【取り締まられなくてもNG!!】頻発する見過ごしがちな違反行為 4選

 車の運転は、道路交通法に従って行われる。そうしないと交通事故を発生させる危険が生じるからだ。ただ、実際に道路を運転したり、歩道を歩いていると、違反が見過ごされているシーンを目にすることは少なくない。

 多くのドライバーは、きちんと交通ルールを認識しているものの、警察による取り締まりが実施されないと、違反であることを認識しないドライバーが一部存在することも事実だ。

 そこで本稿では、なかでも身近に見かける4つの違反行為を解説。それぞれ明確に違反と定められているだけでなく、周囲の車にも危険を招く場合がある。

文:渡辺陽一郎
写真:編集部、Adobe Stock、Honda

【1】トンネル内の無灯火

トンネル手前には、ヘッドライトの点灯を促す標識が設置されているケースも。無灯火は周囲の車両にとっての危険性も高い

◇「無灯火」の(違反)点数:1点

 頻繁に見かけるのがトンネル内部での無灯火だ。

 道路交通法では、第52条で灯火について定めており、トンネルに関しては道路交通法施行令の第18条に記載がある。

 夜間、道路を通行する時は灯火を点灯せねばならないとしているが「高速自動車国道及び自動車専用道路において、前方200m、そのほかの道路では前方50mまで見える程度に、照明が行われているトンネルを通行する場合を除く」としている。

 要は照明によってトンネル内部の視界が確保されていれば、灯火を点灯しなくても構わないというわけだ。

 その結果、取り締まりまでは難しいのかも知れないが、無灯火で走れば当然に危険が生じる。たとえトンネル内部が明るく、自分から周囲が見えているつもりでも、周囲の車からは自車が見えていない場合も多い。

 そもそも昼間なら、200m以上の前方までよく見える。トンネル内部で200m先が見えても、昼間に比べれば視界は大幅に悪い。従って点灯しないで済むことにはならない。

 道路交通法施行令以前に、安全確保のためにトンネル内部では例外なく点灯したい。

【2】ウインカーを作動させない車線変更

自車の動きを他車に知らせるサインとなるウインカー。車線をまたいで路肩の障害物を避けるような場合も、点灯は必須だ

◇「合図不履行」の(違反)点数:1点

 道路交通法53条には、方向指示機(ウインカー)に関する記載がある。右左折、同一方向に進行しながら進路を変える車線変更などでは、方向指示機を作動させねばならない。

 方向指示機を作動させずに車線を変える車両を見かけるが、合図をしない車線変更は違反になる。

 また、道路交通法施行令第21条には、車線変更時には3秒前から方向指示機を作動させることを定めている。違反か否かにかかわらず、方向指示機は積極的に使いたい。

 例えば、2車線道路の左側車線を走行中、路上駐車の車両を避けて右側に進路を変え、再び元の車線へ戻る時など、方向指示機を作動させない車両が多い。

 完全な車線変更とはいえないから作動させないのだろうが、進路を変えるのだから、この時も方向指示機で周囲の車両に自車の動きを伝えたい。

 そして、方向指示機を作動させると、後続車両の安全確保にも繋がる。左側を走る自車が方向指示機を右側に作動させれば、後続車両のドライバーも「自分からは見えない前方に障害物がある」と予想できるからだ。

 後続車両の安全な先読み運転を促せる。意思表示は周囲の車両も含めて、交通の流れを安全で円滑にするわけだ。

【3】追い越し車線の居座り

たとえ法定速度内であっても、追い越し車線に居続ける行為は明確な「違反」。交通の円滑な流れを妨げ、間接的に危険を招くおそれもある(※写真はイメージ)

◇「通行帯違反」の(違反)点数:1点

 道路交通法の第20条では、車両通行帯の設けられた道路において、左端から数えて一番目の車両通行帯を通行しなければならないとされている。そして、追い越しをする時のみ、右側の通行帯を走る。

 高速道路などでは、右端の車線は追い越し専用で、通常は左側の第1/第2走行車線を走る。従って追い越し車線を走り続けるのは違反で、取り締まりの対象にもなるわけだ。

 追い越し車線を走り続ける車両があると、さらに高い速度で走りたい後続車両が、左側から追い抜くことになる。これは危険を誘発する。

 高速道路では、左端の第1走行車線、中央の第2走行車線、さらに追い越し車線と、左側から順番に走行速度を高める原則があるからだ。

 そのために高速道路の進入と退出も左側から行う。東京の首都高速道路などは、右側からの進入と退出も見られるが、これは危険を生じる誤った道路形状だ。

 それでも渋滞すれば、追い越し車線まで車両が入り込む。追い越し車線が渋滞するのは理屈に合わないが、緊急車両が走る路側帯のように走行を禁止すれば、さらに車両の流れが滞る。そこで通行帯違反の取り締まりも、混雑していない時に行われている。

【4】交差点付近の駐停車

横断歩道や交差点内での駐停車は、タクシーも含めて明確な違反行為。利用する側が、このような場所でタクシーに乗車・降車を求める行為も危険を招く

◇「駐停車違反/駐停車禁止場所等」の(違反)点数:2点

 最も頻繁に見かける交通違反が、駐停車禁止場所の一時的な停車だろう。道路交通法第44条では、交差点の両端や道路の曲がり角から5m以内などの駐停車を禁止している。

 タクシーなども含めて、同乗者を乗り降りさせる時に、交差点の両端から5m以内に停車する車両は少なくない。一般的に長時間の駐車は、危険や迷惑を生じさせる認識が強いが、同乗者の乗降などの短時間の停車は安易に行われやすい。

 取り締まりも、ドライバーが車両を離れる駐車が中心で、“停車”に対してはほとんど見かけない。

 ただし、問題は取り締まりをしているか否かではなく、危険性にある。

 信号機のない横断歩道の手前に停車して、その間に歩行者が停車車両から見て左側から右側へ横断を開始したらどうなるか。右側から停車車両を追い抜く車両と衝突する危険が生じる。短時間の駐車でも、飛び出し事故を発生させるのだ。

 ちなみに、この危険は、歩行者に渡ってもらうために横断歩道の手前で停車した時にも生じる。横断歩道の手前で歩行者のために停車している車両を、右側から追い抜こうとする危険なドライバーもいるからだ。

 稀に片側2車線の道路で、信号がなく横断歩道のみという場所もある。ここで歩行者に渡ってもらう時は、さらに注意が必要だ。

 交通違反はもちろん行ってはいけないが、それ以上に優先すべきは「安全」だ。

 信号機のない横断歩道はたくさんあり、歩行者を渡らせるべきだが、それによって危険が生じる場合もある。ドライバーはそこまで配慮して行動せねばならない。

 また、安全な道路作りに、もっと積極的に取り組むべきだ。

最新号

ベストカー最新号

トヨタ&スバル共同開発!! ウルトラAWD車が登場? |ベストカー11月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、トヨタとスバルの新業務資本提携で生まれるウルトラ4WDの重要情報をお届け。ベストカースクープ班が独占入手した情報を詳しく紹介する。   そのほか東京モーターショー2019に出展される日本&am…

カタログ