待ってろ欧州勢!! 新型クラウン軍団最注目モデル「クラウンエステート」登場は1年以内!!

海外を見据えつつ、日本人にもあわせたクルマづくりが必要

 新型クラウン4車種はグローバルで販売されることが決定しており、ライバルはジャーマン3を含む欧州メーカーや国内メーカーの海外専売モデル、評価の高い韓国系メーカー、ダークホース的な中国メーカーなど様々。具体的には、レガシィアウトバックやメルセデスオールテレイン、BMW ツーリングなど強豪がそろうジャンルに挑むことになる。

 これらを考慮すると、かつての「クラウンエステート」は、フォーマルなイメージが強いクラウンに広大なラゲージを与えることで、週末には仕事から離れて自由に時間を楽しめるような、遊び心のあるステーションワゴンであったが、今回の新型エステートでは、先代のクラウンエステートのように、日本国内でとどまる前提のクルマづくりでは、勝ち抜くことは難しくなる。クラウンクロスオーバーがフォーマルから大きく離れて登場したように、新型クラウンエステートの立ち位置も大きく変わってくるはずだ。

 しかしながら、海外だけを見据えたクルマづくりでも、かつてのレガシィツーリングワゴンがそうであったように、伝統の「クラウン」ブランドを維持することが難しくなる。ただ、クラウンクロスオーバーが国内で想像以上にヒットしていることを考えれば、そのような心配も無用なのだろう。あと数か月ほどで全貌が明かされると思われる、新型クラウンエステート。登場が非常に楽しみだ。

初代レヴォーグ(2014年~2020年)。北米市場にあわせて肥大化したレガシィツーリングワゴンに代わって導入された、国内専売のステーションワゴン。実用性が求められるステーションワゴンにとって、日本にあわせた設計であることも重要だということを示した一台
初代レヴォーグ(2014年~2020年)。北米市場にあわせて肥大化したレガシィツーリングワゴンに代わって導入された、国内専売のステーションワゴン。実用性が求められるステーションワゴンにとって、日本にあわせた設計であることも重要だということを示した一台
【画像ギャラリー】ブーム再燃なるか!?? 新型クラウンエステートのライバルとなる、世界の高級ワゴンたち(16枚)画像ギャラリー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

三菱デリカにニューモデル、現る!? 未来のための新エンジン。AT対MT対決など、今号もクルマ界の隅々まで網羅します