中古の先代BRZを買ってわかった中古車の闇と今後やりたいちょっとチューン

中古の先代BRZを買ってわかった中古車の闇と今後やりたいちょっとチューン

 筆者であるモータージャーナリストの高根英幸氏が、息子と兼用するために中古のBRZを購入することを決意。中古車情報サイトや中古車店を探して、いざ購入!

 しかし、納車されてみると、いろいろなところに問題が……。やはり中古車購入は闇なのでしょうか? 筆者の中古BRZ購入顛末記を紹介していきたいと思います。いま中古の86&BRZの中古車の人気が高いので、購入の参考になれば幸いです。

文/高根英幸
写真/高根英幸、ベストカー編集部

【画像ギャラリー】良心的なショップに巡り合えるかどうかがカギ!? モータージャーナリスト父子、中古車を買う!!(7枚)画像ギャラリー

■高根家長男が公道デビュー!! 中古で2台目を増車

 久しぶりにクルマを買いました。買い替えではなく増車です。我が家の長男が今年、運転免許を取得して就職も果たし、晴れてドライバーとして公道デビューとなりました。

 しかし、私の愛車フィアット・ムルティプラは「デカいし、ドライビングポジションが合わなくて足が疲れる!」と苦情が出たので、セカンドカーとしてサイズの小さいクルマを購入することに。

 本当はFFホットハッチ系のクルマを買おうと思っていたのですが意外と割高で、長男はいかにもやる気満々のクルマはちょっと敬遠したい意向。クルマに愛着を持ってもらうことも重要なので、最終的には息子の好みで車種を決めることにしました。

 長男はスーパーGT選手権やWEC(世界耐久選手権)のファンなので、GT300クラスで頑張っているBRZがお気に入り。特にボンネットが低い初代BRZが、現行モデルよりも気に入っています(ホットハッチとやる気モードの高さは変わらない気も……)。

 それでクルマをスバルBRZに絞り込んで、中古車店を何店か回りました。それで分かったことは、安い個体はやっぱりボロい、ということ(当たり前?)。それでも走行距離が7万km以下の車両は150万円くらいはするので、最近の中古車の高騰ぶりと86/BRZの人気ぶりも、なかなかのものがあります。

 そこで予算を200万円に引き上げて、BRZでも年式の新しい後期モデル(2016年以降)にシフトして探してみることにしました。すると程なく走行距離2.7万kmで外観はノーマルというコンディションの良さそうな個体に出会えたのです。

某中古車販売店で出会った2016年式スバルBRZ。走行2.7万kmで190万円ほど(プライスタグは値下げ前の金額)と、なかなかお値打ちに見えました。純正のスチールホイールにスタッドレスタイヤという仕様ですが……

 Rカスタマイズパッケージというアルミホイールさえ履いていない、「素うどん」のようなクルマですが、オートエアコンやメーターパネル内の液晶ディスプレイなどがない分、故障の心配が少なく維持しやすい仕様ということもできます。

 何より86/BRZはアフターパーツが豊富で価格も安く、フリマアプリなどで個人から購入すれば、様々なパーツが激安で手に入る機会もあります。さらに現行のGR86/BRZの純正部品をグレードアップパーツとして流用できるなど、DIYでクルマいじりを楽しむ筆者にとってはメリットがたくさんある車種です。

次ページは : ■中古車情報サイトでの総額表示との差に驚き!

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

サッカー日本代表に負けじとアツい! 創刊45周年記念号 第2弾! ベストカー12月26日号

大盛り上がりのサッカー日本代表同様に、アツい内容でお届けするのが発売中のベストカー12月26日号! 創刊45周年記念第2弾の今号は名物の「ゼロヨンテスト」特集や今年を振り返る「クルマ界2022 The総括」特集。大注目の格好いい新型プリウスを丸裸にする特集もあります!

カタログ