ランクルプラド今秋日本登場!! まだ買える?? 現行型の魅力と次期型への期待

ランクルプラド今秋日本登場!! まだ買える?? 現行型の魅力と次期型への期待

 都市部でも扱いやすいボディサイズと、兄貴分であるランドクルーザー譲りのタフなオフロード性能で人気のトヨタ「ランドクルーザープラド」。このプラドの14年ぶりとなるフルモデルチェンジが、2023年秋に行われるという。

 日本では数少ない本格オフローダーのモデルチェンジとだけあって期待も高まるが、時代を考えれば、オフローダーとはいえ環境性能を無視はできない。はたして次期型プラドはどのようなモデルとなって登場するのか!?? 現行型の魅力をご紹介しつつ、考察しよう。

文:立花義人、エムスリープロダクション
写真:TOYOTA

現行プラドは2009年に登場した4代目、2017年の大規模マイチェンで人気が再び上昇

 ランドクルーザープラド(以下プラド)は、1990年に登場した。ヘビーデューティ系のランドクルーザー70から派生したモデルで、軽量化した足回りと快適な先進装備を搭載した「都会的な70」とか、「ライトデューティ系」という位置づけのモデルだ。

 現行プラドは2009年に登場した4代目。ランドクルーザーファミリーにふさわしい本格的なオフロード性能を有しながら、オンロードでの快適な走行性能も追求したモデルとして開発された現行型は、先代(200系)ランドクルーザーで初採用された「キネティックダイナミックサスペンションシステム」を改良し、電気式のアキュムレーターを採用することでオンロードでの乗り心地を向上させた。

 エンジンのラインアップは、当初は4.0L V6DOHCと、2.7L 直4DOHCガソリンの2種類だったが、2015年に4.0Lガソリンモデルを廃止し、新たに、新開発の2.8Lクリーンディーゼルエンジン「1GD-FTV」を設定。低回転でも粘り強く高いトルクを発生するディーゼルは、本格オフローダーにとって大きな魅力で、先代(200系)ランクルでは設定されなかったディーゼルが選べることもあり、プラド人気の一翼を担った。

 2017年にはビッグマイナーチェンジを実施。フード中央部を前方視界に配慮した形状とし、大型フロントグリルとヘッドランプを一体感のあるデザインとすることで力強さを演出した。ヘッドランプは全車LEDを採用し、19インチアルミホイールも新設定。リアはコンビネーションランプの飛び出しを抑えてガーニッシュのデザインを変更し、落ち着いた上質な雰囲気に生まれ変わった。また、2020年には一部改良が実施され、ディーゼル車の出力向上、先進安全運転支援システムの機能向上が図られた。

1990年に登場した初代ランドクルーザープラド。「都会的な70」という位置づけだ
1990年に登場した初代ランドクルーザープラド。「都会的な70」という位置づけだ

次ページは : ランクルよりも気軽でアクティブに楽しめるのが現行プラドの魅力

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

新型MR2の確定情報、入電! ポルシェ911ダカール、クラウン”ランドスケープ”など激アツ車種勢ぞろい【ベストカー8月10日号】

新型MR2の確定情報、入電! ポルシェ911ダカール、クラウン”ランドスケープ”など激アツ車種勢ぞろい【ベストカー8月10日号】

SCOOP班も驚き! MR2とセリカに新情報が続々! SUV選びに悩む人もこの一冊を読めばすべて解決!? 酷暑を吹っ飛ばすほどのニューカー情報盛りだくさんです!