あのグランツーリスモが25周年! 各社が作った「ビジョン グランツーリスモ」は汗と涙の塊だった!

あのグランツーリスモが25周年! 各社が作った「ビジョン グランツーリスモ」は汗と涙の塊だった!

 初回作発売から25周年を迎えた世界的なレースゲーム「グランツーリスモ」。クルマ好きなら一度はハマったことがあるだろう。遊び方はさまざまだが、自動車メーカーがこのゲームのためにガチで作った「ビジョン グランツーリスモ」を操るのも大きな魅力。そこでここでは、日本車メーカーが生んだ傑作ビジョン グランツーリスモを振り返ってみよう。

文/ベストカーWeb編集部、写真/ソニー・インタラクティブエンタテインメント

■三菱コンセプト XR-PHEVエボリューション ビジョン グランツーリスモ(2014年5月30日発表)

三菱 コンセプト XR-PHEV エボリューション ビジョン グランツーリスモ
三菱 コンセプト XR-PHEV エボリューション ビジョン グランツーリスモ

 そもそもビジョン グランツーリスモとは、「グランツーリスモ」シリーズのプロデューサー山内一典氏がメーカー各社に「みなさんの考えるグランツーリスモ(GTカー)をデザインしていただけませんか」と投げかけたことに始まる。以来世界中のメーカーから超ド級のクルマたちが生まれ、現在その数は35車種にも上るのだが、日本メーカーでいち早く応じたのが三菱だった。

 三菱のビジョングランツーリスモは、パリダカやWRCで培ったコンペティションの遺伝子を核に、2013年東京モーターショーに出展した「MITSUBISHI Concept XR-PHEV」のコンセプトをさらに発展させたもの。外観では、黎明期にあったダイナミックシールドを採用しているが、注目はその中身。プラグインハイブリッドやS-AWCの採用など、まんまアウトランダーPHEVのシステムを移植しているのだが、逆に言えばアウトランダーの未来性、拡張性がそれだけすごいということなのだ。

 アジアクロスカントリーラリーでモータースポーツにも復帰を果たした三菱。将来はこんなクルマで、世界を舞台に戦ってほしい。

■日産コンセプト2020 ビジョン グランツーリスモ(2014年6月25日発表)

日産コンセプト2020 ビジョン グランツーリスモ
日産コンセプト2020 ビジョン グランツーリスモ

 三菱と相前後して登場したのが日産のビジョン グランツーリスモだ。イギリスの若手デザイナーたちが手がけたスタイリングに、日本のエンジニアの技術的検討やシミュレーションが加わり、きたる2020年のGTカー像を先取りして誕生したという。2015年の東京モーターショーには実車も展示された。

 その成り立ちの核には、日産が誇る「GT-R」があることは確かだが、ボディパネルの造形がダイナミックでハイパーカー的なたたずまいもある。パワートレインはV6ツインターボに前2基、後ろ1基の3モーターを加えたパフォーマンスハイブリッドFR-4WDシステムを採用するが、電動化されるという噂もある新型GT-Rにも繋がる要素技術かもしれない。

次ページは : ■TOYOTA FT-1 ビジョン グランツーリスモ(2014年9月16日発表)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ