【エンジンオイルは柔らかめ ウォッシャー液は原液で!】 厳選 冬のメンテナンス術 11選


冬は想像以上にクルマにキビしい季節。氷点下のなかでエンジンがかからない! なんてことがもし起こったら大変である。冬に備えてのメンテナンスもやはり大事だ。

メンテといっても特別難しいことは何もない。ここをケアしておけば、トラブルなしに快適に冬のドライブを楽しめる! 何より愛車とともにより長く過ごしていける! というポイントを伝授していこう!

※本稿は2015年のものに適宜修正・追記を加えています
文:鈴木伸一/写真:AdobeStock、ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2015年1月26日号


01. エンジンオイルはチェックして交換は柔らかめに

省燃費オイル指定の近年のクルマは冬だからといってエンジンオイルに注意する点は特にないが、昭和世代の古いクルマは粘度指数で最適な使用環境は変化するため注意が必要だ。

例えば、夏場にヒートぎみなら「20W-40」や「15W-50」といった硬めのオイルを、セルの回りが重くなる冬場は「10W-30」といった柔らかめを選定する。

もしも夏場にヒートぎみで固めのオイルを選定していたなら、柔らかめのオイルに交換しておきたい。そのままでは朝一番の始動時にクランキング抵抗となり、エンジンが回りにくくなる可能性があるからだ。

硬めのオイルが入っているクルマの場合、冬は柔らかめのオイルに交換しよう

02. ウォッシャー液は原液を入れる

ウィンドウウォッシャー液にも一般に凍結防止効果がもたされているが、夏場は原液1に対して水2〜3で薄めて使用する。

このように規定の限界まで薄めた場合、凍結防止効果はほぼなし。真冬なら都心でも窓ガラスに噴射したとたんに凍りつくことがあるので注意!

都心でも冬場はせいぜい1対1、寒冷地であれば原液での利用が原則だ。ただし、製品によっては原液で使用したとしても凍結防止効果が得られないものがあるので、購入時は要注意。

「凍結防止効果」をうたっている凍結防止用ウィンドウォッシャー液を選定することが大切で、現在使用している物の素性が不明だったら全量交換しておきたい。

オイルの量と汚れ具合は普段から確認しておきたい

ウォッシャー液は凍結防止効果のあるものを冬場は原液で補充して濃くして使用

次ページは : 03. 冷却水(LLC)は劣化していないか?

最新号

ベストカー最新号

【新型プリウス デザイン判明!!】 EVスポーツで「セリカ」復活|ベストカー6月10日号

 外出自粛が続く今、自宅で紙の「ベストカー」本誌を眺めるのもいいものです。本日5月10日発売のベストカー6月10日号、注目企画はトヨタのこの先のパワーユニット戦略を暴くスクープ。水素燃焼エンジンやe-FUELの開発状況にも迫ります。  その…

カタログ