え…人気車が100万円台で買える?? プロが選ぶお値打ちお買い得モデル4選

え…人気車が100万円台で買える?? プロが選ぶお値打ちお買い得モデル4選

 物価高騰や原油高などの影響により、クルマの買い替えも慎重にならざるを得ない昨今。新車価格もじわじわと上がっていることから、新車を諦めて中古車を検討したり、安い軽自動車でいいか…と考えている人も少なくないだろう。

 確かに昨今のクルマは装備が充実していることから、簡単に買える価格ではなくなってきているが、探せばお買い得なモデルもある。100万円台で購入できる、お値打ちなクルマをいくつかピックアップしよう。

文:立花義人、エムスリープロダクション
写真:TOYOTA、SUZUKI、ベストカー編集部

ただのコンパクトカーじゃない!! スズキ「スイフトスポーツ」

 100万円台でクルマを探すとなると「走りは諦めるか…」となるところだが、スポーツな走りを求めても予算内に収まってしまうのが「スイフトスポーツ」だ。価格は6速MTで税込188万円、6速ATモデルでも税込195万円(ただしスズキ セーフティサポート、いわゆる先進安全運転支援システム非装着のモデルのみ)と、100万円台で購入できる。

 970kgという軽量かつ強靭な新プラットフォームによる軽快で俊敏なハンドリング性能、低回転から高いトルクを発生させる1.4Lの直噴ターボの加速感、走りのためにチューニングされたトランスミッションやサスペンションシステム、パワフルなブレーキシステムなど、こだわりの設計とパーツが満載。5ドアなので普段使いの使い勝手もよく、走りも過激すぎないのでバランスが良い。これが100万円台で買えるのだから、コスパは非常に高い。ぜひ若い世代にも乗っていただき、クルマを走らせる楽しさを知ってほしい。ちなみに今年2023年には、次期型スイフトの登場が予想されている。代を追うごとに進化するので、しばらく様子見するのもよいかもしれない。

100万円台から買えるホットハッチ、スイフトスポーツ。この性能とこだわりが100万円台で手に入るなんて、なんと幸せなことだろうか
100万円台から買えるホットハッチ、スイフトスポーツ。この性能とこだわりが100万円台で手に入るなんて、なんと幸せなことだろうか

100万円台ながらひとクラス上を味わえる トヨタ「カローラ」

 累計販売台数でギネス世界記録も樹立した、トヨタが世界に誇るブランド「カローラ」。名ブランドであるだけに、「カローラ」ときくと、どうしても古典的なイメージを持ってしまうが、現行型カローラは若々しいスタイリングとなり、特にステーションワゴンのカローラツーリングが人気のようだ。

 ツーリングは税込207万円からと、今回の企画からは外れてしまうのだが、セダンであれば、税込199万円で購入できる。セダンのメリットは3ボックスとなるため車体剛性が高く、ハッチバックやワンボックスよりハンドリング性能で優れること。実用面でも一見ハッチバックの方が使いやすそうに思えるが、セダンでも荷物はたっぷり積めるし使い勝手も良い。

 現行型は3ナンバーボディとなったため、旧世代の5ナンバーサイズ「カローラ アクシオ」(税込161万円~)も継続販売されているが、やはりデザインの良さやTNGAプラットフォームの採用、また装備が新しいということで現行型を選びたいところ。税込199万円で購入できるエントリーグレードのXは、インテリアがシンプルだが、ヘッドライトはLEDだし、歩行者(昼夜)にも対応したプリクラッシュセーフティや全車速追従機能付きのレーダークルーズコントロールも装備される(Xは停止保持機能なし)。シンプルな内装で良いのであれば満足できる内容だ。ヤリスを選ばず、ひとクラス上のかっこいいセダンを選ぶというのも悪くない選択だと思うが、いかがだろうか。

若々しいデザインで、セダンでも、まったくオジさんくさくない、現行型カローラセダン
若々しいデザインで、セダンでも、まったくオジさんくさくない、現行型カローラセダン

次ページは : 人気のコンパクトSUVで狙うなら!! トヨタ「ヤリスクロス」

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ