プロボックスはハズシの美学? 個性派オーナー必見! トゲのある現行国産車5選

プロボックスはハズシの美学? 個性派オーナー必見! トゲのある現行国産車5選

 美しいバラにはトゲがあるという。それはつまり、フェラーリのようなクルマは、美しいバラのようにトゲ(維持費など)で苦労するぞということだ。

 しかし世の中には、フェラーリとは正反対の方向性で、「トゲ」のあるクルマが存在する。それは、一般的な価値観からすると、まったくもって箸にも棒にもかかりにくいクルマだ。

 たとえばトヨタのプロボックス。純然たる商用車で、一般的な価値観では魅力がない。ではプロボックスはトゲのあるクルマかというと、そうでもない。プロボックスには、一部クルマ好きを引き寄せるプロっぽさがあり、ハズシ技としてアリな「蜜」も持っているからだ。

 そういう蜜もない、純然たるトゲだけの現行国産車を5台選んでみた。

文/清水草一、写真/トヨタ、日産自動車、マツダ、三菱自動車(※画像は記事中のグレードと異なる場合があります)

■トヨタ ヤリス1.5X 6MT/154.8万円

トヨタ ヤリス。ヤリスのガソリン車には1.0もあり、そちらはCVTのみで、営業マンの足として活躍している。1.5X 6MTを買う者は滅多におらず、選りすぐりの勇者といえる(写真はX“Bパッケージ”)
トヨタ ヤリス。ヤリスのガソリン車には1.0もあり、そちらはCVTのみで、営業マンの足として活躍している。1.5X 6MTを買う者は滅多におらず、選りすぐりの勇者といえる(写真はX“Bパッケージ”)

 ヤリスの1.5ガソリン車6MTの廉価グレードだ。ヤリスのガソリン車には1.0もあるが、そちらはCVTのみ。ヤリスの最廉価グレードゆえ、営業マンの足として活躍している。対する1.5ガソリンの6MTは、すさまじくハードルが高く、トゲに満ちている。

 実はヤリス1.5・6MTは、乗るとすばらしくマニアックで、クルマ好きなら大いに楽しめる「蜜」を持つクルマだ。軽量ボディに軽量なエンジンを積み、信じられないほどデキのいい6MTが装備されているのだ。その性能を使い切って走れば、一般的なスポーツカー以上に楽しめる。

 がしかし、だからってヤリス1.5X・6MTを買うクルマ好きがどれくらいいるだろう。クルマ好きならGRヤリスに目が行くし、GRヤリスが無理ならスイスポに走るだろう。いかにデキのいいクルマであっても、ヤリス1.5X・6MTを買う者は滅多にいない。それは、選りすぐりの勇者である。

■トヨタ カローラアクシオEX1.5 5MT/161万円

トヨタ カローラアクシオ。営業車需要のために存続しているといっていい。「ATは怖くて乗れん! MT一択!」という頑固な営業マンがチョイス
トヨタ カローラアクシオ。営業車需要のために存続しているといっていい。「ATは怖くて乗れん! MT一択!」という頑固な営業マンがチョイス

 カローラアクシオは、トヨタが営業車需要のために作り続けている先代カローラアクシオ(セダン)の廉価バージョン。しかしそこになぜか、5MTが残されている。「ATは運転したことないから怖くて乗れん! MT一択!」というごく少数の高齢者のために残されているグレードだ。トヨタの親心には泣けてくる。

 泣けてくるが、これほどトゲだらけのクルマも珍しい。なぜなら、「ATは運転したことないから怖くて乗れん!」という頑固親父以外には、一切アピールしないからである。

 なにしろ先代カローラアクシオだ。今のカローラ(セダン)と比べれば、クルマのデキは月とスッポンなんてもんじゃない。先代カローラはヴィッツをベースに作られた、徹底的にすべてが安っぽい小型セダン。ボディと足回りのスカスカぶりは特筆に値する。

 デザインも絶望的だ。中には「あのダメでカッコ悪いのがいい!」という変態志向の方もいるかもしれないが、あまりにも変態すぎて見つけるのが困難だ。しかも5MT! あえてこれを買う人を心から尊敬します。

次ページは : ■日産 スカイラインGT/457万円~

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

トヨタセリカ復活計画、始動!? 新型ホンダフリードの獲れたて新情報も盛りだくさん!【ベストカー6月10日号】

トヨタセリカ復活計画、始動!? 新型ホンダフリードの獲れたて新情報も盛りだくさん!【ベストカー6月10日号】

トヨタ自動車の壮大なるBIGネーム復活計画の第四弾は……なんとトヨタセリカ!? 新型ホンダフリードの注目情報や、レーシングドライバー岩佐歩夢選手の新旧ホンダスポーツカー試乗など、GW明けから全力投球な企画だらけです!