ハッタリ度200%!! 実はこっそり300万円台以下!! 「輸入車は高い」は勘違い!! 高コスパカー5選

ハッタリ度200%!! 実はこっそり300万円台以下!! 「輸入車は高い」は勘違い!! 高コスパカー5選

 クルマ好きならば誰もが一度は頭に描いたことがあるであろう「輸入車に乗ってみたい!」という想い。そんな憧れの気持ちを邪魔する最大の障害となるのがやはり、国産車より割高なお値段。新車での購入ともなればさらにそのハードルは高くなる。

 コロナ禍による原材料費の高騰や急激な円安などによる値上げラッシュでここ最近さらに高嶺の花となりつつある輸入車だが、そんななかにあっても実は国産車と大差のないお財布にやさしいモデルがこっそり(?)と存在する。

 懐は寒いが見栄は張りたい! そんなアナタも満足できる、ハッタリ度満点のお薦めハイコスパ輸入車5台を紹介していこう!

文/井澤利昭、写真/BMW Japan、フィアット、フォルクスワーゲン、プジョー、ルノー・ジャポン

【画像ギャラリー】輸入車は高嶺の花じゃない! 所有欲を満たす高コスパカーをチェック!!(15枚)画像ギャラリー

知る人ぞ知る!? 輸入車SUVナンバー1の人気者「フォルクスワーゲン T-Cross TSI Active」

ハッタリ度200%!! 実はこっそり300万円台以下!! 「輸入車は高い」は勘違い!! コスパカー5選
コンパクトでありながらどの角度から見てもボリューム感を感じさせる、存在感のあるエクステリアデザイン

 輸入車らしい”いかにも”な派手さこそないものの、ドイツ車ならではの質実剛健な作りが日本人とマッチし、多くの車種を乗り継いできたクルマ通が選ぶイメージがあるフォルクスワーゲン。

 魅力的なラインナップが揃うなかでも、国内販売がスタートした2020年から2021年までの2年連続、輸入車SUV部門で登録台数ナンバー1を記録したコンパクトSUVがT-Crossだ。

 その人気の秘密はやはり300万円代前半から購入できるコストパフォーマンスの高さだ。ベーシックな「TSI Active(304万3000円~)」を筆頭に、用意されているほぼすべてのグレードが300万円台に収まる価格帯なのも嬉しいところ。

 もちろんT-Crossの魅力は価格のみにあらず。日本の道路事情にもマッチするコンパクトなボディでありながら、そのサイズからは想像できない快適な室内空間と大容量を誇るラゲッジスペースを備え、1.0リッター TSIエンジンとデュアルクラッチを持つ7速DSGトランスミッションの組み合わせは、あらゆるシーンでパワフルかつスムーズな走りを披露する。

 フォルクスワーゲン・SUVラインナップの末っ子でありながら、そのやんちゃな走りと高い実用性は価格以上の魅力にあふれている。

次ページは : 大胆で個性的なスタイル! 300万円以下で手入るモデルも! 「プジョー208 Allure」

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ