レビン/トレノvsシビック そしてサンバー…忠義を尽くして戦い続けたクルマたち


■“打倒スカイライン”の御旗のもとに

とかくスカイラインというクルマは、一方的に“仇討ち”の対象となる運命を背負ってしまっているかに見える。

というか、他メーカーにしてみればとにかく倒しておきたい敵なのだろう。スカイラインを打ち倒すことで、「スカイラインより凄いクルマ」という世間からの評価が得られる。それが「殿」に絶大なる富と栄誉をもたらす、という図式だ。

3代目セリカが5代目スカイラインジャパンに「名ばかりのGT」というCMキャッチコピーでかみついたのは有名な話。

その後、6代目R30スカイラインにはセリカXXが、また三菱からはスタリオンGSRがシリウスダッシュで「2L最強」を争うなど、ますます激化の様相を辿っていく。

逆に言えばそれだけスカイラインは「偉大な壁」だったということだろう。

セリカの挑戦を受けて立った5代目スカイライン

ところが7代目スカイライン、彼らの挑戦をかわし、一方的にマーク2を敵と見なして勝負を挑む(あえなく返り討ち)というトホホな展開に。

それでもその後16年ぶりに復活したR32型は、果し合いを挑んできたトヨタ スープラ、三菱 GTOを見事に返り討ち。殿への変わらぬ忠義を尽くしている。

■忠義の魂で戦い敗れ去ったストリーム

忠義と恨み(!?)を賭した戦いといえば、ホンダスのトリームとトヨタ ウィッシュとの壮絶なシェア争いをおいて他にあるまい(ほんとか)。

2002年7月誕生のストリームは、新タイプの5ナンバーミニバンとして瞬く間に人気車に。月販6000台近くを売っていたが、2003年1月にトヨタウィッシュが登場のすると、まるで謀られたかのようにお客を奪われてしまった。

2003年1月の月販台数はストリームの3101台に対し、ウィッシュは1万6208台。すっごい数字の差! たしかに、その数字に裏打ちされるかのような完成度の高いクルマではあったのだが……。

初代トヨタウィッシュ(上)と初代ホンダストリーム

このままではホンダ(殿)の面目が丸つぶれに。「このままでなるものか!!」と、ホンダの開発チームはウィッシュの上をいかんと2代目ストリームを完成させる(2006年7月)。

直後、9月の月販台数はストリームの1万187台に対しウィッシュは7091台。殿と、そして自らのプライドのため、ストリームがついに積年の恨みを晴らした瞬間なのである(嗚咽)。

こちらは2代目ウィッシュ

しかししかしだがしかし。栄華はそう長く続かない。2代目ウィッシュの登場後、ストリームの販売は下降線。ついに2014年5月、生産停止と相なった。ホンダは2015年2月にジェイドなる新参者が現れるまで、車高の低いミニバンモデルが一旦消滅することとなるのである。

次ページは : ■お家に富をもたらした忠義のクルマたち

最新号

ベストカー最新号

日産が前へ動き出す! 日産スクープ総力特集!|ベストカー 7月10日号

本日、ベストカー7月10日号発売!!日産伝統のスポーツモデルの最新情報、セダン特集などをお届け。さらにランクル300の生写真も独占入手!!

カタログ