高速では必須装備なのに!! なぜ三角表示板は標準装備にならないのか問題

事故ったとき無いと違反なのよね!? なんで三角板は標準装備じゃないの!?

 運悪く交通事故を起こしてしまった際に、後続車にトラブルを伝えるため。そして自らの安全を守るために使用する三角表示板。もしこの行為を怠ると違反となってしまうのだが、実は今はオプションであるケースがほとんど。

 にもかかわらず、高速道路だと携行義務となっており、これまた不思議。なんで三角表示板は標準装備じゃないのか!? いい加減つければいいのに!!

文/小鮒康一、写真/AdobeStock(トップ画像=mpix-foto@AdobeStock)

【画像ギャラリー】昔のベンツは超合理的!? そのワケがコレ(6枚)画像ギャラリー

■三角停止板なけりゃ罰則も! トラブル時の盲点とは!?

やむを得ず公道上に停止する際、三角停止板を掲示しなければならないのだが、ほとんどの車種には標準搭載されていない(Bernd Leitner@AdobeStock)

 事故が発生してしまったときや車両トラブルでやむを得ず公道上に停止する際、掲示しなければならない三角停止板(三角表示板や停止表示板とも言う)。夜間や見渡しの良くない場所では二次被害を誘発させる可能性も高いため、マストで用意しておきたいものだ。

 また高速道路上でやむを得ず停止する際は、道路交通法第七十五条の十一に

 「自動車の運転者は、故障その他の理由により本線車道若しくはこれに接する加速車線、減速車線若しくは登坂車線(以下「本線車道等」という)またはこれらに接する路肩若しくは路側帯において当該自動車を運転することができなくなったときは、政令で定めるところにより、当該自動車が故障その他の理由により停止しているものであることを表示しなければならない」

 と記されており、三角停止版を表示する義務があるとされている。

 この義務に違反した場合は「故障車両表示義務違反」となり、普通車の場合、点数は1点、反則金は6千円が課せられるれっきとした道路交通法違反となってしまうのだ。

 そんな重要なものであれば、新車時に最初から搭載しておいてくれればいいものの、実はほとんどの車種で三角停止板が標準搭載されているケースはないのである。これは一体どういうことなのだろうか?

■三角表示板は搭載しなくてもイイ!? そのワケは納得の理由だった

事故や故障などで停止してしまった際に「表示」の義務はあるが「搭載」の義務はなく、不携帯であろうと車検には問題なくパスできる(Aleksandr@AdobeStock)

 実はこの三角停止板、前述したように事故や故障などで停止してしまった際に表示する義務はあるのだが、車両に搭載しなければならないという義務はないのである。

 なんだかややこしい話に感じるが、事故や故障などによって路上で停止することさえなければ、車内に三角停止板が搭載されていなくても何ら罰則はなく、もちろん車検も問題なくパスできてしまう。

 そのため、標準搭載はされずに「必要ならどうぞ」というスタンスであり、ディーラーオプションなどで設定されるに留まっているというワケなのだ。

 また三角停止板は基本的に消耗品ではなく、長期間使用できるものとなっているため、すべての車両に標準搭載しなくても、以前乗っていた車両から載せ替えるということも十分可能であるということもあり、商品コストを下げるために標準搭載していないという側面もなくはないだろう。

 ただ荷物を載せて走行するケースが多いユーザーにおいては、積載した荷物が原因で三角停止板が破損してしまう可能性もゼロではないので、積んだだけで満足せず定期的なチェックをオススメしたい。

次ページは : ■自作もアリだが基準がしっかりアリ!!

最新号

ベストカー最新号

新型セレナ、GT-Rなど! 正常進化する注目車、大々的スクープ!! ベストカー10月26日号

正常進化する注目車、大々的なスクープ特集を目玉に、ベストカー10月26日号は濃い内容となっています。そのスクープは新型セレナをはじめとする日産の5モデルの情報。すでに注目されているホンダZR-Vやスバルクロストレックの新車情報も濃いです! さらに「車格のわりに安いクルマ」特集も読みごたえアリです。

カタログ