「200万円台で購入できる!!」 一生に一度は乗りたい中古オープンカー6選

「200万円台で購入できる!!」 一生に一度は乗りたい中古オープンカー6選

 2022年8月に日産フーガ、シーマ。ホンダインサイトが生産終了となり、9月にはホンダアコードが生産終了となる予定だ。トヨタクラウンもクロスオーバーへと生まれ変わり、国産セダンは絶滅の危機にひんしている。

 このセダンより、絶滅危惧種となっているのが、オープンカー。ホンダS660が生産終了となり、現在新車で手に入るのは、レクサスLC、マツダロードスター/ロードスターRF、ダイハツコペンしかない。

 秋のお彼岸を過ぎてから11月上旬までは晴天も多く、風も心地良くなりオープンカーのベストシーズンといえる。そこで、今回は滅びつつあるオープンカーを一度は体験しておきたい! という人に予算200万円以下で購入できる中古オープンカーを6車種紹介する。

文/萩原文博、写真/TOYOTA、NISSAN、VW、BMW、ベストカー編集部、池之平昌信

【画像ギャラリー】オープンエアドライブを楽しめる!! 本稿で紹介した6台のクルマをギャラリーでチェック(34枚)画像ギャラリー

2022年3月生産終了したホンダ「S660」&フェアレディZロードスター

ホンダらしい「走る喜び」の実現を目指して開発されたS660。2022年3月で生産終了となった
ホンダらしい「走る喜び」の実現を目指して開発されたS660。2022年3月で生産終了となった

 オープンカーと言っても、ライトウェイトスポーツをルーツとするストイック系の2シーターオープンと、ラグジュアリー系の4ドアオープンの2種類にわけることができる。

 まず、紹介するのはストイック系の2ドアオープンカーから。200万円以下の中古車で最も流通台数が多いのは、2015年4月~2022年3月まで販売されたホンダS660。

 S660は、見て楽しい、乗って楽しい、あらゆる場面でいつでもワクワクする、心が昂ぶる本格スポーツカーを追求し、「Heart Beat Sport」をキーワードに、Hondaらしい「走る喜び」の実現を目指して開発されたミッドシップ2シーターオープンカー。

 ストイック度は非常に高く、ラゲッジスペースすらないほどだ。スポーツカーの醍醐味である、曲がる楽しさを最大限に体感できるよう、高い旋回性能にこだわり、ミッドシップエンジン・リアドライブ(MR)レイアウトを採用。低重心と理想的な前後重量配分である45:55を実現している。

 搭載しているエンジンは、ベースはN-BOXと同じだが、走る楽しさを、誰でも気軽に味わえるようにしたい」という想いから、エンジンには低回転域から力強く、高いアクセルレスポンスを可能とする専用のターボチャージャーを搭載。トランスミッションには、当時軽自動車として初となる、新開発の6速MTとスポーツモードを備えた7速パドルシフト付CVTを採用している。

 現在S660の中古車は約719台流通していて、価格帯は約125.8万~約560万円。そのうち約494台が200万円以下で購入可能となっている。約494台の中で6速MT車は約192台、CVT車が約302台と圧倒的にCVT車が多い。中古車の最低価格は6速MT、CVTともに約125.8万からとなっている。生産終了がアナウンスされた際に大幅に中古車相場が高騰したものの、平均価格は約217.4万円と落ち着きを取り戻している。

 2シーターオープンカーからもう1台ピックアップしたのが、日産フェアレディZロードスター(Z33型)だ。Z33型フェアレディZロードスターは2003年10月~2008年11月まで販売された。

 Z33型フェアレディZロードスターは、スポーツドライビングの楽しさに加えオープンでの快適な走りを追求。開閉時間約20秒という自動開閉式のソフトトップを採用している。

 クーペ同様の動力性能などを達成しながら、“オープン時のデザインの美しさ”、“オープンでしか得られない快適な走り”そして“ソフトトップの容易な開閉操作”の3つの付加価値を実現している。

 Z33型フェアレディZロードスターはクーペをベースとしているものの、ロードスター専用のボディ構造部品の追加、剛性のアップを行うことで、オープンボディながら高剛性車体構造を実現。また、ソフトトップ格納時の流麗なフォルムが特長だ。

 現在、Z33型フェアレディZロードスターの中古車は約74台流通していて、価格帯は約59万~約398万円。予算200万円以下に絞っても約71台がヒットする。200万円以下の中古車のうち、MT車は約17台、AT車は約54台と圧倒的にAT車が多い。グレードでは装備が充実したバージョンTが多くなっている。

 新型フェアレディZの納車は時間が掛かるが、オープンエアを手軽に楽しめるZ33型フェアレディZロードスターはすぐに手に入る。

次ページは : 絶滅の危機な4シーターオープンカー!! トヨタ4代目ソアラ&後継モデル レクサスSC

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

GR86の4ドアモデル、出る!! 三菱トライトンを雪上初テスト! 注目情報を満タンでお届け「ベストカー3月10日号」

新型スズキスイフト、レクサスLBXなど注目の新型車が続々登場! 「ベストカー3月10日号」! 今年も名物企画「雪上テスト」開催! 三菱トライトンの実力をいち早く丸裸にしたぞ!