風前の灯火!? ガソリンで充分!? なぜバイオ燃料は日本では普及しないのか

ガソリン高騰が続き一時はどうなるかと思った2018年後半。11月頃には145円/Lを超えていたレギュラーガソリンも12月20日現在ではだいたい137円/L程度にまで落ち着いた。

しかしガソリン価格は世界情勢に左右されるもので、価格は急激に上昇し、何事もなかったかのように落ち着いてくる。

そんなガソリンの代替燃料として話題をさらったのがバイオ燃料。日本でも本格化するなんて言われていたのに……。そんなバイオ燃料がなぜ日本で普及しないのか迫ります。

【バイオ燃料とは?】

バイオ燃料とはバイオマスと呼ばれる有機性資源(自動車用燃料はサトウキビやトウモロコシがメインだがバイオガスでは生ごみなどの廃棄物も含む)を処理して、ガソリンの代替燃料にしたもの。

ガソリンのみならず軽油の代替燃料となるバイオ軽油も存在し、乗用車のみならずバスや艦船などにも使用される。

自動車でバイオ燃料を使う場合は専用の装備が必要となるが、すでに海外では一般車にも流通している。

文:ベストカー編集部/写真:トヨタ、AdobeStock
ベストカー2018年12月26日号


最新号

ベストカー最新号

【新型Zの期待と不安】GT-Rに延命説浮上!|ベストカー 11月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、事実上凍結されていた次期型日産GT-Rのモデルチェンジの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、ホンダe、新型レヴォーグ、マイナーチェンジしたルーミーなど注目車種の情報か…

カタログ