「と…止まらない!!??」最近はサイドブレーキレバーが消失!! トラブルでブレーキが利かなくなったらどうすればいいか

「と…止まらない!!??」最近はサイドブレーキレバーが消失!! トラブルでブレーキが利かなくなったらどうすればいいか

 電動パーキングブレーキが普及し、昨今の新型車ではパーキングブレーキ(サイドブレーキ、足踏み式を含む)がないクルマが増えてきました。

 ご存じのとおり、パーキングブレーキは、レバーを引く(足踏み式ではペダルを踏む)ことで、止めた車が動かないようにするためのブレーキ。また、マニュアル車の坂道発進での使い方のような補助ブレーキとしての役割もあります。

 また、緊急ブレーキとしての役割も。フェード現象やベーパーロック現象に陥ってフットブレーキが使えなくなった際、エンジンブレーキとともにパーキングブレーキも使うことで、緊急時にクルマを止めるアイテムとして利用することができます。

 以上は教習所でも習うことですが、これが電動パーキングブレーキとなると、どう使っていいのか、よくわかりませんよね。先日には、フェード現象に陥ったことが原因と思われる事故で観光バスが横転、ひとりの方が亡くなるという悲惨な事故も起きています。電動パーキングブレーキのクルマで、フェード現象によってフットブレーキが利かなくなった場合、どうすればいいのでしょうか。

文:吉川賢一
アイキャッチ写真:Adobe Stock_ nakedking
写真:Adobe Stock、写真AC

【画像ギャラリー】最近のクルマはサイドブレーキが消失!! いきなりブレーキが効かなくなったらどうすればいいのか??(6枚)画像ギャラリー

非常事態では、E-PKBのスイッチを「引き上げ続ける」

 従来の手引き式や足踏み式のパーキングブレーキは、レバーやペダルから後輪のブレーキまでワイヤーが繋がっていて、そのワイヤーへテンションをかけることでブレーキが作動しますが、電動パーキングブレーキ(以下E-PKB)では、そのワイヤーが無くなり、後輪のディスクブレーキのキャリパー内部に付けたモーターで、ブレーキを作動させます。電動パーキングブレーキが作動するとき、「ウィーン」という音が聞こえることがありますが、あれはパーキングブレーキを動作させるモーターの音です。後輪がドラムブレーキの場合は、モーターでワイヤーを巻き取る構造となっています。

 E-PKBは、非常事態の際、走行中にパーキングブレーキのスイッチを引き上げ続けることで、ブレーキを利かせることができます。たとえば日産車の場合、引き上げている間はブザー音とともにE-PKBが作動し、スイッチから手を離すと電動パーキングブレーキは解除されるように、設計されているようです。
 
 なかには、E-PKBのスイッチを引き上げ続けることで、エンジンの制御も含めて減速する車種や、4輪のブレーキ制御を行ってくれる車種もあります。メーカーや電動パーキングブレーキの世代によって、動作がバラバラですので、非常事態に備え、愛車の電動パーキングブレーキがどのような動作をするのか、自動車メーカーのWEBマニュアルで調べたり、ディーラー担当者へ確認しておくとよいでしょう。

非常事態の際には、走行中にパーキングブレーキのスイッチを引き上げ続けることで、ブレーキを利かせることができる(PHOTO:Adobe Stock_ Andy)
非常事態の際には、走行中にパーキングブレーキのスイッチを引き上げ続けることで、ブレーキを利かせることができる(PHOTO:Adobe Stock_ Andy)

次ページは : ギアをいきなり「P」や「R」へチェンジしても減速効果は期待できない

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

三菱デリカにニューモデル、現る!? 未来のための新エンジン。AT対MT対決など、今号もクルマ界の隅々まで網羅します