ランクル300は受注停止状態が3年以上……ぶっちゃけ中古ってどうなの?? ランクル4車種の販売状況を徹底解説

ランクル300は受注停止状態が3年以上……ぶっちゃけ中古ってどうなの?? ランクル4車種の販売状況を徹底解説

 トヨタのランドクルーザーが欲しいと思っている人は多いが、世界的な品不足で超入手困難が続いている。どれだけ異常な状態なのか? 新車、中古車の動向を調査してみた。

※本稿は2024年1月のものです
文/萩原文博、佐々木亘、写真/TOYOTA
初出:『ベストカー』2024年2月10日号
※本企画の情報は2023年12月末現在のものです。中古車相場は萩原氏が独自に調査したもので、目安として活用してください

■ランクルよ! いつになったら買えるのか!?

発表・発売しているのに買えない! ランクル300もそんなクルマのひとつだ
発表・発売しているのに買えない! ランクル300もそんなクルマのひとつだ

 欲しいクルマが買えない。クルマ好きにとってこんな由々しきことが当たり前になりつつある現代のクルマ界。トヨタランドクルーザー300系は、買えないクルマの筆頭格と言える。

 ランクルブランドでは、70が復活&2024年春にはプラド後継のランクル250も販売を開始するため、ランクルフィーバーはさらにエスカレートすること確実。ここでは新車・中古車の最新状況に迫る!

■トヨタ ランドクルーザー300

全長4985×全幅1980×全高1925mm、ホイールベース2850mm、最低地上高225mm、最小回転半径5.9m、3.5L、V6ツインターボ、415ps/66.3kgm、WLTCモード燃費7.9/L、乗車定員7人、730万円(ZXガソリン)
全長4985×全幅1980×全高1925mm、ホイールベース2850mm、最低地上高225mm、最小回転半径5.9m、3.5L、V6ツインターボ、415ps/66.3kgm、WLTCモード燃費7.9/L、乗車定員7人、730万円(ZXガソリン)

●どんなクルマ?

 現行型トヨタランドクルーザーは2021年8月に登場。骨格となるシャシーは、伝統のラダーフレームを刷新したGA-Fプラットフォームを採用。先代より+20%剛性を向上させている。同時に約200kgの軽量化そして低重心化、前後重量配分の最適化を実現している。

 エンジンは、3.5L、V6ツインターボに加えて、ランドクルーザー100以来となる3.3L、V6ディーゼルツインターボを搭載。トランスミッションは両エンジンともに10速ATを採用。セキュリティ面を強化し、指紋認証スタートスイッチを採用。

 グレード構成は標準系5グレードとオフロード性能を強化したGR SPORTという2グレードの7種類。ディーゼル車はGR SPORTとZXに設定。乗車定員は7人を中心にディーゼル全車とガソリン車のGXが5人となる。

 車両本体価格はガソリン車GXの510万円〜ディーゼル車GR SPORTの800万円となっている。

●新車の販売状況

 2021年6月に世界公開されてから話題となり、正式発表の8月時点でオーダーが殺到。すぐに受注停止となるほどの人気を誇っている。

 世界同時発売に加えて、元々日本市場向けの台数が少ないため、納車まで4年という納期遅延がアナウンスされた。販売開始から2年半が経過したものの、最新の納車状況はどうなっているのかを調べてみた。

 トヨタ系新車ディーラーのホームページを見てみると、2023年12月22日現在、受注停止状況という項目がある。そこを開くと29車種の車名が並んでいる。そのなかには、昨年にフルモデルチェンジしたアルファード/ヴェルファイアをはじめ、GRヤリス、ピクシストラックなどが列挙されている。

 なかには一部グレードのみ受注停止となっているモデルもあるが、ランドクルーザー300をはじめ、多くの車種が全グレードの受注をストップしている状況となっている。つまりランドクルーザー300は、販売開始直後から受注停止状態が3年以上続いていることになる。

 受注停止の理由として書かれているのは「納車の見通しが立たない」ということ。したがって新規オーダーすることはできないのだ。

 納車状況では、ディーゼルターボエンジンを搭載したGR SPORTが早いと言われている。逆に最も納車が遅れているのが、ガソリンエンジンを搭載した最上級グレードのZXとのこと。

 つまり、現行型ランドクルーザーの新車が欲しいと思っても、現状オーダーすることもできず、オーダーしている人でも年単位の納車待ちという状況が続いているのだ。

エンジンスペックは3.5L、V6ツインターボ(ガソリン)が415ps/66.3kgm、7.9~8.0km/L、3.3L、V6ツインターボ(ディーゼル)は309ps/71.4kgm、9.7km/L
エンジンスペックは3.5L、V6ツインターボ(ガソリン)が415ps/66.3kgm、7.9~8.0km/L、3.3L、V6ツインターボ(ディーゼル)は309ps/71.4kgm、9.7km/L

●中古車事情

 現行型トヨタランドクルーザーを手に入れたい! と思っても新車は受注停止。運よくオーダーできるようになっても年単位の納車待ちが待っている。

 すぐに乗りたい! というのであれば、中古車で探すという方法もあるが、人気車ゆえにプレミアム価格となるのは必至だ。ここでは現行型ランドクルーザーの最新の中古車相場をチェックする。

 大手中古車検索サイトで、現行型ランドクルーザーを検索すると、約160台がヒット。流通している中古車の平均価格は約1151万円。中古車の価格帯は約775万〜約1950万円で、新車価格の510万〜800万円を大きく上回るプレミアム相場だ。

 2023年1月当時は、中古車の流通台数が約60台、平均価格は約1448万円だったことを考えると、プレミアム相場も平穏の方向に進んでいるものの、平均価格が1000万円以上というのは異常と言える状態だ。

 流通している中古車の搭載しているエンジンとグレードを見てみると、約60%を占めているのが、ガソリン車の最上級グレードZX。価格帯は約1048万〜約1650万円とすべて1000万円オーバーとなっている。

 続いて約12.2%で並んでいるのがディーゼル車のZXとGR SPORT。ZXの価格帯は約1000万〜約1950万円。GR SPORTは、約968万〜1370万円と同じエンジン、乗車定員ながら、中古車相場は大きく異なっているのが特徴だ。

 僅差で続くのがガソリン車のGR SPORTで、中古車相場は約1050万〜約1550万円となっており、GR SPORTよりも標準系。ディーゼルエンジンよりもガソリンエンジンのほうが現行型ランドクルーザーにおいて人気が高いとハッキリと中古車相場に表れている。

 これ以外のグレードでは1000万円以下の中古車が出回っているが、新車価格より300万円以上も高くなっているのが現状だ。

●ランクル300 中古車情報
・新車価格:510万~800万円
・中古相場:約775万~約1950万円
・中古車平均価格:約1151万円
・タマ数:★★★☆☆
・プレミア度:★★★★★
・ポイント:中古車の価格は新車価格に対して異常と思えるほど高額だが、1年前に比べて中古車相場は若干下がり気味で今後さらに下がる可能性もある。ディーゼルよりもガソリンのほうが人気

(TEXT/萩原文博)

次ページは : ■トヨタ ランドクルーザー70

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

あのトヨタスターレットが再び公道に舞い降りる!? 日産×ホンダ協業分析など新社会人も楽しめるゾ「ベストカー5月10日号」

あのトヨタスターレットが再び公道に舞い降りる!? 日産×ホンダ協業分析など新社会人も楽しめるゾ「ベストカー5月10日号」

トヨタの韋駄天が覚醒する! 6代目NEWスターレットのSCOOP情報をはじめ、BC的らしく高級車を大解剖。さらに日産・ホンダの協業分析、そして日向坂46の富田鈴花さんがベストカーに登場! 新社会人もベテランビジネスマンまで、誰もが楽しめるベストカー5月10日号、好評発売中!