後からコツコツor最初からコンプリートカー!? 新車のスイスポ買うならどっちが得なのよ

後からコツコツor最初からコンプリートカー!? 新車のスイスポ買うならどっちが得なのよ

 納車後にイジっていくのが楽しみという人も多いハズ。でもトータルのコストはかなりの額に。となれば最初からパーツ満載のコンプリートカーも気になる存在。そこでトラストが手掛けるスイスポのコンプリートカーを例に、どっちが得なのか!? を徹底検証!!

文、写真/奥野大志(Team G)

【画像ギャラリー】鍛えられたアスリートのよう!! これがグレッディパフォーマンスエディションだ(5枚)画像ギャラリー

■ライトチューン版とハイパワー版の2タイプを用意

写真はライトパッケージ(ホイールは含まれていない)。トラストのフロントスカートが装着されている
写真はライトパッケージ(ホイールは含まれていない)。トラストのフロントスカートが装着されている

 トラストは「GReddy」(グレッディ)ブランドで知られるチューニングパーツメーカー。吸排気パーツから電子部品、足まわりからエアロパーツまで、あらゆるジャンルを網羅しており、海外でもその名を知られている。

 そのトラストが近年、力を入れているのが「GReddyパフォーマンスエディション」(GPE)の販売だ。

 トラストのパーツラインナップとこれまで培ってきた高い技術力を活かした新車のコンプリートカーで、スイスポの他、GR86やジムニーシエラなどをラインナップしている(スイスポ以外は一部中古車ベースもあり)。

 スイスポのGPEは2タイプ。ライトチューン向けのパーツで仕立てた「ライトパッケージ」と、ハイフロータービンの交換を前提としたハイパワー志向の「フルパッケージ」だ。

 諸費用をのぞいた価格はそれぞれ275万円(税込み)と375万円(同)。諸費用は20万円ぐらいだから、それぞれ300万円、400万円ぐらいの総支払額である。

■コンプリートカーが断然お得!? 40万円もお得なケースも

 で、ここからが本題。新車とのコスパ比較だが、これはもうGPEが圧勝。

 ライトパッケージにはマフラーからコンピュータ、ダンパー(ストリート用車高調)、エアロパーツなど、全部で16点のパーツが装着されており、パーツ単体で購入した時の総額は115万4120円。

 ベース車(セーフティサポート非装着車)の価格は188万5400円だから、パーツ代込みの総額は303万9520円となり、GPEは28万9520円お得。この金額には作業費も含まれている(表示金額はすべて税込み)。

 フルパッケージの場合はどうかというと、支払い額が大きい分、値引き幅も大きい。フルパッケージにはハイフロータービンやインタークーラー、オイルクーラー、さらに強化クラッチなど、全部で33点のパーツが装着されており、パーツ代込みの総額は416万3280円。差し引き41万3280円お得ということになる。

 どうお得感を出すかが、コンプリートカーの勝負だから、当然と言えば当然だが、これだけ費用が浮くのはやっぱりうれしい。カーナビやホイールに費用をまわそうと考えるのが自然の流れだ。

 コスパの高いスイスポをコスパの高い方法でチューニングしたGPEは、世界一費用対効果の高い遊びグルマかもしれない。

次ページは : ■金額だけではないコンプリートカー購入のメリット

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

新型MR2の確定情報、入電! ポルシェ911ダカール、クラウン”ランドスケープ”など激アツ車種勢ぞろい【ベストカー8月10日号】

新型MR2の確定情報、入電! ポルシェ911ダカール、クラウン”ランドスケープ”など激アツ車種勢ぞろい【ベストカー8月10日号】

SCOOP班も驚き! MR2とセリカに新情報が続々! SUV選びに悩む人もこの一冊を読めばすべて解決!? 酷暑を吹っ飛ばすほどのニューカー情報盛りだくさんです!