【GT-R、スープラ…】登場前から見飽きた!?? プロトタイプで飽きたクルマたち

プロトタイプとは、「原型」のこと。クルマの世界では、商品化を前提とした試作車を指すことが多い。

多くの場合、プロトタイプがメディアに公開されるのは市販化寸前だが、中にはティザー効果を狙って、かなり早めにお披露目されることもある。

そうやってユーザーをじらすることで、購買意欲を高める効果はあるんだろうけど、中には市販化される前に新鮮味がなくなったり、見飽きてしまうケースもある。

今回は、そういう例をいくつか集めてみました。

文:清水草一/写真:ベストカー編集部


■LFAのプロトタイプは「メチャメチャカッコ悪い!」

これこそ、市販化された時には飽きていた代表選手!  あくまで「個人的には」ですが。

LFAのプロトタイプが初めて公開されたのは、2005年1月のデトロイトショーでのことだった。

プロジェクトが始動したのは2000年だったっつーから、この段階ですでに5年近くを経ていたわけだが、とにかく2005年のLFAの写真を見て私は絶句した。「メチャメチャカッコ悪い!」と。

今から見てもなんだか不気味な雰囲気すらするLFAのコンセプトモデル。基本的なフォルムは市販車にも生かされたが、このまま出なくてよかったというか……

なにしろフロントが恐ろしく不格好。スポーツクーペとしてはかなり高いウエストラインから、三角の積み木みたいなノーズになだれ落ちている。

フロントエンジン&リヤラジエターという構成はユニークだったが、「デザインの基礎から勉強しなおしたほうがよくねぇか?」って感じだった。

2年後、LFAは、ボディをアルミからカーボンに変更して、デトロイトショーに再登場。前よりはマトモになっていたが、それでようやく「ごくフツーのスポーツクーペ」のレベルに達した程度に見えた。

翌年にはオープンモデルが公開されたが、だから何?  という感じでスルーした。

そして2009年の東京モーターショー。とうとうLFAの市販モデルが公開された!  プロトタイプの初公開から約5年。

メーターの演出、ヤマハの技術で完成された超快感エグゾーストサウンドなどいろいろ見どころはあったが、デザイン的に清水氏には厳しいものがあったようだ

ついにLFAは、スープラに毛の生えたようなカッコで販売されることになったのだ! 実際に試乗させていただくと、「これはこれでスゲェな」と思いましたが、スーパーカーは見た目が9割。

最初の段階で「こりゃダメだ」だったので、最後には飽き切って、逆に新鮮にすら感じた面もあったように思います。

■超凡庸ミドシップNSXコンセプトはそのまま市販へ

2012年のデトロイトショーで、「NSXコンセプト」が初公開。

その時点で、まったく新鮮味のカケラもない、超凡庸なミドシップスーパーカーのフォルムに「え~~~~~~っ!」と思ったが、結局ほとんどそのまんまの感じで2016年に正式発表となり、翌年には国内でも市販化されてしまった~~~~~~~っ!

NSXらしさはあったが、コンセプトモデルで見飽きてしまった感は非常に強かった。つい最近マイナーチェンジもしたNSXだがデザインはほとんど変更なし

初公開から市販化まで、年月が流れすぎていた面もあるが、問題の根っこは「カッコ悪い」ということだった。

たぶんカッコ良ければ、5年くらい待たされても、それこそティザー効果でますます欲しくなった……のかもしれない。高くて買えないけど。

■日産GT-Rは6年のチラ見せで熟成されたのか!?

これも最初のプロトの公開から市販化まで、結局6年かかりました。途中で「もう飽きたよ!」という人もいっぱいいたけど、私は燃えましたね。

実際に発売直後は、自動車メディア全体がGT-Rの狂乱状態に! GT-Rを載せれば売れる、みたいな感じだった。

2001年の東京ショーにてGT-Rコンセプトとして突如として登場したこのクルマ。リアウィングこそなかったものの、マッシブなデザインは市販車にかなり近い

その後いろいろあって、世間の熱は急激に冷めたけど、一旦は超盛り上がったので、個人的にはプロトの段階で飽きたとは思っておりません!

飽きなかった理由は、あの無骨で戦車的なデザインが、最初から好きだったから。

「GT-Rはこうでなきゃイカン!」と思ったのです。ダメだという人も多かったけど。最初からダメと思った人は、そりゃあまあ飽きたでしょうね、たぶん。

2005年の東京ショーではかなり市販車に近づいたGT-Rプロト。2年後のGT-R復活に自動車業界は湧いた

数年単位でじらされるのは、国産スーパーカーばっかりになってしまった。センチュリーも同様だけど(初登場は2011年のFSハイブリッド)、超キープコンセプトだったので、あれに関しては飽きるもなにもなかったです。

では、もうちょっとフツーのティザー展開の中ではどうかというと……。

■レヴォーグは3段階のティザー作戦で焦らしまくり

プロトタイプが初披露されたのは、2013年11月20日。発表日は2014年4月15日。発売日は同年の6月20日。

初披露の5カ月後にようやく発表、そして発売がさらに2か月後という3段ロケットのじらし攻撃! 思えばかなりキツめのティザー展開だった。

見た目は非常にオーソドックスで、いかにもレガシィツーリングワゴンの国内専用後継モデルという雰囲気。

レヴォーグのデザインはあまりにも想像どおりでスッと受け入れられた。しかし「まだ市販されてなかったの!?」と思いたくもなる焦らし展開だった

だからまぁ耐えられたが、2月にプロトタイプに試乗したら、乗り心地がメチャ固いことに衝撃を受けた。

そんでもまあ、「これはスバルファンが買うんだから、これでいーんだべ」という感じで、他人事として過ごしました。

レヴォーグはその後、翌2015年4月のマイナーチェンジで乗り心地を改善。2016年7月にはSTIスポーツが発売され、さらに乗り心地がぐんと上質になった。

レヴォーグは乗り心地に関しても、じらしまくったと言っていいのかもしれません。

■現在進行形の焦らし作戦筆頭は新型スープラ!!

現在進行形でじらし作戦が進行中だが、カッコがかなり凡庸っぽいので、すでに飽きの予感が。特に顔がイマイチではなかろうか……。う~む。

新型スープラは、トヨタとBMWの初の共同プロジェクトとして注目を集めたが、正式発表は2019年1月のデトロイトショーの予定になっている。

いきなりレーシングコンセプトを発表した新型スープラ。市販車の姿がなかなか見えないところにワクワクしてしまう

ところが、2018年3月には、ジュネーブショーでレーシングバージョンが公開されている。同年7月にはイギリスのグッドウッドで開催されたフェスティバルで、試作車が走行を披露。

さらに2018年10月には、レーシングバージョンがニュルブルクリンクの耐久レースに参戦。同年11月のトヨタ・GAZOOレーシングフェスティバルでは、日本でも赤黒カムフラージュのスープラが公開された。

さらに言うと、BMWはスープラの兄弟車となる新型Z4を2018年8月に初披露していて、どう見てもスープラよりカッコいい。

グッドウッドフェスティバルでカムフラージュのまま走った新型スープラ。さらに最近になって日本国内の公道にたびたび姿を見せているのは「あえて」の露出に思える

となると、スープラとZ4はどういう価格設定になるのか、そっちに興味は飛んでしまう。それはそれでティザー効果かもしれないが、スープラのお値段がかなりお安くないと、「ガクー!」ってことになりかねないので、今から心配です。

とりあえずは、早く赤黒カムフラージュのないバージョンを見てみたい。つまり、じらし作戦は成功してるってことか!? 怖いもの見たさ。

最新号

ベストカー最新号

【新型レクサスNX 22年登場へ】世界のクルマ暴れん坊列伝 |ベストカー6月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、2020年4月23日に初公開されたヤリスクロスに続き、レクサスNXのモデルチェンジ情報をお届け。  そのほか、スープラ改良、アクティトラックなど注目車種の情報から、令和マンの評価(ほぼノーカット…

カタログ