スズキ エスクード&イグニスどうした!? パッとしないに意欲作に喝を入れる

スズキ エスクード&イグニスどうした!? パッとしないに意欲作に喝を入れる

 2022年4月にハイブリッドシステムを搭載し復活を果たしたとスズキ エスクードと、2021年9月7日に一部仕様変更を果たした同イグニス。いいクルマながらスイフトやジムニーなどの売れ筋モデルの影に隠れてしまうのか、売れ行きはどうもパッとしない。「こうすればもっと売れるんじゃないないか!?」的施策を提言したい!

※本稿は2022年12月のものです
文/渡辺陽一郎、ベストカー編集部、写真/ベストカー編集部
初出:『ベストカー』2023年1月10日号

■マニアックな商品性だけに素のグレードもほしい スズキ エスクード(2022年10月販売台数:66台)

2022年4月にハイブリッドを搭載して復活したスズキ エスクードだが、販売は今ひとつ伸びていないようで……。価格は297万円
2022年4月にハイブリッドを搭載して復活したスズキ エスクードだが、販売は今ひとつ伸びていないようで……。価格は297万円

●こんないいところがある!

 ハンガリーにあるスズキの工場で生産される輸入車だ。そのために実用性を重視している。水平基調のボディは視界が優れ、リアゲートも角度を比較的立てたから、背の高い荷物を積みやすい。後席の足元空間はあまり広くないが、大人4名の乗車が可能で、ラゲッジの広さには余裕がある。

 現行型は直列4気筒1.5Lエンジンに、コンパクトなモーターを組み合わせた。ATは1組のクラッチを使う6速のオートギヤシフトで、変速時にはモーターの駆動力を高め、滑らかに繋げる制御も行う。ATとしてはマニュアル感覚が強く、アクセル操作による速度調節もしやすい。運転が楽しく感じる。

スポーティなデザインのインパネ
スポーティなデザインのインパネ

●ここを鍛え直したい!

 クルマ好きのドライバーが運転すると、車両の姿勢を作りやすい足まわり、コントロール性の優れたATの制御などに面白さを見出すだろう。

 ただし奥が深く、最初は「このクルマの一体どこがいいんだ?」と思った。特にオートギヤシフトは、洗練されてきたものの、「これなら5速MTが使いやすい」と感じるユーザーも多い。

 一般ウケしない個性派向けの商品だから、ジムニーXGのようなスチールホイールなどを装着するツール感覚の素朴なグレードがあるといい。

 ディーラーオプションの外装パーツも充実させたい。選ぶ時から楽しめる雰囲気が欲しい。

●鍛え直し策もういっちょ!

 ハイブリッド感ゼロの黒バンパー+背面タイヤ仕様をノマドのサブネーム付きで限定販売。

次ページは : ■ボーイズレーサー仕様を作っても似合うはず! スズキ イグニス(2022年10月販売台数:159台)

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

新型MR2の確定情報、入電! ポルシェ911ダカール、クラウン”ランドスケープ”など激アツ車種勢ぞろい【ベストカー8月10日号】

新型MR2の確定情報、入電! ポルシェ911ダカール、クラウン”ランドスケープ”など激アツ車種勢ぞろい【ベストカー8月10日号】

SCOOP班も驚き! MR2とセリカに新情報が続々! SUV選びに悩む人もこの一冊を読めばすべて解決!? 酷暑を吹っ飛ばすほどのニューカー情報盛りだくさんです!