な高性能FRスポーツの日産新型「フェアレディZ」。3.0L V6ターボ(VR30DDTT)エンジンを搭載し、最高出力405PS/6400rpm、最大トルク475Nm/1600-5600rpmを発揮

車室空間の広さや低燃費、低コストなど実用面で優れるFF車

 FF(フロントエンジン・フロントドライブ)車の最大の特徴は、前輪が駆動力と操舵の両方を担っていることです。そのため、エンジンとトランスミッション、デフなどがエンジンルームに集約でき、またFR車のようにプロペラシャフトを室内下に通す必要がないので広い室内空間が確保できます。

 また、前輪でクルマを引っ張るようにして走行するので直進性に優れ、駆動輪である前輪にかかる荷重が大きいためにグリップ力が強く、悪路や雪路でも滑りにくいという特性があります。さらに、FRに対して部品点数が少ないので、コストがかからず、燃費に優れます。

 一方デメリットは、エンジンを横置きに搭載するのでエンジンルームの左右方向の余裕がないため、大排気量エンジンのクルマだと、車幅を広く作る必要があること(最小回転半径も大きくなりがち)。また急加速時には、クルマは後ろ側が沈み込み前側が浮くので、トラクションが弱まって加速が鈍くなり、旋回時には重い前軸に強い遠心力が働き、クルマが外に膨らむアンダーステアになりやすいという特性があります。

次ページは : 「走りを楽しむ」クルマから、「家族が楽しめる」クルマへ

最新号

ベストカー最新号

新型セレナ、GT-Rなど! 正常進化する注目車、大々的スクープ!! ベストカー10月26日号

正常進化する注目車、大々的なスクープ特集を目玉に、ベストカー10月26日号は濃い内容となっています。そのスクープは新型セレナをはじめとする日産の5モデルの情報。すでに注目されているホンダZR-Vやスバルクロストレックの新車情報も濃いです! さらに「車格のわりに安いクルマ」特集も読みごたえアリです。

カタログ