ガードレールの交換ってあんま見ないけど……耐久年数ってどれくらい!?

ガードレールの交換ってあんま見ないけど……耐久年数ってどれくらい!?

 市街地をはじめ山道などに設置されているガードレール。もしもの時に被害を軽減してくれるモノだが、よく考えると交換している風景ってあまり見ないような……。一体アレってどれくらいの年数使えるモノなのか!?

文/近藤晃史、写真/TOYOTA、SUBARU、AdobeStock(トップ写真=decoplus@AdobeStock)

【画像ギャラリー】レヴォーグにヴォクシー!! いざという時に安心な装備満載のクルマたちがコレ(14枚)画像ギャラリー

■設置位置に厳格な決まりなし! 自治体負担の場合交換が先延ばしになることも

自動車に密接に関係するインフラが道路。そのなかで歩行者保護や車両の飛び出し防止などのために設置されているのがガードレールだ(Nordreisender@AdobeStock)
自動車に密接に関係するインフラが道路。そのなかで歩行者保護や車両の飛び出し防止などのために設置されているのがガードレールだ(Nordreisender@AdobeStock)

 公共性の高い設備をインフラと呼ぶが、自動車に密接に関係するのが道路だ。ひと口に道路と言っても、路面や路肩、街路樹など、さまざまなものから複合的に成り立っている。

 そのなかで歩行者保護や車両の飛び出し防止などのために設置されているのがガードレール。ガードするためのレールという、名称もそのものズバリなだけに、当たり前に設置されているし、知らない人もいないだろう。

 当たり前すぎる存在のガードレールだけに、普段はあまり気にも止めないかもしれない。ただ、よくよく考えてみると、疑問というか、気になるところが出てくる。

 まずは設置基準で、以前右直の事故でぶつけられた車両が飛び出して園児が死傷する事故が発生した際、交差点の角にガードレールがなくて問題になったことあった。

 こうなると基準がよくわからないが、国土交通省によれば設置目的は「クルマの進入を防止したり、道路外への飛び出しを防ぐ」としていて、一般的な理由となっている。そのほか「歩行者が不用意に渡るのを防ぐ」という目的もあって、設置場所はそれに準じたものとしている。

 ただ、先の事故の例を見てもわかるように、具体的にどこに設置するというのは曖昧で、その都度判断しているようだ。

 紹介したのは国の基準だが、地方自治体レベルでも同じではある。安全に関係するものだから、ドンドン設置して、例えば車道と歩道を区切ればいいではないかと思うが、問題は財政となる。自治体は基本的に財政的にきついので、新設はもちろん、修理や交換についても闇雲にできないのが現状だ。

■1m1万円と意外と安い!! だが事故ると50万円の請求もザラ

 まずは価格を調べてみると、1mあたり一般的な凹型の鉄板タイプが1万円ぐらい。パイプタイプだと同じく5000円ぐらい。

 もしぶつけて弁償するにしても、意外に安くてこれならいいかと思うが、激しくぶつかると支柱も倒れることは当たり前にあるのでこちらは基礎からの作り直し。また1mで被害が済むことはあまりなくて、5mぐらい軽く及んでしまう。

 実際にぶつけたことがある人に聞くと、ガードレールはすべて繋がっているので、ぶつけたところから離れているところにも被害が及びやすくて、10mぐらい交換になってしまってもまったくおかしくないとのこと。

 さらに役所担当部課の職員によると、「定価で請求になります」と当たり前の返事が。さらにほとんど歪んでいないように見えても、安全のために交換してしまうし、施工業者もぶつけた側の懐事情に気を使ってくれるわけでもないので、遠慮なく広めに交換となってしまう。

 つまりコンクリートで作られている支柱の根本と5mぐらいの交換で、材料代が10万円ぐらい。さらに人件費などを入れると20万円から30万円ぐらいはザラ。もちろんそれ以上に被害が大きければ、50万円などの請求になることもある。自動車保険の対物に入っていればカバーできるとはいえ、痛いことは痛い。

次ページは : ■保険対象外のサーキットは高い!! 1枚4万超えのケースも

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ