【平成を代表するクルマ選手権】 あの年もっとも熱いクルマ!! 1999年〜2008年編

 平成30年間、それぞれの年別に登場した国産車をピックアップ。ベストカーにおける、その年ごとの「これぞ1番だ!」というベストモデルを選出するこの企画。先日の1989年〜1998年編に続き、今回は1999年〜2008年編である。

 1989年〜1998年編と比べると、満場一致でベストカーに推されたクルマが2台(1989年〜1998年編は満場一致はなかった)。それだけ、誰もが認める完成度の高いクルマだったことを伺わせる。

 その年の日本カー・オブ・ザ・イヤーに選ばれた1台、さらにその年に起こった主なトピックも合わせて掲載した。「ああ〜、あんなこともあったよね〜」と思い出しながら眺めていただけたら幸いだ。

※本稿は2018年11月のものです
文・写真:ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2018年12月10日号


平成11年(1999年)…ホンダ S2000

[この年の主なトピック] JCO東海事業所で臨界事故、DDI・KDD・IDO3社が合併、大手銀行など15行に公的資金導入、東京都知事選挙で石原慎太郎氏が当選、ユーロ取引開始、台風18号で大きな被害、マカオが中国に返還など

 豊作の1999年だけに迷っての選出。しかし全時代を通じても再び乗りたいクルマの上位にくるのは確かだ。現役当時は「官能性が足りない」などの批判もあったが、なぜ評価が低いのかいつも不思議に思っていた。

●次点…ヴィッツ、ランエボⅥ マキネン

【ちなみにこの年の日本カー・オブ・ザ・イヤーは?】 トヨタヴィッツ(1999-2000)

平成12年(2000年)…日産 エクストレイル

[この年の主なトピック] イチロー、MLBマリナーズ入団、白川英樹筑波大名誉教授(高分子化学)がノーベル化学賞を受賞、シドニー五輪、そごう倒産など

「ガンガン使える」をキャッチフレーズに登場し、圧倒的人気車に。手頃な価格も含め多くの人に支持された点を買ってこの年のベストに選んだ。万能性に加え、のちにターボも追加されるなど豊富なラインナップも魅力だった。

●次点…インプレッサ(2代目)

【ちなみにこの年の日本カー・オブ・ザ・イヤーは?】 ホンダシビック( 2000-2001)

平成13年(2001年)…ホンダ フィット

[この年の主なトピック] 野依良治名古屋大学大学院教授がノーベル化学賞を受賞、米多発同時テロ、ハンセン病訴訟で原告側が全面勝訴、実習船「えひめ丸」が米原潜「グリーンビル」と衝突・沈没する事故、狂牛病(BSE)問題、小泉内閣が発足など

 現在のホンダ車にも継承されるセンタータンクレイアウトを採用し、広い室内空間を実現。ほかのコンパクトカーと比べて荷室まで圧倒的に広く、実用性では断然ナンバー1のコンパクトカーだと感心させられた。

●次点…ステージア(2代目)

【ちなみにこの年の日本カー・オブ・ザ・イヤーは?】 ホンダフィット(2001-2002)

平成14年(2002年)…日産 フェアレディZ(5代目)

[この年の主なトピック] 小柴昌俊東京大学名誉教授(物理学賞)、島津製作所フェロー田中耕一さん(化学賞)がノーベル賞を受賞、バリ島で爆弾テロ、W杯日韓共催、ソルトレーク五輪開催など

 Z33型からの復活に加え、現行型Z34フェアレディZよりもスタイルの完成度が高く、Zらしいと思うスタイリングに惚れ込んだ。ちょっと残念だったのは、V6、3.5Lと6MTのマッチングが今イチだったこと。

●次点…コペン

【ちなみにこの年の日本カー・オブ・ザ・イヤーは?】 ホンダアコード(2002-2003)

平成15年(2003年)…スバル レガシィ(4代目)

[この年の主なトピック] 自衛隊イラク派遣、フセイン元大統領拘束、地上波デジタル放送スタート、第2次小泉内閣発足、北海道十勝沖地震、名古屋立てこもり事件、阪神セ・リーグ優勝、宮城地震、九州集中豪雨、SARS流行、郵政公社発足、米シャトル「コロンビア」事故、松井秀喜選手がMLBヤンキースに入団など

 いまだにこれのセダン、B4の2.0GTに乗っている人が乗り替えるクルマがないと嘆いているという歴代レガシィ最高のモデル。当時、自分はE46のBMW320iに乗っていたが、FRと4WDという違いこそあれ、雰囲気は似ていた。

●次点…なし(ベストカー内で満場一致)

【ちなみにこの年の日本カー・オブ・ザ・イヤーは?】 スバルレガシィ(2003-2004)

平成16年(2004年)…スズキ スイフト(2代目)

[この年の主なトピック] スマトラ沖地震、パレスチナ自治区アラファト議長死去、新潟県中越地震、プロ野球選手会ストライキ問題、アテネ五輪、美浜原発事故、曽我ひとみさん一家が帰国・来日、鳥インフルエンザ発生、松本智津夫被告に死刑判決など

 世界戦略車として新開発プラットフォームを採用した2代目は欧州車と戦えるコンパクトカーに一新。しなやかな足回りで、これまで軽自動車感の強いスズキのコンパクトカーのイメージを一変させられ印象深い。

●次点…なし(ベストカー内で満場一致)

【ちなみにこの年の日本カー・オブ・ザ・イヤーは?】 ホンダレジェンド(2004-2005)

平成17年(2005年)…レクサス IS

[この年の主なトピック] 耐震計算偽造問題、特急「いなほ14号」脱線事故、ディープインパクト三冠、東日本高速道路が発足、ロンドン同時テロ、JR福知山線脱線事故、中部国際空港開港など

 自分が買ったワケではないが、プレーンで癖のないスタイルは現行型よりも美しくまとまっており、マイカーとしてはなんの不満もなかった。V6の2.5Lも吹けはよく、FRセダンらしい上品さもよかった点。

●次点…ロードスター(3代目)

【ちなみにこの年の日本カー・オブ・ザ・イヤーは?】 マツダロードスター(2005-2006)

平成18年(2006年)…三菱i

[この年の主なトピック] 松坂大輔選手がMLBレッドソックスに入団、日本ハムがプロ野球日本一、福岡自動車転落事故、駒大苫小牧と早稲田実業による高校野球決勝戦、W杯開催、村上ファンドに強制捜査、WBC開催・日本が優勝、トリノ五輪、ライブドアに家宅捜索、郵政民営化・日本郵政発足など

 不作だった2006年。正直、消去法での選出だが、ミドシップのワゴン型軽自動車というアイデアとスタイルが素晴らしかったのが残った理由。デザインだけなら今でも軽自動車のベストではないかと思っている。

●次点…ブレイド

【ちなみにこの年の日本カー・オブ・ザ・イヤーは?】 レクサスLS460(2006-2007)

平成19年(2007年)…日産 GT-R

[この年の主なトピック] 年金記録漏れ問題、新潟県中越沖地震、イギリスでブラウン新政権が発足、東国原英夫氏が宮崎県知事選挙で初当選など

 480ps/60.0kgmという強烈な3.8L V6ツインターボを搭載してデビューしたGT-Rの走りは衝撃的! 同年には5L V8(423㎰)のレクサスIS Fも登場しましたがインパクトの大きさはGT-Rが上。

●次点…シビックタイプR(3代目)

【ちなみにこの年の日本カー・オブ・ザ・イヤーは?】 ホンダフィット(2007-2008)

平成20年(2008年)…トヨタ アルファード

[この年の主なトピック] 毒ギョーザ事件、橋下徹氏が大阪府知事選挙で初当選、北京五輪開幕、タスポが全国に展開、副都心線が開業、四川大地震(中国)、秋葉原通り魔事件、ガソリン170円超に、サブプライム問題・リーマンショック、ホンダがF1から撤退など

 現行キューブと迷ったが、圧倒的な人気が代替わりした今も続いているのだから評価せざるを得ない。ここまで多くの人に愛されているのなら、なんも言えねぇっす。噂のレクサス版は本当に出るのかな?

●次点…アコード(8代目)、iQ

【ちなみにこの年の日本カー・オブ・ザ・イヤーは?】 トヨタiQ(2008-2009)

最新号

ベストカー最新号

新型MIRAI&ノア/ヴォクシー重要情報入手!!|ベストカー8月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、新型MIRAI&ノア/ヴォクシーの重要情報を独占入手。本誌スクープ班が掴んだ情報を詳しく紹介する。  そのほか、GT-R2020年モデル祭り!、NEWタント&タントカスタム正式デビューともに、注…

カタログ