日産 スカイラインクーペ乗りたいぞ!! 「あったらいいな」海外専売車5選

日産 スカイラインクーペ乗りたいぞ!! 「あったらいいな」海外専売車5選

 国内自動車メーカーは数多くの車種を展開し、国内ユーザーの期待に応えようと日夜努力を続けている。そして国内メーカーの良いクルマに期待を寄せるユーザーは、世界へ広がった。

 こうしたなか、国内メーカーが製造するクルマの中には、日本国内では販売されていないクルマが存在する。海外専売車と言われ、ぜひ日本でも売ってほしい魅力的なクルマが多いのだ。

 本稿では、5台の海外専売車を紹介するとともに、なぜ日本で販売されることがないのか、海外専売車をとりまく背景にも迫っていきたい。

文/佐々木亘、写真/TOYOTA、MITSUBISHI、SUZUKI、INFINITI

【画像ギャラリー】日本導入希望!! 国内メーカーの海外専売車 5台をチェックする(33枚)画像ギャラリー

■魅力あふれる国内メーカーの海外専売車 5台

1997年に北米市場にて発売されたトヨタシエナ。2022年には、発売25周年を記念したモデルを販売(全長5170×全幅1990×全高1770mm)
1997年に北米市場にて発売されたトヨタシエナ。2022年には、発売25周年を記念したモデルを販売(全長5170×全幅1990×全高1770mm)

●トヨタ シエナ

 並行輸入車を求めるユーザーが多く、日本国内でも頻繁に見かける海外専売車だ。ハワイへ行くと、タクシーとして使われていることが多く、運転したことはなくても、一度は後部座席に乗ったことがあるという人も珍しくないだろう。

 シエナは1997年にエスティマ(北米名ブレビア)の後継として北米市場に投入された。現行型は既に4代目モデルとなる。全長は5mを超え、全幅は1990mmと大迫力。

 2列目に超ロングスライドするキャプテンシートと両側スライドドアを備える。日本で多い1BOXタイプのミニバンではなく、ステーションワゴンを背高にしたような、流麗なエクステリアが魅力だ。

 ドライバーズカーにもショーファーカーにもなる素質を持ったクルマであり、海外専売車の中でも、最も名前の知られたクルマの一つに挙げられるだろう。

●ホンダ オデッセィ

ホンダ現行型オデッセイ。日本では過去に「ラグレイト」という名前で販売されていた(北米市場モデル/全長約5161×全幅約1993×全高約1734mm)
ホンダ現行型オデッセイ。日本では過去に「ラグレイト」という名前で販売されていた(北米市場モデル/全長約5161×全幅約1993×全高約1734mm)

 先日、生産終了を発表した日本のオデッセィとは違い、かなり大型のミニバンだ。日本では過去に「ラグレイト」という名で販売されており、北米市場を席巻している。

 北米仕様は現行型で5代目を数え、全長5mオーバー、全幅約1993mmと前述のシエナに近いスタイリングだ。低床低重心のボディに両側スライドドアを備える。ミニバンとしては世界初の10速ATを搭載したことでも話題になった。

 ステップワゴンも良いが、やはりホンダのミニバンはステーションワゴンタイプが似合うと思うのは筆者だけだろうか。高級ミニバンとして、ぜひ乗っておきたいクルマの一つに挙げたい。

●インフィニティ Q60

2016年登場した現行型インフィニティ Q60(全長4690×全幅1850×全高1385mm)
2016年登場した現行型インフィニティ Q60(全長4690×全幅1850×全高1385mm)

 日産がインフィニティブランドから投入しているQ60。スカイラインクーペというと覚えのある人も多いだろう。

 現行型は2016年に登場した。スポーティな2ドアクーペで、洗練されたエクステリアデザインは本当に美しい。パワートレインには3.0LのV6ガソリンツインターボを搭載する。

 クーペという日本国内では需要が厳しいカテゴリーのクルマだが、生涯一度は乗っておきたいクルマの一つだ。その完成度は世界的に見ても高く、日本の高級クーペ代表としても充分に推せる。

 2019年にはインパルが日本国内へ並行輸入を開始し販売をスタートした。電気自動車やSUVも良いが、日産にはセダンや高級クーペがよく似合う。

●三菱 パジェロスポーツ

2019年にマイナーチェンジした三菱パジェロスポーツ(全長4785×全幅1815×全高1835mm)
2019年にマイナーチェンジした三菱パジェロスポーツ(全長4785×全幅1815×全高1835mm)

 1990年代に大ヒットしたクロカンSUVのパジェロ。その名を継ぐクルマが東南アジアを中心にヒットしている。

 現行型は2019年にマイナーチェンジし、三菱のアイコンであるダイナミックシールドマスクを搭載した。ボディサイズは全長4785mm×全幅1815mm×全高1835mmと日本でも使いやすいサイズ感だ。

 最大の特徴は、パジェロ同様にラダーフレームを受け継いでいること。リアデフロックを備えたスーパーセレクト4WD IIを組み合わせ、オンロードはもちろん、悪路の走破性も充分に持ち合わせる。

 国内ではクロカンSUVがランクルシリーズ一強となっている今、パジェロスポーツが導入されれば、注目されること間違いなしだ。

 筆者も幼少期にパジェロを数多く見てきた子供の一人。運転できるようになった今、最新のパジェロに乗りたいという気持ちは非常に強い。

●スズキ ブレッツァ

スズキ ラブレッツァ。2022年6月に全面改良した際にビターラブレッツァからラブレッツァへ改名した(全長3995×全幅1790×全高1685mm)
スズキ ラブレッツァ。2022年6月に全面改良した際にビターラブレッツァからラブレッツァへ改名した(全長3995×全幅1790×全高1685mm)

 スズキが海外市場の中で得意にしているのはインドだ。そのインドでもSUVブームが起きており、ブームのけん引役がブレッツァである。

 ボディサイズは全長3995mm×全幅1790mm×全高1685mmと、国内モデルではあまり見ない、全長短め幅広めという個性的なサイズ感。クルマとしてはエスクードをクロスビーのサイズまで小さくしたような感じになる。

 スタイリッシュなデザインに充実の内装は、プチ高級SUVとして日本市場にもマッチしそうだ。小さなクルマを得意にするスズキが、本気で作ったSUVをここに見た。

次ページは : ■海外専売車が日本で発売できないワケ

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

なんと今年12月発表!! ランドクルーザーFJのすべてがわかる「ベストカー」3月26日号

なんと今年12月発表!! ランドクルーザーFJのすべてがわかる「ベストカー」3月26日号

 春とともに大ニュースが飛び込んできました! ランドクルーザーミニ改め、ランドクルーザーFJの決定的情報を本誌スクープ班が入手。詳細がバッチリ掲載の「ベストカー」3月26日号が発売中!! 走りのSUV特集やトヨタ帝国特集もあります!