【ハンドルから異音?】 致命的なトラブルの前に「愛車危機察知能力」を強化せよ!!

 下の表を見てもらえればわかるように、クルマの使用年数は右肩上がりに伸びてきた。クルマの信頼性が大きく向上している証拠だしそれ自体はめでたいことなのだが、それにしたってクルマは機械。壊れる時はやっぱり壊れる。

 しかし本格的に壊れる前の前兆を感じ取れれば、修理費用を抑えることだって可能だ。

 本格的な故障へ発展する前にクルマが発する兆候を感じ取る力、そう、「愛車危機察知能力」が大事なのだ。シロートではなかなか整備の手を出しづらくなった最近のクルマではあるが、その能力を極限まで高めれば、愛車は元気、ドライバーも元気、ついでに財布の危機だって遠ざかる、かもしれない。

 とはいえ、「出費」のふた文字がアタマを過れば、故障の予兆なんて「気のせい」で済ませてしまいがち。ここでは、クルマのメカニズムに精通するライター高橋統一郎氏に、考えうる車の故障の「予兆ポイント」と、具体的にどんな故障が考えられるか、そしてその費用を挙げてもらった。

■クルマ(乗用)の平均使用年数推移

※本稿は2018年12月のものです。紹介している修理費用は一例です。ケースによって修理費用が大きく異なる場合があります
文:高橋統一郎/写真:Adobestock、ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2019年1月10日号


■[症例] 運転中にハンドルを回すと異音がする?

 ハンドルを回すとギリギリとかガガガッなどの異音がする場合がある。考えられるのはフロントのストラットアッパーに使われるベアリングの劣化。また、大舵角で音が出る場合はドライブシャフトのジョイント部のトラブルの可能性がある。ここのブーツが破れると内部のグリスが漏れたり、水が入ったりしてベアリングがダメになる。

〈いくらで直る?〉

 ストラットアッパーが原因の場合、交換費用は片側1万から2万円程度。ドライブシャフトのブーツ交換なら数千円、ジョイントまで行くと片側2万から3万円以上は必要。

指で指し示した部分がドライブシャフトブーツ。覚えておこう

■[症例] ウインカーがやたらと早くカチカチ言う?

 ウインカーを作動させた時、普段よりカチカチ音のテンポが速く聞こえたら要注意。ウインカーのバルブが切れて、実際はウインカーが点滅していないかも。危機管理としてできることは、ウインカーバルブを携帯しておいて自分で交換なのだが、できなければショップなどで交換だ。

〈いくらで直る?〉

 費用は高くても数千円。気をつけたいのがウインカーをLEDバルブに交換しても、この症状が出る場合があること。その際には専用のリレーなどに交換することが必要だ。費用はやはり数千円程度。

■[症例] エンジン冷間時に「キュルキュル」音がする?

 たまにエンジンルームから結構派手なキュルキュル音をさせながら走っているクルマを見る。これはファンベルトが滑っている症状だ。ただ、実際にはファンは電動が多いからオルタネーターやパワステ、ウォーターポンプのベルトだったりする。ベルトの張りが適正でなかったり、劣化していることが原因だ。エンジン始動後はオルタネーターの負荷が高く鳴りやすいが発電が一段落すると止まるので見過ごされやすい。

〈いくらで直る?〉

 1万円以内で修理できるので早めに対処しよう。

ベルトのキュルキュル音は意外に目立つ。メンテ不足の証拠のようなものなので、チト恥ずかしい。早急に対処すべし

■[症例] スピードが乗るとガタガタ、ブルブルとハンドルに振動が

 80km/時程度のスピードになるとハンドルにガタガタ、ブルブルと伝わる振動(シミー)。疑われるのはホイールバランスの狂い。タイヤ交換時にバランス取りしていても、走っているうちにズレることがある。また、見落としがちなのがホイール交換時のセンターハブ径の不一致。合わずにセンターが出ないと、この時もシミーが出る。

〈いくらで直る?〉

 タイヤのバランス取りだけなら2,000円から3,000程度(1本)。問題がセンターハブ径の時はハブリングの装着が有効。数千円で快適に走れる。

■[症例] セルの回り方が力弱い気がする

 突然エンジン始動できなくなるバッテリー上がり。前兆はセルの回転が弱くなったとか、アクセルのオンオフでライトの照度が変わるなどが典型的。現在はバッテリーの性能が上がった半面、最後の最後まで頑張って、翌朝いきなりエンジンがかからなくなる場合もある。危機管理のポイントは、いつ交換したかをチェックしておくこと。寿命は平均して3~4年だ。

〈いくらで直る?〉

 交換費用はガソリンエンジン車用なら1万から2万円程度、ハイブリッドの補機用ならば2万円から4万円程度だ。

「まだイケるだろ」と油断しがちなバッテリーだがクルマは電気がないと動かない。油断厳禁

■[症例] 強く踏まないとブレーキが効かなくなった?

 激しい走行をしたわけでもないのに極端にブレーキの効きが悪くなったとすれば、それはブレーキブースターの故障が考えられる。ブレーキは足の力を油圧でキャリパーまで伝えているだけでなく、エンジンの吸気で負圧を作っておいて、ブレーキを踏むとその力も使って制動力を増している。倍力装置と言われるゆえんだ。エンジン停止状態でブレーキを踏むと、停止に予想外に強い力がいることがわかるが、その状態で走行することになるので大変危険。

〈いくらで直る?〉

 5万円~10万円程度。

■[症例] アクセルのオン、オフで下回りから「ガチンガチン」?

 走っている時というのはアクセルのオンやオフを繰り返すことになる。この時に「コツンコツン」という音や、場合によっては「ガチンガチン」という音がする場合がある。

 まず疑われるのがロワアームの取り付け部の緩み。これはボルトを締めれば直ることがあるが、エンジンマウントやミッションマウントの切れでもそうした音が発生することがあるので注意が必要だ。

〈いくらで直る?〉

 ロワアームの増し締めなら工賃のみなので数千円程度だが、マウントの交換となると、やはり2万から5万円程度はかかるだろう。

■[症例] タイヤ周辺から「ゴーッ」という音が聞こえる?

 走行時にタイヤ周辺から「ゴーッ」と音がする場合には、ハブベアリングの劣化が考えられる。音が出るとすでに末期で、それ以前にはハブのガタとして現われることもある。ジャッキアップした時に、ちょっとタイヤを揺すってみるとわかるから、タイヤ交換の機会にチェックすれば早期に発見できる場合もある。

〈いくらで直る?〉

 ハブベアリングの交換ならば片側2万円から3万円程度。末期だとドライブシャフトの交換も必要となりプラス2万から4万円以上と、けっこう大きな出費となる。

ハブベアリングはある程度距離や年数が行ったクルマなら異音がなくても交換を考えたい

■[症例] エンジンのほうから「ガラガラ」「ゴーッ」て音が……?

 エンジンに冷却水を送り、適正な温度に保つ役割をする要がウォーターポンプだ。これが壊れるとオーバーヒートというエンジンに致命的なトラブルを与えることがある。症状は一概に言えないが、「ガラガラ」とか「ゴー」とか「キー」という音がすること。

 またウォーターポンプのシールの劣化が原因で水漏れすることもある。この場合は目視以外に確認はできない。

〈いくらで直る?〉

 交換費用は車種によるが、だいたい2万から5万円というところ。エンジン本体まで影響する前に修理したい。

■[症例] バッテリーの形をした警告灯が光ってるんだけど?

 メーターパネル中にある警告灯で、バッテリーの形をしたものがチャージランプ。これはバッテリーの劣化で点灯すると思う人もいるようだが、実際はオルタネーターのトラブル。オルタネーターが故障すると、バッテリー残量があるうちしかエンジンの点火系が動かないので、立ち往生ということもある。もしエンジンを始動してこれが点灯した場合には、即座にディーラーに連絡したほうがいい。

〈いくらで直る?〉

 修理交換費用は2万円から5万円というところ。ベルトの交換だけなら数千円で済む。

主な警告灯の種類と意味。赤=危険、黄=注意を表わし、温度の高低を示すものは赤=高温、青=低温と感覚で認識できるようになっている。

■[症例] 走っていると足回りから「ギシギシ」音が?

 異音で目立つのがサスペンション回り。「ギシギシ」とか「ギューギュー」とか音がする場合は、ブッシュの劣化の可能性が高い。そのまま乗り続けていると不快な音ばかりではなく、操縦性にも影響するし、さらに進行すれば亀裂や破断にもなりかねない。そうすると、今度はボディにまで被害が広がり……、などということもある。

〈いくらで直る?〉

 個々のブッシュの価格は数千円だが、全交換となると工賃をあわせて3万円から5万円以上という場合もあるので、重要なところだけでも交換しておくといいだろう。

■[症例]ヒーター作動で甘い匂いが漂ってくる…?

 車内を温めようとヒーターの温度を上げると、エアコンのルーバーから甘い匂いが……。そんな場合は、ヒーターコアが劣化して冷却水がそこから漏れているのが原因だ。この場合、ヒーターコアの交換が必要となる。

〈いくらで直る?〉

 車種にもよるが部品自体は2万から3万円くらいで済む場合がある。ただ交換するために内装やら補機やらを外さなければならないので、けっこう工賃がかさむことも……。とりあえず5万円から10万円くらいが目処になるだろう。少量の漏れならラジエターの水漏れ止めを使う手もある。

車内に漂う甘い香り。その原因はチョロいものではなく、修理費用も場合によっては激辛

■[症例] ブレーキを踏むと断続的にペダルが押し戻されるような……

 ブレーキを踏んだ時にペダルが断続的に押し返される(ジャダーが出る)場合がある。これはブレーキローターが不均一に減っているため、ブレーキパッドが押し返されてペダルに伝わる現象。偏摩耗するにつれて大きくなる。パッドのせいかな? と思い交換しても直らずにがっかり……ということも。速やかにローターの交換が必要だ。

〈いくらで直る?〉

 交換費用はローター1枚につき1万円から3万円程度。4輪交換しなければならない場合もあるが、フロント2枚だけで済むことも多い。

*   *   *

 クルマが上げるかすかな悲鳴の例を13パターン挙げてみた。初期症状は軽微でも、放置すると多大な出費につながったり最悪、事故につながる可能性もある。ぜひ危機管理能力を極限まで高め、平和な毎日をお送りください。


【番外コラム】 今年も「猫バンバン」の季節がやってきた!!

 「危機管理能力」をテーマに、クルマを所有する全オーナーに向け注意を喚起してきたが、オーナーが予測すべき危機は、メカニカルなものだけではない。これからの季節で気を付けるべきは、ネコだ。

 寒い季節、ネコは暖を求めて、エンジンルームやタイヤハウス内に入り込んでしまうことがある。ネコがいることに気付かず、そのままエンジンをかけてしまうと……、そこに広がるのは阿鼻叫喚の地獄絵図だ。

 そんな悲劇を避けるため、日産が2016年から展開しているのが「猫バンバンプロジェクト」。エンジンをかける前にボンネットをバンバン叩いて車体を揺らし、ネコに人間の接近を知らせて逃げる時間を与えるというものだ。

 エンジンを切ってから、冷えきらないうちに再びエンジンをかけるようなパターンが一番危ないというから、「なんかやたらとネコがいるなー」というようなコインパーキングにクルマを止めてしまった時は要注意だ。ボンネットをバンバン叩くだけでなく、エンジンルームの目視も組み合わせれば、さらに完璧だ。

 今や日産以外のメーカーにも広がりを見せる「猫バンバン」、ぜひアナタも今日から実践してほしいにゃー。

最新号

ベストカー最新号

【祝・創刊1000号!!】日本の新車SCOOPモーターショー開催|ベストカー9月10号

 ベストカーの最新刊が本日発売!   1978年1月に創刊号を発行し、1985年7月26日号から月2回刊に移行。自動車雑誌「ベストカー」は、本日発売の9月10日号で創刊1000号を迎えました。  1000号までお付き合いくださった皆さまには…

カタログ