プレリュード、シルビア、ソアラ……戻れるなら昔に戻りたい! 100万円以下から狙える! それほど高騰していないイチ押しのスペシャリティカー5選

プレリュード、シルビア、ソアラ……戻れるなら昔に戻りたい! 100万円以下から狙える! それほど高騰していないイチ押しのスペシャリティカー5選

 50代の筆者にとって、自分の青春時代に憧れた80年代そして業界に入った1990年代の国産車、いわゆる“ネオクラシックカー”が令和になっても高い評価を得ているのは嬉しいこと。

 その一方で、中古車の価格が暴騰し手が届かなくなっていることは、ちょっと寂しい気もする。個人的にも50代後半になったら、昔憧れたブルドックの愛称で人気となったホンダシティターボIIを手に入れたいと思っていた。

 しかし、現在では台数が少なくなっているうえ、300万円以上のプライスを付けている中古車もあるなど、高騰していて、とても手が届かなくなっている状況だ。

 そこで、ここでは50代のオトナが懐かしい青春時代に戻れる1980年~1990年代に登場したスペシャリティカーを紹介していこう。

文/萩原文博
写真/トヨタ、日産、ホンダ、ベストカーweb編集部

【画像ギャラリー】バック・トゥ・80s&90s!! 50代のオトナたちが憧れた1980年~1990年代のスペシャリティカーたち(27枚)画像ギャラリー

■3代目プレリュード(1989年4月~1991年8月):中古車価格帯/約85万~約298万円

ホンダ プレリュード(3代目)。4輪操舵システムなど数々の新技術を導入

 スペシャリティカーとは諸説あるが、専用のシャシーではなく、大衆車のシャシーにスタイリッシュなクーペボディを採用したモデルを指し、日本で最初のスペシャリティカーは初代トヨタセリカだという。

 個人的にスペシャリティカーのイメージは、クーペもしくは3ドアハッチバックのオシャレなスタイルで、そこそこのハイパワーエンジンを搭載したデートカー。1980年代の2代目トヨタプレリュードや2代目トヨタソアラが思い浮かぶ。

 これらのモデルをルーツとした1980年代~1990年代に登場したスペシャリティカーで、まだそれほど中古車が高騰していない5車種をピックアップした。

 まずは、かつて自分も所有していたホンダプレリュード。プレリュードは1987年に登場した3代目と1991年に登場した4代目モデルを紹介する。
まずは1987年に登場した3代目モデルから。

 3代目プレリュードは、当時世界初のホンダ舵角応動タイプのホンダ4輪操舵システム(以下ホンダ4WS)や、4輪ダブルウイッシュボーンサスペンション、新4輪アンチロックブレーキなど、ホンダ独自の数々の新技術を導入したFFスペシャリティカーとして登場。

 外観デザインはデートカーとしてヒットした2代目からリトラクタブルライトが継承されたロー&ワイドフォルムの特徴。エンジンの徹底したコンパクト化と後傾レイアウトの採用により、FF車とは思えない超低ボンネットが特徴だ。

 また、ボディとガラス面との段差を少なくする徹底したフラッシュサーフェス化や、整流効果の高いボンネット・ディフレクターなどの空力処理により、ノッチバックデザインでは優れた空力性能Cd値0.34を実現している。

 インテリアは、極細ピラー採用によるワイドなガラスエリアにより、優れた超広角視界を確保。また、大型センターコンソール付のラップラウンド形状のインストルメントパネルや、機能的なメーターレイアウトを採用するなど、コクピット全体をスポーティなイメージでまとめている。

 搭載されるエンジンは2L直列4気筒DOHCで最上級グレードのSiには電子燃料噴射システムのPGM-FIを組み合わせていた。組み合わされるトランスミッションは5速MTと4速AT。1990年には2.1Lエンジンを搭載した特別使用車のステイツを設定。

 サスペンション形式は、快適な乗り心地と卓越した高速直進性、運動性を高次元でバランスさせるため、新生代の4輪ダブルウィッシュボーン式を採用している。

 現在、3代目プレリュードの中古車はわずか9台しか流通しておらず、平均価格は約132.8万円。中古車の価格帯は約85万~約298万円とまだ、100万円以下で手に入る中古車はある。

次ページは : ■4代目プレリュード(1991年9月~1996年10月):中古車価格帯/約99万~約179万円

最新号

ベストカー最新号

新型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの見逃せない大型特集!! ベストカー6月10日号

発売中のベストカー6月10日号は次期型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの大型特集が絶対的に注目です! 「注目車の〇と×」特集なんて、20数台の〇と×をズバリ評価。他誌ではない企画です。BC名物の「乗り心地テスト」企画も復活しています!

カタログ