ランクル300も脱帽だぜ!! 「悪路の守護神」ランクル70の凄さと国内復活への道とは

ランクル300も脱帽だぜ!! 「悪路の守護神」ランクル70の凄さと国内復活への道とは

 2014年に1年間限定で復活を果たしたランドクルーザー70。多くのバックオーダーを抱え、復刻モデルの販売としては大成功を収めた。

 古いランクルに関する話題は事欠かない。2022年にはGRヘリテージパーツで、ランクル40の部品補給を開始する。40の復刻部品が登場したことで、次は70の再々販が来るかもしれないと、ランクル周辺がざわついているのだ。

 喫緊のコロナやウクライナ情勢による納期の長期化を解消しなければならず、今すぐにランクル70の復活を期待することは出来ないだろう。それでもランクル70の復活を期待する声は、途切れることがない。

 1984年の登場から、既に38年が経過しようとしているが、未だに熱が収まらないランクル70。その凄みはどこにあるのか、考えていきたい。

文/佐々木 亘、写真/TOYOTA

【画像ギャラリー】再度復活の可能性は!? 高級SUVからは一線を画したヘビーデューティー!! ランドクルーザー70(14枚)画像ギャラリー

■ランクル300では敵わないナナマルのタフさ

現在も世界各地の未舗装路面を走り続けている40系の血を色濃く受け継ぐ70系トヨタ ランドクルーザー。写真は2014年登場の期間限定復刻モデル
現在も世界各地の未舗装路面を走り続けている40系の血を色濃く受け継ぐ70系トヨタ ランドクルーザー。写真は2014年登場の期間限定復刻モデル

 昨今のランドクルーザーと言えば、プラドや300系のように、高級SUVのイメージが強くなった。

 乗用車として十分な機能や快適性を持っていて、同時にラダーフレームを生かしたオフロード走行が得意というイメージが強いだろう。日本では舗装路面を快適に走れる質感の高いクルマ、それがランドクルーザーとして定着してきた。

 しかし、本来ランドクルーザーは、警察予備隊に納入されていたジープBJ型を祖とするものだ。その系譜を継いだランクル40系は、現在も世界各地の未舗装路面を走り続けている。

 故障することなく、安全に荒地を走り回れる、砂漠地帯を駆け抜けることができるランドクルーザーは、年式に関わらず、世界各地で使われているのだ。

 こうした現状を受け、1960年に登場したランドクルーザー40の修理が世界中で行えるよう、GRヘリテージパーツが40系の復刻部品を販売するようになった。

 日本と世界のランドクルーザーに対する目線は違う。

 特に200系や300系、プラドのように舗装路面における走行の質を考えた車両を、ランドクルーザーのイメージに据えるのは、日本や北米などの一部地域に限られる。ランドクルーザーといえば40や70系のようなヘビーデューティなクルマのことを、世界の多くの国々では指す。

 ランドクルーザー70は、BJ・FJ、そして40系の血を色濃く受け継いでいる。ただ愚直にオフロードを安全かつ確実に走り切るクルマであり、その使命を世界中で30年以上全うし続けているのだ。

次ページは : ■当時の魅力を維持したまま復刻されたランクル70

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ