ディーゼル車について一般紙が伝えない真相 実は誤解だらけ!?

専門家の視点からみたディーゼルの将来性

ディーゼル車を販売する側は、低速トルクが大きいので力強く発進し、高速道路などでの巡行も軽くアクセルペダルを踏んでいればいいので楽だと言う。だが、モーター走行ならもっと楽だ。もちろんCO2も排ガスもゼロである。

なぜ、日本の消費者がもっとEVへ目を向けないのか不思議だ。車種の品揃えがまだ不十分であるのも事実だろう。とはいえ、日産のe-POWERへの期待は高い。モーター走行がいかに快適であるかを喜ぶ消費者が増えている。また日産リーフの所有者は、「距離ではなくクルマの良さに惚れた」と語る。

そろそろガソリンかディーゼルかの話も終わりにしてはどうだろう。

モーター走行であれば、あらゆる問題は解決し、さらにアクセルによるワンペダル運転は、ペダル踏み替えでの空走時間をなくし、安全にも寄与する機能である。静かさと振動の無さは、高級車の条件でもある。

エンジンと「さようなら」をする選択肢を考えてはどうだろう。それが、私のお勧めである。

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

あのトヨタスターレットが再び公道に舞い降りる!? 日産×ホンダ協業分析など新社会人も楽しめるゾ「ベストカー5月10日号」

あのトヨタスターレットが再び公道に舞い降りる!? 日産×ホンダ協業分析など新社会人も楽しめるゾ「ベストカー5月10日号」

トヨタの韋駄天が覚醒する! 6代目NEWスターレットのSCOOP情報をはじめ、BC的らしく高級車を大解剖。さらに日産・ホンダの協業分析、そして日向坂46の富田鈴花さんがベストカーに登場! 新社会人もベテランビジネスマンまで、誰もが楽しめるベストカー5月10日号、好評発売中!