来場者111万人で大成功!! 次回の課題は「新鮮さ」!? ジャパンモビリティショー総括

来場者111万人で大成功!! 次回の課題は「新鮮さ」!? ジャパンモビリティショー総括

「自動車」から「移動の道具(モビリティ)」すべてを対象としたショーへと変容したジャパンモビリティショー。会期11日間での来場者は111万2000人。来場者数だけで判断すれば間違いなく成功だが、内容的にはどうだったのだろうか? ジャパンモビリティショーを総括する。

※本稿は2023年11月のものです
文/鈴木直也、国沢光宏、渡辺陽一郎、片岡英明、清水草一、小沢コージ、ベストカー編集部、写真/日本自動車工業会、ベストカー編集部
初出:『ベストカー』2023年12月26日号

【画像ギャラリー】無事に大盛況で閉幕!! ジャパンモビリティショーを写真で振り返る!!(13枚)画像ギャラリー

■ジャパンモビリティショーの評価は?

自動車メーカー各社はスポーツカーを始めとした華やかなコンセプトカーを出展していた
自動車メーカー各社はスポーツカーを始めとした華やかなコンセプトカーを出展していた

 10月25日のプレスデーから始まり、翌10月26日に正式開幕をしたジャパンモビリティショーが11月5日に閉幕した。

 思えば4年前、2019年の東京モーターショーのあと、コロナ禍によって世界が一変した。

 2020年に予定されていた東京オリンピックは1年延期されたものの、翌2021年になってもコロナ禍は収束することなく、オリンピックは無観客での開催となった。

 この年秋に予定されていた第47回東京モーターショーも開催を見送ることとなった。

 さらに振り返れば東京モーターショーが全盛を極めたのは、晴海から幕張メッセへ会場を移した1989年(第28回)から1991年(第29回)だった。

 1960年代中盤から来場者数が右肩上がりだった東京モーターショーだったが、1973年以降、隔年開催となる。

 オイルショックと排ガス規制問題などにより、自動車に対する風当たりが強くなるとともに、対応策に時間とコストをかける必要が生じたためだ。

 しかし、これらが一段落した1980年代中盤以降は、バブル景気を背景に日本車がハイパフォーマンス化に向けて一気に盛り上がりを見せた時代だった。再びモーターショーの来場者は増え、会期も延長され、1日あたりの平均来場者が16万人を超えたのが1989年だった。

 しかし、その後入場者数は右肩下がりに減少。2000年代に入ると1日あたりの平均来場者が10万人を下回り、8万人前後で推移する。

 2000年代前半までの東京モーターショーは間違いなく世界の3大モーターショーのひとつと認識され、グローバルな影響力を持っていたのだが、2010年代以降はその勢いはなくなっていく。

 4年前、2019年の第46回では会場の都合で展示会場が分散されることを逆手にとり、離れた会場間を結ぶ歩道も展示スペースとする新たな取り組みを実施。

 これも奏功して久々に130万人というここ10年では最高の来場者を達成。この成功が新たなモーターショー、すなわち今回の「ジャパンモビリティショー」へのシフトを後押ししたのかもしれない。

 かくして、「自動車ショー」からモビリティ、つまり移動の道具すべてを対象とした、新時代のショーへとコンセプトチェンジを果たしたジャパンモビリティショー。

 実際、どんなショーだったのか? 会期11日間での来場者は111万2000人と、目標の100万人をクリア。会場内の様子を見ても人の多さを実感した。

 そこだけで判断すれば間違いなく成功だが、さてジャパンモビリティショーは内容的にも成功だったのか? 総括していこう!!

次ページは : ■鈴木直也のJMS評

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

GR86の4ドアモデル、出る!! 三菱トライトンを雪上初テスト! 注目情報を満タンでお届け「ベストカー3月10日号」

新型スズキスイフト、レクサスLBXなど注目の新型車が続々登場! 「ベストカー3月10日号」! 今年も名物企画「雪上テスト」開催! 三菱トライトンの実力をいち早く丸裸にしたぞ!