CDチェンジャーに芳香ビーズ!! オジさんが若いころめっちゃ流行ったアイテム5選

CDチェンジャーに芳香ビーズ!! オジさんが若いころめっちゃ流行ったアイテム5選

 クルマ好きが当たり前だった時代、無数のカスタムパーツが存在。今も残るモノもあれば当然消えてしまったアイテムも……。今やほとんど見かけなくなったアイテムたちを一挙ご紹介!! ドンピシャ世代の方には感涙モノかも。

文:デグナー12(Team G)/写真:Adobe Stock・ベストカーWeb編集部

■マガジン容量が自慢のタネ!? マストだったCDチェンジャー

多くがトランクの設置にするため、長距離ドライブの場合はあらかじめ複数のCDをセットするのが必須。今じゃ考えられないが、当時はコレがカッコよかったのだ
多くがトランクの設置にするため、長距離ドライブの場合はあらかじめ複数のCDをセットするのが必須。今じゃ考えられないが、当時はコレがカッコよかったのだ

 CDチェンジャーとは複数枚のCDを再生できるオーディオプレーヤー。複数のCDが入るマガジンに自分が聞きたいCDを入れ、車内や荷室に固定されていた。 

 オーディオ本体と接続することで、CDを入れ替えながら聞くことができた。マガジンは6連装や12連装などがあり、マガジンの容量が訴求ポイントになることも。

 その後、HDDナビの登場により、容量の許す限りCDの音楽データをナビに取り込んでおくことが可能に。

 今や音楽配信が主流となり、携帯電話とナビをBluetoothで接続することで、好きなだけ音楽を聴けるように。HDDナビが当たり前となった時点でCDチェンジャーの出番は激減してしまったのだ。

 また、低音領域を出力するサブウーファーをトランクルームなどに設置し、重低音を響かせるクルマも激減!! 消滅こそしていないものの、シート下に格納できるタイプなど小型化や薄型設計など、主張が薄いものに。

 テレビやYouTubeといった音楽以外のメディア環境の充実により、荷室スペースを削ってまで低音を求めるニーズが少なくなったとも考えられる。

■燃費も音質もアップ!? お手軽だったアーシング

旧車ほど効果があると一部で言われていたアーシング。その真相はいかに……(Aleksandr@Adobestock)
旧車ほど効果があると一部で言われていたアーシング。その真相はいかに……(Aleksandr@Adobestock)

 アーシングとは、エンジンルーム内にアーシング線を追加し、電装品とバッテリーを直接結ぶことで電気の流れをスムーズにするというモノ。

 通常、バッテリーのプラス配線は各電装品へ引かれているが、マイナスの配線はボディへ結ばれている。

 アーシングは各電装品からのマイナスの電気を直接バッテリーに戻すもので、効果としてエンジンのトルク向上や燃費の向上。ヘッドライトの照度アップ、オーディオのノイズ軽減などが期待される。

 マフラーや車高調のようにハッキリと違いが出るわけではないため、掛けたお金に対して満足感が得られにくいという意見も。

 また、新しいクルマほど車両全体で電気的なバランスをコントロールしているため、アーシングすることで不具合が起きないよう、導入や取り付けを慎重に行う必要があり、以前よりもお手軽感が薄れてきた印象だ。

次ページは : ■今や必要なし!? ターボ車に必須だったターボタイマー

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

あのトヨタスターレットが再び公道に舞い降りる!? 日産×ホンダ協業分析など新社会人も楽しめるゾ「ベストカー5月10日号」

あのトヨタスターレットが再び公道に舞い降りる!? 日産×ホンダ協業分析など新社会人も楽しめるゾ「ベストカー5月10日号」

トヨタの韋駄天が覚醒する! 6代目NEWスターレットのSCOOP情報をはじめ、BC的らしく高級車を大解剖。さらに日産・ホンダの協業分析、そして日向坂46の富田鈴花さんがベストカーに登場! 新社会人もベテランビジネスマンまで、誰もが楽しめるベストカー5月10日号、好評発売中!