レクサスGXもカクカクボディで登場!! 今アツい個性光る「四角いクルマ」列伝!

レクサスGXもカクカクボディで登場!! 今アツい個性光る「四角いクルマ」列伝!

 空力フォルムの流行により、減少の一途を辿った四角いクルマ。しかし、流行には必ず揺り戻しがある。力強さ、個性、機能性をアピールした四角いデザインが人気を取り戻しつつある。ここでは過去から現在までいろいろなジャンルの四角いクルマを見ていこう。

※本稿は2023年7月のものです
文/永田恵一、写真/ベストカー編集部 ほか
初出:『ベストカー』2023年8月10日号

■今、四角いクルマが熱くてカッコいい!!

新型レクサスGXはクルマ界で最新の四角いクルマだ。カクカクしたデザインは野暮ったいどころか、スリークで洗練された力強さと高級感がミックスされている。全長4950×全幅1980×全高1870mmの大型SUVが世界を席巻するのは確実
新型レクサスGXはクルマ界で最新の四角いクルマだ。カクカクしたデザインは野暮ったいどころか、スリークで洗練された力強さと高級感がミックスされている。全長4950×全幅1980×全高1870mmの大型SUVが世界を席巻するのは確実

 2023年6月5日に世界初公開されたランクルプラドのレクサス版となるレクサスGXの新型モデルは、近年のランクルやプラドのデザイン傾向を含め、予想外に四角いエクステリアで登場した。

 20世紀、いやもっと言えば昭和の時代に比べると四角いクルマは激減しているだけに、四角いクルマは目立ち、人気車も意外に多いが、人気が復権している理由のひとつは丸いクルマが増えた反動で新鮮に見えることだろう。

 また、四角いクルマが人気になっている大きな理由は機能性に優れる面が多いのも大きい。具体的にはちょっと考えただけでも、四角いクルマは取り回しの際の見切りがいい、キャビンやラゲッジスペースといったスペースが広く取れるなど、実用的なメリットが大きい。

 さらにSUVやクロスオーバーのジャンルに属するモデルであれば、この種のモデルらしい力強さやたくましさを演出しやすいというのも四角いエクステリアが選ばれる大きな理由だろう。

 そんなことも考えながら、ここでは現行、過去の四角いクルマを四角さのジャンルや魅力などなども交えながら見ていく。

■個性際立つ四角いクルマ:現行モデル編

メルセデスベンツ Gクラスは三世代にわたって四角いデザインを踏襲しているが、現行はリングが付いたヘッドライトなどにより、大きく洗練された
メルセデスベンツ Gクラスは三世代にわたって四角いデザインを踏襲しているが、現行はリングが付いたヘッドライトなどにより、大きく洗練された

 現行の四角いクルマとしてピックアップしたモデルを見ていこう。

 ジムニー、Gクラス、ラングラーといったクロカンSUVは、四角さがアイデンティティとなっているところもあるのに加え、前述した機能性もあり、四角いデザインなのは妥当なところだろう。

 ハスラーとタフトという軽クロスオーバーは、四角さにより車内が想像より広く、四角いデザインによる恩恵を強く受けている。

 N-BOXは初代モデルから四角いデザインで、これは現行ジムニーも同様だが、四角いデザインによって押し出しの強さや「軽乗用車にしては大きく見える」という点が強調されており、大ヒットした一因になっている。

 デリカミニとスペーシアギアという軽ハイトワゴンのクロスオーバーは、eKクロススペースとスペーシアをベースにしながらも別のクルマのようなイメージに仕上がっている点が見事だ。

●スズキ ジムニー/ジムニーシエラ

スズキ ジムニー/ジムニーシエラ
スズキ ジムニー/ジムニーシエラ

 現行モデルで原点回帰の四角いデザインとなったのも大ヒットの理由のひとつ。軽の維持費の安さを持つジムニー、機能に優れよりカッコいいシエラで迷う。

●ジープ ラングラー

ジープ ラングラー
ジープ ラングラー

 ラングラーの四角いデザインも世代を重ねるごとに、洗練されたものになっている。ラングラーをピックアップとしたグラディエーターの存在感は強烈だ。

●三菱 デリカD:5

三菱 デリカD:5
三菱 デリカD:5

 四角いプロポーション自体は2007年の登場時から変わらず。2019年のビッグマイチェンでフロントマスクとリアビューの存在感が増し、いまだ高い人気を誇る。

●ダイハツ タフト

ダイハツ タフト
ダイハツ タフト

 ハスラーと直接的なライバルとなるタフトだが、ハスラーよりさらに四角さを強調したデザインだ。フロントマスクはガーニッシュの有無があり、どちらの仕様もよく似合う。

●スズキ スペーシアギア

スズキ スペーシアギア
スズキ スペーシアギア

 スペーシアは標準車、押し出しの強いカスタム、クロスオーバー風のギアを揃え、ギアは明るい雰囲気に加え、価格が意外に安いこともあり大きな柱に成長。

次ページは : ■1980年代以降の四角い珍車・名車を厳選! 懐かしのモデル編

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

新型MR2の確定情報、入電! ポルシェ911ダカール、クラウン”ランドスケープ”など激アツ車種勢ぞろい【ベストカー8月10日号】

新型MR2の確定情報、入電! ポルシェ911ダカール、クラウン”ランドスケープ”など激アツ車種勢ぞろい【ベストカー8月10日号】

SCOOP班も驚き! MR2とセリカに新情報が続々! SUV選びに悩む人もこの一冊を読めばすべて解決!? 酷暑を吹っ飛ばすほどのニューカー情報盛りだくさんです!