クラウン・マツダ3… なんでセダンじゃダメか&200万円で買える嬉しいセダン3選


 近頃はクロスオーバーSUV人気がすっかり定着し、どのメーカーも新型車といえばSUVを登場させるのが当たり前になった。かつてのメインストリーム、クルマの王道中の王道たるセダン派からすれば悲しい限りである。

 いったいなぜ、セダンはSUVにメインストリームの座を明け渡してしまったのか?

悪路・雪道でも走れるタフなSUVは災害に強いイメージがあるから」。ああ、なるほど…。「SUVにはセダンのような明確なヒエラルキーがないから」。むう…。「都会のスペシャルティカーとなったSUVはセダンよりも遊び心を感じさせるから」。うむ…。「SUVの高い着座位置は運転がラクだから」。だよねぇ…。「室内高も荷室も広い」。ですよねぇ…。

 い、いやいやしかし! だがしかし! クルマの基本はやっぱりセダン! セダンならではのよさだってまだまだあるはず! セダン派の主張を高らかに叫ぼうじゃないか!

※本稿は2019年5月のものです
文:斎藤聡、清水草一、渡辺陽一郎、ベストカー編集部/写真:ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2019年6月10日号
※本文中、「それでもSUVには乗らない「セダン派!!」の言い分」「生き残りへの道はあるか?」「ニューモデルの姿から占う「セダンの新しい風」」は「セダンじゃダメなんですかァ?」(P168-173)より、「ハデさはなくても、その実力は侮れない!! 200万円前後で買えるセダンモデル 3選」は「今、買うべきは安くて嬉しいクルマ」(P65-170)より抜粋の上再編集しています。


■それでもSUVには乗らない「セダン派!!」の言い分

 昨今のクロスオーバーSUV人気をモノともせず(?)、乗ろうとしない(愛車として購入しようとしない)言い分をまずは聞いてみよう。なぜアナタはSUVに乗らないのですか?

●斎藤聡が「SUVに乗らないワケ」

 現在は10年近く3代目アウディS4に乗っているんだけど、そもそもSUVは基本的に運動性能がよくないし、自分がオフロードにはあまり行かないというライフスタイルもある。

 それとこれが一番個人的には大きいんだけど、昔はクルマのフォーマルな形がセダンだったという考えが刷り込まれているということかな。セダンって全体的な形、プロポーションのバランスがいいと思うんだよね。

アウディ S4

 エンジンがおさまっているフロントノーズ、乗員が乗るキャビン、そして荷物を載せるトランクスペースの3つにキッチリと分けられていて、3ボックスタイプというクルマの基本形であること。

 もちろん自動車評論家という仕事をやっている以上、SUVは別にイヤというワケじゃないんだけど、スマートじゃないというのがちょっとね。

 ドアを開けて乗り込む時に車高の高いSUVは「ヨイショ」ってなるじゃない。そのあたりがセダンやスポーツカーとは違う。

 実は個人的に格言としている言葉があって、それは「お金があるのならクルマは3台持て。1台ですべてをすまそうとするな」ということ。

 個人的な理想はセダンならロールスロイス、SUVならレンジローバー、スポーツカーならフェラーリかポルシェ。

 自分自身も今すぐにそれを実践できるワケじゃないけど、クロスオーバーSUVって1台ですべての要素を持たそうとしているから、それは違うなって感じているんだよね。

 なので自分にとって乗るべき中央のクルマがセダンだと思っている。なかでもエレガントに走るのなら50:50の重量配分を持つFR車、BMW3シリーズセダンのようなクルマかな。

BMW 3シリーズ セダン

 ハンドルを切り出した瞬間、ヨーをつけながらクルマがバランスよく、しんなりとキレイに曲がってコーナーを一つひとつクリアしていく。そんなイメージの走りはSUVにはない魅力だよ。

 ただ、自分自身はちょっと変態的で、滑り出した時に必ず進行方向にノーズが向くフロントヘビーな4WD車が好きだから、アウディS4に乗り続けているんだけど(笑)。

●清水草一の「SUVに乗らないワケ」

 う~む、そもそも現在の愛車もフェラーリ328に先代BMW320d、シトロエンDS3の3台と、SUVにはまったくかすらないことからもわかるようにSUVにする理由が薄いということかな。

 言い換えればわざわざSUVにしなきゃならないことがない。だって、SUVって室内はさして広くないし、ボディが幅広くて取り回しはよくないし、車重だって重い。

 おまけに空気抵抗も悪いから燃費はよくないし、走りのダイレクト感も少ないし。

 でも、SUVにもたったひとつだけいいことがある。それはアイポイントの高さで、SUVに今、乗っていない現状で唯一惜しいと思う点だ。

 最近、ランボルギーニウルスに乗ったんだけど、これがメチャクチャ楽しいクルマであった。そもそも無駄の極致がスーパーカーブランドだと思っているんだけど、SUVという特性がそれに合っているんだろうね。カイエンターボのような知性のかけらもない狂気のクルマだな。

世界初となるスーパーカーとSUVとが融合したモデル、ランボルギーニ・ウルス。ってあれ、清水さん話違いません?

 SUVは日本では実はまだまだなんだけど、海外では4割近くがSUVだと聞いている。クルマというのは、過剰で無駄なモノを求めるのが本質であることを考えたら、近々SUVを買っちゃうかも。

 だって、フェラーリじゃ夜にレインボーブリッジを走っていて夜景が見えないもん(笑)。

■生き残りへの道はあるのか?

(TEXT/編集部)

「どうしてSUVに乗らずセダンに乗り続けるのか?」という質問に対しSUV買っちゃうかもな〜という自動車評論家がいるくらいSUV人気は今後もますます高まりそうな気配だが、ならばそんな中でセダンはどうすれば生き残れるだろうか。

 かつてのような「マルチパーパス(多目的)カー」としての役割を終えた今、セダンが向かうべきはどの道なのか。次のような方向で考えてみたい。

●スポーツに特化する?

 セダンの走行性能のよさはクーペやスポーツカーに次ぐが、そこを突破口にしてスポーツセダン路線を突き進めていくのも一案かもしれない。

 現状の国産ラインナップだと、スバルWRX STIおよびS4が2Lターボの4WDスポーツセダンとして、レクサスGS FがコンベンショナルなV8、5L DOHCを載せたラグジュアリー快速サルーンとして存在する。

EJ型2Lターボ+4WDで武装したWRX STIは国産武闘派スポーツセダンの筆頭格

 かつてはランエボやマークIIツアラーV、ギャランVR-4にブルーバードSSSなどスポーツセダンが数多くあったが、この路線に特化するのもありかも。

●セダンながら美しいクーペデザインを採用する?

 現行型メルセデスベンツCLSクラス、クラウンやインサイトなどは全体的なシルエットがクーペライクな6ライトデザインが採用されている。

 それはVWアルテオンやBMWのグランクーペモデルも同じだが、地味なイメージのセダンも華やかな4ドアクーペ風デザインにすることで独自の存在感を発揮できるのでは?

現行メルセデスベンツCLSクラスは全体のシルエットがクーペモデルのように流麗になっている

●目立たない実用車に徹する?

 メーカー各社のセダンモデル、プレミオ/アリオンやカローラアクシオ、インプレッサG4、シビックセダンにアクセラセダンなど実用系セダンは熟年世代から根強く支持されている。

 また、アクセラセダンなどは米国で1.5L車が若者からエントリーカーとして意外な人気を集めているとか。このあたりにヒントがあるのかも。

現行プレミオは2007年登場の2代目で、2016年6月のMCでアリオンと共通のフロントマスクに
同じく兄弟車のアリオン。プレミオとは違ったフロントマスクだったが、現在は共通になった

次ページは : ■ニューモデルの姿から占う「セダンの新しい風」