【多用はNG? 問題なし??】マニュアルモード付ATは使いすぎるとクルマに悪いのか?

 日本で販売される車は、渋滞が多いという事情もあり、全体で見るとAT(=アクセルペダルとブレーキペダルしかない2ペダル車)の比率が95%を超えている。

 ATはオートマチック・トランスミッションの略。その名のとおり自動変速のため、MT(マニュアル・トランスミッション)車のように、ドライバー自ら変速操作を行う必要はない。

 ただし、現在でも多くのAT車に、ドライバー自らシフトアップ/ダウンを行うことができる“マニュアルモード”が付いている。

 かつては「ATのマニュアルモードを多用しすぎると機械側に負担がかかる」といったことも聞かれたが、実際どうなのか? 種類によって特徴が異なるATの長所・短所と合わせて解説する。

文:永田恵一/写真:SUBARU、編集部


最新号

ベストカー最新号

【新型Zの期待と不安】GT-Rに延命説浮上!|ベストカー 11月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、事実上凍結されていた次期型日産GT-Rのモデルチェンジの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、ホンダe、新型レヴォーグ、マイナーチェンジしたルーミーなど注目車種の情報か…

カタログ