やっぱセダンはキツイ!? 乗るとめっちゃいいのに販売厳しいクルマ5選

やっぱセダンはキツイ!? 乗るとめっちゃいいのに販売厳しいクルマ5選

 かつてセダンといえば憧れの存在であったが、トヨタ カローラや日産 スカイラインと往年の人気モデルが軒並み厳しい状況。ほかにもホンダ N-BOXの陰に隠れがちなN-WGNなどなど、乗ればいいのに不人気のクルマはいくつも。一体なぜなのか!? 

文/渡辺陽一郎、写真/TOYOTA、NISSAN、SUBARU、DAIHATSU、HONDA

■いいクルマだけど売れない理由は「セダン」だから!?

 販売が好調な車種は、多くのユーザーが使っているから優れた商品と判断されるが、売れていないからダメとはいえない。例えば今はスポーツカーの需要が減っており、優れた商品でも好調に販売するのは難しい。

 そこで良いクルマなのにあまり売られない車種を取り上げて、その理由、優れた特徴、こうすれば売れるのに、といったことを考えたい。

2022年にマイナーチェンジが実施されたカローラセダン。ガソリン車は1.5Lに縮小された一方で、ハイブリッド車はモーター出力が向上した
2022年にマイナーチェンジが実施されたカローラセダン。ガソリン車は1.5Lに縮小された一方で、ハイブリッド車はモーター出力が向上した

●コンパクトセダン:トヨタカローラセダン
*2022年の1カ月平均登録台数:約800台

 カローラセダンの2022年における1カ月平均登録台数は約800台だ。カローラシリーズ全体では1万台を少し上まわったから、カローラセダンの販売比率は8%前後に留まる。

 この販売実績は、5ドアハッチバックのカローラスポーツ、継続生産型のカローラアクシオを少し超える程度だ。カローラシリーズで登録台数が最も多い車種は、SUVのカローラクロスになり、シリーズ全体の約45%を占める。

 カローラセダンが売れない一番の原因は、当然だがボディタイプがセダンになることだ。今はセダンの販売が全般的に低調で、いかに商品力を高めても売れ行きを伸ばしにくい。販売ランキングの上位に入るセダンは皆無だ。

 ただし販売は低調でも、セダンの良さは満喫できる。マイナーチェンジではノーマルエンジンが従来の1.8Lから1.5Lに縮小され、リヤサスペンションもダブルウイッシュボーンの独立式からトーションビームの車軸式に簡素化された。それでもハイブリッドは1.8Lで、足まわりも4輪独立式だ。

 セダンなら後席とトランクスペースの間に骨格も備わるから、ボディ剛性が高く、走行安定性と乗り心地も満足できる。ハッチバックやSUVに比べると、後輪が路上を転がるときに発するノイズも車内に伝わりにくい。3ナンバー車になった今でも、セダンの中ではボディがコンパクトで、混雑した街中でも運転しやすい。

 セダンボディである以上、売れ行きを伸ばすのは難しいが、カローラスポーツに搭載されるパワフルな2Lエンジンを設定する方法はある。グレード名は往年のDOHC(ツインカム)エンジン搭載車と同様の「GT」にすれば、セダンのクラシックな魅力も際立ってくる。

最高出力が405馬力のV型6気筒3Lツインターボを搭載する400Rが魅力的なスカイライン
最高出力が405馬力のV型6気筒3Lツインターボを搭載する400Rが魅力的なスカイライン

●Lサイズセダン:日産スカイライン
*2022年の1カ月平均登録台数:約170台

 セダンは全長が4800mmを超えるLサイズも売りにくい。特にスカイラインは、以前設定されていたハイブリッドを廃止して、進化した運転支援機能のプロパイロット2.0も選べなくなった。

 さらに衝突被害軽減ブレーキは、歩行者を検知できない。今は軽自動車を含めて、歩行者検知が常識になったから、価格の高いスカイラインが4輪車のみを対象にするのは困る。改善が不可欠だ。

 逆にスカイラインの優れた機能としては、走行性能が挙げられる。エンジンはV型6気筒3Lツインターボで、動力性能の高い400Rは最高出力が405馬力、最大トルクは48.4kg-mだ。V型8気筒4.5Lの自然吸気エンジン並みの性能になる。後輪駆動とあって前後輪の重量配分もバランスが良く、走行安定性も満足できる。

 Lサイズセダンは、大量に売るのが難しいカテゴリーだが、NISMO仕様などさらにスポーツ性を高めたモデルも欲しい。フルモデルチェンジを行って全長を4600mm前後に抑えたいが、これは難しいだろう。

次ページは : ■先代モデルはとても売れてたのに…なぜ現行型は売れない?

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

なんと今年12月発表!! ランドクルーザーFJのすべてがわかる「ベストカー」3月26日号

なんと今年12月発表!! ランドクルーザーFJのすべてがわかる「ベストカー」3月26日号

 春とともに大ニュースが飛び込んできました! ランドクルーザーミニ改め、ランドクルーザーFJの決定的情報を本誌スクープ班が入手。詳細がバッチリ掲載の「ベストカー」3月26日号が発売中!! 走りのSUV特集やトヨタ帝国特集もあります!