楽しさ倍増! スズキ・スペーシア ベースはクルマもいいがオプション装備もすごい!


 アウトドアやテレワークなどと結びついて、商用ユーザー以外からも熱い注目を集める商用軽自動車。ホンダN-VANやススキ・エブリイ、ダイハツ・アトレーといった既存モデルも人気だが、この9月にスズキが投入したスペーシア ベースは、一般ユーザーの使用を想定した工夫が満載されており、ヒットの予感がぷんぷんする。

 そのヒットを後押ししそうなのが、充実したオプション装備だ。ホームページを見てみても「これは欲しい!」と思えるアイテムがたくさん見つかり、実に楽しい。そこでここでは、スペーシア ベースが気になっている人に向けて、ぜひ検討すべき必須オプションを紹介しよう。

文/ベストカーWeb編集部、写真/スズキ

【画像ギャラリー】まだまだあるぜ! スズキ・スペーシア ベースの素敵なアイテムたち(31枚)画像ギャラリー

その1:1500Wが車内に引き込める外部電源ユニット(4万8950円)

これを付ければ魅力倍増! スズキ・スペーシア ベースはクルマもいいがオプション装備もすごい!
外部電源ユニットの概念イラスト

 スペーシア ベースは、後席と荷室を組み合わせてリモートワーク環境が構築できたりするが、パソコン仕事や車中泊に欠かせない電源確保に役立つのが、この外部電源ユニットだ。このオプションは自宅のコンセントや発電機から最大1500Wの電力を車内に引き込むもので、リアバンパーへの電源取り込み口と車内のコンセント設置がセットとなる(5mの外部電源ケーブルも付属)。

 これさえあれば、車内の環境はガラリと変わる。とにかく1500Wの容量だから、スマホやPCはもちろん、照明やテレビ、電子レンジも500Wならいけそうだ(※電子レンジは定格電力以上の電力を使うので注意)。まさに「動く1LDK」。オートキャンプなどに出かけても楽しい夜が過ごせそうだ。

その2:作業エリアが広がるカーテン&タープキット(3万1350円)

これを付ければ魅力倍増! スズキ・スペーシア ベースはクルマもいいがオプション装備もすごい!
カーテン&タープキット(バックドアネットと外部電源ユニットも併用)

 アウトドア派に欠かせないのが、カーテン&タープキットだ。これは跳ね上げた荷室のリアハッチを利用して居住スペースを拡張するアイテムで、雨天の際などにも強い味方になる。タープの下にはコンパクトなテーブルと椅子程度なら置けるから、車内ではできないバーナー調理なども楽しめる。タープ内を外から遮るインナーも付属するから、ちょっとした着替えなどに役立つはずだ。1年間2万kmの保証が付いている点も純正オプションならではだ。

その3:プライベート空間が作れるカータープ(3万9600円)

これを付ければ魅力倍増! スズキ・スペーシア ベースはクルマもいいがオプション装備もすごい!
カータープ(バックドアネット併用)

 上で紹介したカーテン&タープキットと似たアイテムがこれ。湾曲した2本のポールを利用したカータープで、ポールの片側を吸盤で車体に固定してスペースを作る。カーテン&タープキットと異なるのは設営場所がフレキシブルなこと。リアハッチやボディサイドなど、吸盤さえ使えればいろいろなところがタープエリアとして利用できる。こちらも1年2万kmの保証付き。

 外部から比較的見えにくい空間が作れるので、タープ内がよりプライベート的に使える。日差しを避けたい女性や小さな子供たちにも喜ばれるだろう。

その4:ラゲッジ開口部をふさぐバックドアネット(1万6500円)

これを付ければ魅力倍増! スズキ・スペーシア ベースはクルマもいいがオプション装備もすごい!
カータープと併用したバックドアネット(外部電源ユニット接続中)

 車内はとかく暗く、暑くなりがち。そんなとき、これがあればリアハッチを開けて換気を行いつつ、最低限のプライバシーも確保できる。マルチボードを机にしてテレワークなんて場合には目の前に外の景色が見えて快適そう。ちなみにメッシュ素材だが、上部にすき間があるので虫よけにはならない点は残念。

次ページは : その5:収納を助けるベースラック+カーゴラックアタッチメント(2万2660円+5万8575円)

最新号

ベストカー最新号

新型セレナ、GT-Rなど! 正常進化する注目車、大々的スクープ!! ベストカー10月26日号

正常進化する注目車、大々的なスクープ特集を目玉に、ベストカー10月26日号は濃い内容となっています。そのスクープは新型セレナをはじめとする日産の5モデルの情報。すでに注目されているホンダZR-Vやスバルクロストレックの新車情報も濃いです! さらに「車格のわりに安いクルマ」特集も読みごたえアリです。

カタログ