プロパイロット2.0は478万円……国産3メーカーミニバン対決 ハイコスパ先進支援システム搭載車はどれ?

プロパイロット2.0は478万円……国産3メーカーミニバン対決 ハイコスパ先進支援システム搭載車はどれ?

 2022年1月にトヨタの「ノア/ヴォクシー」が、同年5月にホンダ「ステップワゴン」が、そして同年12月に日産「セレナ」が、それぞれ新型へとモデルチェンジをし、国内3大メーカーのミドルクラスミニバンの新たな対決が始まった。 ADASとコストからみたこのカテゴリーの覇者はどれだ?

文/吉川賢一、写真/ベストカーWeb編集部

■基本のADASは付いていて当たり前、付加機能に注目を!!

ヴォクシー試乗中の筆者。ボックスタイプミニバン対決というものの、ついていて当たり前のADASは付加機能の部分が大事だと指摘する
ヴォクシー試乗中の筆者。ボックスタイプミニバン対決というものの、ついていて当たり前のADASは付加機能の部分が大事だと指摘する

 ADASについては、ノア/ヴォクシー、ステップワゴン、セレナなどのミドルクラスミニバンにもなれば、アダプティブクルーズコントロールやレーンキープアシスト、衝突軽減ブレーキなどは、もはやついていて当たり前の装備だ。メーカーによって名称は異なるが、基本的な機能はほとんど同じなので、ついていること自体が「有利」ではなく、どういった付加機能があるかが重要。

 付加機能を比較するため、まずは、この3台のADASを、「前方支援」「側方支援」「後方支援(駐車時)」の3つに分けてみた。以下で、それぞれの車両価格とともに、詳細をご紹介していこう。 

セレナ、ステップワゴン、ノア/ヴォクシーのADAS機能の一覧。似た機能が多く並ぶが、標準装備の中に他メーカーにはない光るアイテムがあると有利(●印は追加オプション、それ以外は標準装備)
セレナ、ステップワゴン、ノア/ヴォクシーのADAS機能の一覧。似た機能が多く並ぶが、標準装備の中に他メーカーにはない光るアイテムがあると有利(●印は追加オプション、それ以外は標準装備)

■プロパイロット2.0を求めると、478万円が必要となる「セレナ」

プロパイロット2.0は最上級モデルとなるLUXIONのみの標準搭載設定となっている
プロパイロット2.0は最上級モデルとなるLUXIONのみの標準搭載設定となっている

 セレナは、ACCやレーンキープアシストなどを含む「プロパイロット」が、税込276万円のエントリーグレードを含めて全車標準装備となる。ただし、「ナビリンク付プロパイロット(地図情報をもとにコーナーで自動減速する機能)」にアップグレードするには50万円近いセットパッケージが必要であり、ハンズオフができる「プロパイロット2.0」は、最上級LUXION(479万円~)のみに標準搭載だ。

 プロパイロット2.0は、他メーカーが渋滞時のみのハンズオフにとどまっているなかでは、際立って優秀なADASではあるのだが、価格もダントツ高いため、コスパの面ではよいとはいえない。

 また、セレナは「360度セーフティアシスト(全方位運転支援システム)」を標準搭載。左右の死角や前後の死角にいるクルマも検知し、ドライバーへ通知する。ただし、「プロパイロット緊急停止支援システム(意識反応が得られない場合に自動停車)」や、「SOSコール(自動で緊急通報)」は、先ほどの50万円クラスのメーカーオプションを選択する必要がある。

次ページは : ■先進技術アイテムのお品書きが、いま一歩少ない「ステップワゴン」

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

三菱デリカにニューモデル、現る!? 未来のための新エンジン。AT対MT対決など、今号もクルマ界の隅々まで網羅します